海外へ転職する場合、どのような状況が待ち受けている?

海外へ転職する場合、どのような状況が待ち受けている?

最近では転職先の候補を日本国内だけではなく、海外にまで広げるが増えてきました。もちろん海外に転職した場合、生活そのものに大きな変化が生じることは言うまでもありません。転職先の国で生活するのはもちろんのこと、接する従業員のほとんども現地の外国人です。では外国に転職する場合、その仕事状況はどのようなものとなるのか、いくつかの例をここでご紹介したいと思います。

海外への転職は責任ある立場で働くことが多くなる

日本の企業が外国に工場を持ち、そこで現地の外国人を雇ってものを製造しているケースは多々あります。このような場合、そこで地元の従業員をまとめる役割を担うために日本人を派遣することがあります。

こうした形での転職は日本の企業への転職となるわけですが、勤務先が海外という位置づけとなります。工場で扱う機会についての知識があったり、実際にその機会を使用して仕事を行ってきたという人は、こうした立場で働くことが多くなります。

また派遣された国の言葉が話せれば通訳がつくことはありませんが、話せない場合は通訳が会話を訳してくれるのが一般的です。このような状況により、外国語を話せるというアドバンテージがある人は、海外での転職を有利に進めることができます。

また多くの場合、日本企業の工場が設けられているのは土地が安い東南アジアの国々です。そのためこのような形での転職の多くは、東南アジアに派遣されることになります。

海外で日本企業を相手に取引を行う

海外の企業の中には日本の企業と取引を行っているところもあります。このような外国企業は日本語を流暢に話せる社員を欲しています。そのため日本人の社員を募集している企業もたくさんあるのです。

このような企業へ転職する場合、多くの場合仕事で用いる言語は日本語となります。しかし現地の社員とのやり取りは外国語となるために、ある程度の外国語は勉強しておく必要があります。それでもこうした状況では英語でやり取りがなされるのが一般的です。そのためある程度の英語が話せるのであれば、問題ないこともあります。

日本人とのやり取りがメインの海外企業

最近では海外で暮らす日本人も多くなりました。中には定年退職してから海外移住を決断した人もいます。しかしそのような人の中には、現地の言葉が話せないという人もいます。このような人たちのことを考慮し、日本語が通じるスタッフを設けている企業も多々存在します。

たとえばあるとある国の航空会社は航空チケットに関する質問などを受け付けているコールセンターに日本人スタッフを常駐させています。その国に住んでいる日本人で、現地語が話せない人のためにこのようなスタッフを募っているのです。

この場合も現地スタッフ、もしくは上司とのやり取りは英語などの外国語となりますが、カスタマーとのやり取りは全て日本語です。そのため言葉がネックとなり、仕事が滞ることはありません。

海外の地元企業に転職

海外の企業に普通に転職することもできます。つまりこれは外国の求人広告や求人サイトに載せられている社員募集のお知らせを見て、面接を受けて合否を待つというものです。当然のことながら企業が外国人を採用するには労働ビザを発行しなければなりません。

そしてビザを発行するにはそれなりの費用が必要となります。そのためこのようなケースで転職を試みる場合、特別な知識やスキルがなかったり、外国人を採用して企業にメリットがもたらされると判断されないなら、転職は難しいと言えます。

海外にオフィスを構える日本の会社への転職

これまで述べたきたパターンとは全く異なるタイプの海外転職も存在します。それは日本の会社が海外にオフィスを構えているというものです。多くの会社は仕事のほとんどをパソコン、そしてインターネットを用いて行っています。そのためクライアントと面会する機会は極端に少なく、中にはクライアントと会うことなくプロジェクトが終了するということもあります。

こうしたケースではオフィスをどこに構えようと、仕事に支障をきたすことはありません。そのため中には土地や家賃の安い東南アジアなどにオフィスを構え、経費節約を図る会社もあるのです。このような会社で働くことになれば、仕事で外国語を使うことは一切ありません。

しかし海外に住むことになるために、生活そのものは大きく変化します。それでも海外で生活したいという人にとっては、このような転職は大きなメリットをもたらすと言えます。

海外への転職は生活そのものを考慮すべき

これまで再三述べてきましたが、海外への転職は転職先の国で生活することを意味しています。そのためまずはこの点をしっかりと思いに留めておくべきです。「自分は仲の良い友達と離れて生活することになっても大丈夫だろうか?現地の雰囲気や生活環境に慣れることはできるだろうか?」と自問することをお勧めします。

それでも自分にマッチした仕事を見つけることができれば、職場が海外であろうと充実した毎日を過ごすことができます。そのため自分の状況、これから生じうる事柄、そして転職先での仕事内容をしっかりと考慮しつつ、海外へ転職できるかどうかを決定すべきです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事