業界の動向を知ったうえで転職する会社を決めよう

業界の動向を知ったうえで転職する会社を決めよう

転職事情は、業界によってそれぞれ異なるものですよね。転職希望者に対して優遇する業界もあれば、残念ながら冷遇する業界もあります。つまり、同じ転職でも、どの業界に転職するかによって転職状況はガラリと変わってしまうということです。

これは転職希望者にとってなかなか受け入れ難い現状なのかもしれませんが、だからといってそれをあまりにも気にし過ぎて転職を躊躇してしまうのはもったいないといえるでしょう。では、どんな業界なら転職しやすいのか、また、その反対に転職しにくいのはどんな業界か、その点をこれから掘り下げていきます。

常に人手不足で転職歓迎の飲食店業界

飲食店業界の人手不足は、とても深刻だといわれていますよね。飲食店業界は外国の労働者を頼りにするなど、人手不足で悩んでいる業界の1つです。飲食は人の生活に関わる重要なサービスですので、需要はいくらでもあります。個人経営の坪数の少ない店舗はもちろんのこと、誰もがその名を知るような有名チェーン店まで幅広く募集がかけられているのが飲食店業界です。

そんな引く手あまたの飲食店業界へ転職したいという人は、ほぼ無条件で歓迎されることでしょう。飲食店業界への転職は、どちらかといえば正社員よりアルバイトのほうが活発ですよね。アルバイト先の定番として知られるのが飲食店業界ですので、あちこちを転々とする人もたくさんいます。

飲食店の仕事はよほど専門的な仕事を任されない限り、基本的な仕事を覚えていればどこでも応用することができます。特にホール係や接客係はそうで、たとえ転職して店が替わったからといって急に仕事をすることが難しく感じられるというようなことは考えにくいですよね。

他業界から飲食店業界への転職となればさすがに悪戦苦闘したとしてもおかしくありませんが、そうではなくて同じ業界の間での転職なら、仕事にそれほど不自由を感じることなくすんなりと仕事をすることができるでしょう。これが飲食店業界の転職ならではの特徴といえるのは間違いありませんね。

飲食店業界と同じく人手不足な運輸業界への転職

飲食店業界と同じく人手不足が深刻なのは、運輸業界です。ネット通販の拡大や流通の拡大によって運輸業界は社会に必要不可欠な業界ですが、それに反して人手不足となっている状況が続いていますよね。

運輸業界の仕事はどうしても過酷な仕事だと想像されがちですが、実際その通りな部分があるのでこれからも転職希望者を募るような状態は続いていくでしょう。長時間労働、体力仕事、配達スピード重視など、のんびりとした仕事ができないのは想像に難くありません。それだけに運輸業界への転職を検討するならよほど覚悟しておかなければならず、軽はずみな気持ちでは通用しないでしょう。

ただ、これまで過酷といわれてきた運輸業界も、ただ手をこまねいているわけではありません。大手の運輸業者を中心に労働環境をどうにかして改善していこうという動きはみられますし、激変とはいかないまでも少しずつ良くなってきているのも確かです。

運輸業界は人さえ揃っていれば、安定した仕事を見込める優良な業界です。体力に自信があってなおかつ車を運転することが好きなら、一生の仕事にすることも決して不可能ではありません。運輸業界に携わることによって仮に勤めていた会社が経営不振になっても、経験を買われますから他の運輸業界の会社へ転職はしやすくなりますし、運輸業界ならではの魅力は十分あります。

スマホ関連業界への転職は安泰コース

今や誰の手にも行き渡ったスマホは、ビジネスで欠かせなくなっていますよね。スマホ関連業界は1度ヒット商品を出せば大きな利益につながりますので、まさしく安泰コースといって過言ではない転職先でしょう。

スマホ関連業界は数多くありますので、適性を見極めて転職すれば高い確率で仕事のキャリアアップが見込めますよね。これから先スマホに関するビジネスが下火になって落ち込んでいくというのはほぼないでしょうし、今転職をするならスマホ関連業界が最も手堅い転職先といえるでしょう。ただ、その分転職競争は厳しくなっています。

スマホ本体、アプリゲーム、関連アクセサリー、スマホ修理など、スマホ関連業界は多岐に渡っていますよね。それらの中から自分の能力を引き出せるような会社へと転職すれば、成功は約束されているとみて良いでしょう。もちろんスマホ関連業界に属する会社間での熾烈な争いはあって当然ですが、活性化している業界ですのでその分収入には反映されやすいですよね。

どの業界へ転職するかがカギ

転職先を業界で区切った場合、好調な業界とそうでない業界がありますよね。転職するなら基本的には好調な業界へと進むのがセオリーで、今ならスマホ関連業界がそうだといえるでしょう。

ただ、飲食店業界や運輸業界など需要に合わせて転職するというのも決して間違った選択ではなく、やりがいのある仕事ができる可能性は十分あります。ですので、業界の動向をよく観察したうえでどの業界に転職するのかを決めなければいけませんよね。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇