東京有楽町支店に結婚前調査を依頼して、正確な結果をいただきました

東京有楽町支店に結婚前調査を依頼して、正確な結果をいただきました

★HAL探偵社を利用したきっかけ

私には3年間交際していた恋人の女性がいたのですが、そろそろ結婚をするかすべきでないかを決める時期が迫っていました。恋人からは、直接的な結婚についての言及はありませんでしたが、デートをしているときに書店に立ち寄った際には、わざとらしく結婚関係の雑誌を立ち読みしたり、ウェディングプラン関係の本を立ち読みするのです。

あきらかに私に結婚の決断を迫っていると思えたのです。しかし、私は彼女に結婚を申し込む前に、もっといろいろ彼女のことを知っておくべきだと思いました。

私が彼女について知っていることといえば、年齢、住所、実家の場所、親や兄弟の年齢、彼女の趣味程度でした。勤務している会社は異なりますし、実際のところ、3年間交際していても彼女については知らないことのほうが圧倒的に多いと思ったのです。

そこで、インターネットで「素行調査」や「結婚前調査」というキーワードで検索したところ、HAL探偵社がトップページに表示されたため強い関心を持って、まずは無料相談のフリーダイヤルに電話することにしたのです。

★無料相談

HAL探偵社では、正式に結婚前調査を依頼する前に、フリーダイヤルで無料相談に応じてくれます。私は探偵社を利用するのは生まれて初めてでしたので、無料相談に応じてくれることは有難いことでした。

意を決してフリーダイヤルに電話をしてみると、やさしい口調で年配の女性と思われる方が電話に出てくださいました。そして、私が「結婚を予定している女性がいるのですが、その女性の家族がどのような素行の人物なのか知りたい」ことや「彼女が派手な男性関係を持ったことはないか」とか「彼女や彼女の親戚が新興宗教に入信していないか、あるいは反社会的勢力と関係を持っていないか」などを知りたいのだが、調査することは可能か否かを尋ねたのでした。

電話対応をしてくださった年配の女性は、落ち着いた口調で私に教え諭すように「結婚前の調査は大切ですね。結婚は法律上は契約を締結する行為と同じですし、離婚するときは高額な慰謝料を支払わなければならないケースもありますから、事前調査をされることはぜひお勧めします」と言ってくださり、そして「一度、弊社にいらっしゃいませんか?」と言ってくれたのでした。

そこで、私はHAL探偵社に出向くことに決めたのでした。

★初めての探偵社訪問

私は、勤務している会社からは距離の離れているHAL探偵社の東京有楽町支店に出向きました。仮に平日に訪問する必要が生じたときでも、会社の同僚と顔を合わせることはないと思ったからです。

HAL探偵社の東京有楽町支店の店内に入ると、意外と一般企業のオフィスと同じだなという印象を持ちました。そして応接室のような部屋に通されるとカウンセラーが部屋に入ってきて、あらためて顔を合わせて相談に応じていただいたのです。

★HAL探偵社の調査料金は簡潔明瞭で後払い

カウンセラーと顔をあわせて相談をした結果、正式に交際している彼女と家族について調査をしていただくことにしました。自分としても思い切った決断だったと思っています。調査内容は「彼女の男性関係、借金問題、新興宗教へ入信しているか否か、過激な政治活動をしているか否か」と彼女の両親や兄弟、親戚については「借金問題、日常の素行」に絞り込みました。

そして、調査期間は3週間(実質的な調査日数は10日間)と定め、費用の見積もりを提示してもらったのでした。金額は高額になるだろうと想像はしていたのですが、私の手取り給料1ヶ月分を超える金額となっていました。ただし「この見積もり金額を超えた金額を、後出しで請求することはいっさいありません」との説明がありましたので、私は発注書にサインをして、正式に依頼をしたのでした。

なお、HAL探偵社の場合は、調査が完了して、私が調査レポートを受領したあとに調査料金を支払えばよいとのことでしたので、資金面では少々負担感が少なく感じられました。さらに、クレジットカードでの決済が可能でしたので、私は2回の分割払いで支払ったのでした。

★調査結果

HAL探偵社の東京有楽町支店に交際相手とその親戚の身辺調査を依頼してから3週間が経過して、調査結果の報告を聞く日がやってきました。私は東京有楽町支店に出向いて、調査員から直接報告を聞きました。

その結果、彼女や彼女の親戚が反社会的勢力とかかわりがあったり、新興宗教に入信している事実はありませんでした。そして、借金問題もありませんでした。しかし、彼女の経歴については、彼女から私に直接話してくれていた内容とはやや異なっていました。

彼女は大学を卒業してから、一貫して正社員として働いてきたと私に説明していたのですが、実際は途中7年間もの間、無職であったり派遣社員をしていた時期があったのです。この調査を依頼したときは、彼女は正社員でしたが、事実とは異なる結果を聞かされていたと知り、少々ショックを受けました。

また、彼女の男性関係については「清楚」とはいえない実態も報告されました。会社の同僚と打ち上げや飲み会のあと、遊びでホテルに入ったケースも何回かあったようでした。この結果を受けて、私は彼女との結婚をためらってしまったのでした。