熊本に転職する前には当地の環境を知っておくこと

熊本に転職する前には当地の環境を知っておくこと

どんな人でも働いているうちに、「こんな仕事から離れたい。解放されたい、変わりたい。」
と感じてしまうことが、何度もあるかと思います。
サラリーマンをしている人ならば、一度や二度は思ったことでしょう。
それでも我慢して、その会社で定年まで働き上げるというのが、昔の人の考えでした。
しかし、今では1つの会社に固執ぜずに新しい職場に変わることは、珍しいことではありません。
若い人であれば、抵抗なく積極的に変わっていきますし、50代の人でも、早期退職して転職していくことが増えています。

●変わってきた転職の価値観

昔は転職することに対しては、マイナス的なイメージが先行していました。
「1つの会社も満足に勤めることができない人」
とかなり偏見的な見方でした。
複雑な人間関係に悩み、仕事がきついからの転職。
確かに今でも、このような理由から転職する人はいますが、これも本当に自分に合った職場をみつけるという積極的な理解に変わってきています。
全般的には、自分のキャリアップやスキルアップのために転職、自己実現のための転職へと価値観が変わっていきます。
その証拠に知名度の高い有名企業や上場企業でも、人材不足を補うために、即戦力としての中途採用を積極的に行っているほどです。

●熊本県への転職

このような環境の中で、熊本への転職を希望する人もいます。
元々、九州出身の人々は、郷土愛が強いために、東京や関西方面に就職をしても、いずれは地元に戻りたいと考えていることが多いのですが、特に熊本県の人は、その思いが強いと言えるでしょう。
また、Iターン志望の人も熊本への転職を憧れる人が少なくありません。

●熊本県の求人事情

しかし、熊本を目指すにしても、冷静に地元の求人の実情を把握しておかなければなりません。
熊本県は雄大な阿蘇山で馬刺の有名な地域です。
このように農業関係の分野に従事されている人や観光関係の仕事のイメージが強いのですが、それだけではありません、
自然の立地を活かして、多くの企業が工場を県内に有しています。
そのような意味から、求人の分野は幅広く、転職の選択肢が広いことが挙げられます。
一方で、転職で一番気になる収入条件は、決して高くはありません。
全国平均レベルと比較すると、低い状況なので、転職することで年収ダウンも考えておく必要がありそうです。
しかし、生活物価がとても安いおかけで、その悩みは相殺されることはあります。
いずれにしても、熊本で転職する場合は、自分の進むべき方向をしっかりと定めておくことです。

●転職する前に

熊本県内の企業に転職する前にやっておくべきことがあります。
どのような企業があるのか、リサーチしておきたい気持ちはやまやまなのですが、その前に自分がどのような分野で働きたいかを明確に目標を定めておくことです。
そのためには、今まで培ってきた経験やスキル、ノウハウ、あるいは人脈も含めて、自分の財産を振り替えることです。
スキルの棚卸しとでも言えるのですが、このことをしっかりとやっておくことです。
具体的には、入社してから今まで取り組んで来たことを、年表的にまとめてみるのもいいでしょう。
そうすることで、過去の実績や失敗の記憶が甦って来るのですが、そうすることによって、自分のできることや、此から目指すべき方向性がおぼろげながらも見えてくるのです。
このことができれば、熊本弟どんな仕事ができるのか、したいのか自分なりのビジョンが生まれてくるはずです。

●転職斡旋会社の活用

次にやるべきことは、転職斡旋会社に登録することです。
転職先を自分一人で探す時にことは、並大抵のことでは不可能なことです。
ましてや、転職先が決まる前に現業を辞めてしまうことは、とてもリスキーなので、働きながら平行して転職活動を水面下で行う必要が出てきます。
この時に大きな助け船となるのが、転職斡旋会社、いわゆる転職エージェントなのです。
彼らは、地域に根差した求人情報を専門に扱っています。
しかも、企業を紹介するにも、本人の希望や意向をしっかりと把握して、条件に見合いそうな相手先を紹介してくれるのです。
そのために担当スタッフ絡も綿密な打ち合わせやヒアリングが求められます。
この時に自分のビジョンが明確になっているのであれば、ヒアリングもスムーズに進み、希望に近い会社を紹介してくれることになります。

●熊本への転職の良い点・悪い点

一方でIターンとして、熊本に転職をするのであれば、メリット・デメリットも理解しておくが必要です。
メリットは、都会のような過酷な通勤事情から解放されることや生活する上で、物価が都会と比べて安いことから、快適な生活を営むことができることです。
しかし、地元ならではの慣習やしきたりも残っているので、その流れに乗ることも大切です。
転職で新天地を求めることは自分の可能性を見つけることになるのですが、所変われば、郷に従うことも理解しておかねばなりません。
それができてこそ、公私ともに充実した生活を手にすることができるのです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事