異業種へ転職を希望する場合のメリット・デメリットとは?

異業種へ転職を希望する場合のメリット・デメリットとは?

転職の場合、同じ業種への転職を希望する人が多い中、中には、まったく違う異業種への転職を希望する人もいます。その場合、同じ業種への転職に比べ、不安に思う事も多いのではないでしょうか。
そんな異業種への転職。そこには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

・異業種へ転職を成功させるためには?

まずは、異業種へ転職を成功させる方法ですが、キャリアを大切にする転職において、異業種への転職と言うものは、今までのキャリアを活かす事が難しく、キャリアがある人に比べ不利になると言うことを忘れてはいけません。
また、異業種への転職の場合、年齢が大きく影響すると言われています。今までのキャリアが通用しない異業種への転職と言う事で、採用担当者は、若ければ若い方が良いと考えています。そう言った事を踏まえ、35歳を過ぎるような人の場合は、あまり、おすすめできないかと思います。
また、異業種への転職の場合は、決して、高望みをしないと言う事も大切です。特に収入面においては、今よりも低くなる事を承知の上、転職活動を行うことが必要です。

・異業種へ転職する事で収入を大幅アップさせる事も?

同業種への転職の場合、どれだけ今までのキャリアを認めてもらうことができたとしても、そう大幅な収入アップを望む事は難しくなります。その一方、異業種へ転職の場合、場合によっては大幅な収入アップを行う事も可能になると言えるのです。
同業種の収入の相場と言うものは、全国平均としても同じ程度と決まっています。その為、その平均が高い業種へと転職する事で、今までよりも高い収入を確保する事も可能になると言えるのです。
ただし、これは、あくまでも上手く言った場合の話です。その為、必ず異業種へ転職した場合、収入をアップさせる事ができると言うわけではありません。

・選択肢を広げた転職活動が可能に!

同業種への転職希望の場合、どうしても、偏った転職活動しか行う事ができません。その為、求人数も限られてきてしまいます。
一方、異業種への転職活動の場合は、様々な求人の中から自分にあった条件の求人を見つける事が可能になります。
その為。より多くの求人の中から転職先を見つける事ができ、幅広い転職活動を行う事が可能になります。

・異業種への転職を評価してくれる企業も少なくない?

基本的に今までのキャリアをもとに選考する事が多い転職。その為、異業種への転職の場合、そのキャリアを評価される事が難しくなると言われています。
しかし、必ずしもそうとは限らないのが採用担当者の意見となります。
異業種を経験した人だからこそ、採用したいと思う事もあり、その点を評価される事も少なくありません。
異業種経験者を採用する事で、新たな考えを社内に取り組む事ができると考えられる場合もあり、そう言った事を強みにする事で異業種への転職も可能になると言えるのです。
ただし、その場合は、その点をいかに評価してもらうかと言う事が大切です。面接の際などにその点について、強い印象を与える努力を行う事をお勧めします。

・今までの経験をいかに異業種でも活かす事ができるかを考えておく

異業種への転職を希望する場合、新しい業種に対し、今までの業種での経験をいかに活かす事ができるのかと言う事を明確にしておく事が大切です。
多くの場合、面接で聞かれるため、その際、どれだけ的確に答える事ができるかによって面接での合否に大きな影響を及ぼします。
今までの自分のスキルを一度振り返り、その中から新しい転職先で活かす事ができるものをピックアップする事である程度、確認する事はできるかと思います。その点から、面接で聞かれた場合の受け答えを確認しておく事が大切です。

・面接までにその業種の知識は勉強しておく

いくら異業種への転職とは言っても、まったく知識のないまま面接を行うのは無謀です。その為、必ず面接日までに、その業種の知識を勉強しておく必要があります。

・収入面で期待できない事も…

先ほど、大幅アップも可能だとは言いまたが、多くの場合、新人扱いとなる異業種への転職。その為、今まで通りの収入を確保する事が難しい場合がほとんどです。
その為、収入アップどころか大幅ダウンになる事も承知の上、異業種への転職を考える必要があります。

・一から覚える事がたくさん!

異業種への転職の場合、一から覚える事が山積です。若い時なら簡単に覚える事ができ、行動する事ができやことでも、年齢が高くなればなるほど、若い時のようには出来ないものです。
その為、より苦労が考えられる異業種への転職。その事を知ったうえで行わなければ、途中で投げ出してしまうと言う事も十分に考えられます。

・まとめ

以上が異業種への転職を行う際のメリット・デメリットなどになります。メリットも多い一方、デメリットも多いと言える異業種への転職。その為、よく考えた上で選択する事をお勧めします。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇