現在、私が利用をしている中国本土に本社を構えているバイナンス社の仮想通貨取引所「Binance」の概要

現在、私が利用をしている中国本土に本社を構えているバイナンス社の仮想通貨取引所「Binance」の概要

今回の記事では、私が現在利用している唯一の、海外仮想通貨取引所である中国の「Binance」に関しての内容の記述がされてあります。
元々ここの取引所自体はエアドロップ(無償仮想通貨提供サービス)で提供をしてもらったaelf(エルフ・ELF)とビットコイン(BTC)の2つの通貨での取引をしているような状態ですが、取引所自体の使い勝手やシステム機能の操作面での扱いなども中々良好であり、特に問題はありません。
こうした現在のBinanceについての概要について、今から触れていくようにします。

1.扱える通貨の豊富さが、中国のBinanceの魅力

現在、123種類もの世界中の仮想通貨類が扱えるような選択面での豊富さがやはり、ここのまさにBinance自体の魅力と言えます。
我が国内の仮想通貨取引所取引所としても扱われているビットフライヤーとの連携なども可能ですので、取引所間での仮想通貨同士の移送や、通貨同士の交換作業なども可能なところもやはり、好評なポイントです。

2.aelfでの使い勝手の面の感想について

まずは、エアドロップで手に入れたELF(エルフ)の使い勝手での感想についてですが、通貨単位自体が私の場合、日本円では無くてUS(アメリカ)ドル単位での基本計算で算出をしていかなければならなかった点で、当初は煩わしさを感じて大変でした。
ただ、そうした最初の計算方法のやり方においての事情もあったおかげで、USドル単位での計算の基本も理解が出来て、それなりに取引が出来るようなフォームが身に着きました。

現在のところ、このエルフの場合、総額で3千円分投入をしながら、200円分の購入による同通貨での相場の変化を見ているような状態です。

3.ビットコインでの使い勝手の面での感想について

これ自体もやはり、こちらのBinanceではUSドルでの計算単位になっていますので、中々日本円単位での換算作業が大変でした。しかしそれでも、取引をしたりする際での問題はありませんでしたので、何とか上手くやり繰りをしているような様子でもあります。

そして、もう1つの扱っている国内の仮想通貨取引所であるビットフライヤーとの通貨移送や交換の作業なども難なく出来るようになっていますので、そうした面でもこのBinanceは海外取引所として大いに活用出来るような、大変貴重な存在になっています。

現在のところ、ビットコインの方では2千円分の投入をしながら、100円分の購入で相場の様子を見させて頂いているような様子です。

4.初心者からプロまで、幅広く利用出来るありがたさ

基本的に、ここのBinanceの取引所の場合、中国本土の仮想通貨取引所でありながら、ちゃんと画面操作システム上、日本語訳の機能が付いていますので、操作面においては特に支障などが無い点が非常にありがたいところです。
まだ私自身はここの取引所自体は今年の1月下旬から開設をしたばかりの状態であり、間もない日数といった日の浅さなどもありますが、日本語訳機能を利用をしながら効率よく操作が出来ているような様子でもあります。

こうした現在の状況から、まだまだここの取引所を大いに効率よく活用をしていきながら、少ない資金で大きな収益をこれからも得ていきたいと考えています。

5.全体のまとめとして言える事

本当に何と言っても、ここの中国のBinanceの良さといえば、やはり、先にも挙げたように、ここの100種類以上にも上る扱う通貨種類の多さの面の充実さと、日本語訳機能のシステムのありがたさといえます。
確かに、USドルでの計算換算面での設定環境のあり方といった課題などもありますが、それさえ克服を出来れば、多くの方が高額な収益を得ていく事は決して夢ではありません。

中国本土から仮想通貨取引市場へ出されたこのBinanceの取引所ですが、今後も大いに多くの世界中におられるユーザーのみなさんに利用をされていく余地が、大いにあります。