理学療法士向け転職サイトはマイナビコメディカル

理学療法士向け転職サイトはマイナビコメディカル

理学療法士は転職でステップアップしていく職業

理学療法士や、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリを主とした職業の方々は、一般の会社に務めて働いている方たちよりも転職が身近で、より重要な物であると思います。なぜなら、理学療法士などの方たちが知識や技術の向上を強く望む場合、転職をすることが一番の勉強になるからです。

リハビリを主とする職業の方たちが働くことの出来る職場は、総合病院や整形外科病院にはじまり、介護施設やフィットネスクラブなど非常にバラエティに富んでいます。なので、どういった系統の職場で働くかによって、学べる内容が全然違います。だからこそ転職をすることによって、将来の為に学び続けている方が多いようです。

リハビリ系統の職種にオススメ出来る転職サイトは、マイナビコメディカル

誰もが知っている超大手の就職・転職サービスを提供しているマイナビが、医療・介護分野に特化させて作った転職支援サービスがマイナビコメディカルです。マイナビコメディカルは、医療・介護分野の有資格者に向けられた転職エージェントサービスという形態をとっています。

この転職エージェントサービスとは、転職を希望する会員に対してその人に合わせた求人を紹介してくれ、気に入った職場との雇用契約が結べる様に様々なサポートをしてくれるサービスです。このサービスを利用すれば、自分で求人を探し続けなくても済むので、毎日忙しく働いている方でも無理なく転職に向けて行動することが出来ます。

マイナビコメディカルは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3つの資格保持者の求人に特に力を入れているので、上記3つの求人数は数多くあり、専門性の高いサポートが期待できます。

業界理解度の高いキャリアアドバイザーが直接サポート

多くのマイナビコメディカル利用者がお驚き、感心したのはキャリアアドバイザーが医療に関してはもちろんのこと、現場に関しても詳しく理解していることです。

理学療法士や作業療法士・言語聴覚士は、専門的な技術職なので、表面的な求人条件だけでは職場が自分にとってどうなのか判断することが難しい職種です。

キャリアアドバイザーと専門用語を交えての会話や、転職先の機材やスペックなどの相談も出来るので、失敗することなく次の職場を探す事が出来ます。

キャリアアドバイザーに全てお任せ

先に述べさせていただいた通り、マイナビコメディカルのハイスペックなキャリアアドバイザーは、登録から実際に転職したあとのサポートまでほとんどの事に対して、サポートをしてくれます。

面談で転職希望者の条件やスキルをヒアリングし、条件に合った求人情報を収集、履歴書の添削・提出や面談日程の調整、企業に直接給与や条件の交渉までしてくれて、入社後のアフターフォローもしっかりしてくれます。

これだけ至れり尽くせりだと、仕事をしながらの大変な転職活動がだいぶ楽になってくれますね。特に給与や条件の交渉は、どうしても自分ではしづらいものなので、とてもいいと思います。また、キャリアアドバイザーに企業との間に入ってもらうと、人事からのフィードバックがもらえるのでとても便利です。

通常だと企業が不合格になった理由をいちいち説明してくれることはないので、たとえ不合格になってしまっても次にいかすことが出来てとても有利です。

マイナビコメディカルの使い方

まずは登録ですが、面倒な手続きの無い1分程度の簡単なものなので、空いた時間に気軽に登録を済ませることが出来ます。その後、キャリアアドバイザーから詳細な求人情報を紹介してもらえ、面接・見学を経て、企業と転職希望者の同意の下で雇用契約となります。

面接・見学にはキャリアアドバイザーが同行してくれるので安心ですし、上記以外の面倒な作業は全てキャリアアドバイザーにお任せできてしまいます。

安心の大手で、転職エージェントサービスは、企業側が人材を採用した際に発生する利益報酬で成り立っているので、転職希望者はこれらのサービスが完全無料で利用出来ます。

マイナビコメディカルのデメリット

これまで、マイナビコメディカルのメリット部分を述べてきましたが、あくまで特化型の転職サービスなので、デメリットもあります。

一つは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3つの職種に特化しているため、その他の医療介護職の求人数がかなり限られてしまうので、マイナビコメディカルだけではなく、他のサービスも併用する必要があります。

もう一つは、マイナビコメディカルはキャリアアドバイザーとの濃い面談が売りなのですが、そのキャリアアドバイザーとの面談会場が全国の11箇所に限られてしまっています。なので、面談会場から遠い所に住んでいる方にとっては利用しにくくなってしまいます。

また、求人エリアについてもデメリットがあります。求人エリア自体は全国対応とされているのですが、重点地域とそれ以外の地域の求人数にかなりの格差が出てしまっています。これらのデメリットを踏まえたとしても、サービス自体は大変素晴らしいものなので、3つの特化職で、地域性もクリアしている方にはでひオススメのサービスといえます。