東京で自分にあった医療に携われる病院に転職

東京で自分にあった医療に携われる病院に転職

1、転職を決めた理由

私が以前勤務していた病院では、人間関係に問題がありました。いわゆるお局さんと呼ばれるベテラン婦長がナースステーションを陣取っており、病院での働き方は全て婦長のルールの下で全員が縛られた環境下で働いていました。

女性が多い職場でしたので入職前から覚悟はしていたのですが、患者様から聞いた看護師の噂話を他局の医師や看護師に言いふらし、本人の気づかないところ働きにくい環境が出来上がっているという状況でした。私にはターゲットにされたことはありませんでしたが、常々「もっと考えて動きなさい」と煙たがられていました。

医療に携わること自体に憧れて飛び込んだ業界だったのですが勤務してみて初めて息苦しさを感じ、次第に病院に行くことすら嫌になってしまい、転職を決意しました。

2、目指した転職先

そんな私が転職先として次の進路に決めていたこだわりがありました。それは、新設された病院での勤務でした。新設した病院であればベテラン婦長のような勤務年数の長い人がおらず、全員が同じスタートラインから始めることができるので、上下関係もなく、医療に集中することができると考えていました。

ただし、自力で情報誌を探してみてもなかなかパッとするような求人情報を見つけることができず、やはり理想と現実は違うものだと諦めたかけていた時に、看護学校時代の友人から私が転職活動をしていると耳にしたらしく、既に1回転職経験者である友人から「マイナビ看護師」を紹介してもらいました。

3、友人の勧めでマイナビ看護師に登録

信頼していた友人だったので、マイナビ看護師を勧められた時は疑うことなく、一度登録してみる!とすぐに決めることができました。マイナビはリクルート業界においても大手ですので求人情報が豊富であり、その中でも看護師に特化した求人情報が集まってくるサイトに期待をしていました。

利用してすぐ、友人が勧めてくれた通り東京都の新設病院の求人はたくさん出てきました。病院を選ぶことができるほど数が検索でヒットし1つ1つ丹念に求人情報と病院の理念をチェックしていきました。

また、登録した後は一度マイナビスタッフの方に希望する親切病院の理由を伝え、最近の病院情報や転職ポイントについても丁寧に教えてもらうことができました。

4、自分専任のコンサルタント

マイナビ看護師を使って良いと思ったところは、自分専任の転職コンサルタントがつくことでした。自分がどんな病院を希望しているのか?給与や休み希望日数なども理想を伝えているので、簡単にいうと自分のことをわかってくれている一番そばにいる見方のような存在でした。

マイナビコンサルタントの方となどかお話をした際にはまだ転職時は25歳と出会ったことから「転職にしては若い年齢としてみられるので、チャンスは多いから頑張りましょう」と励ましてもらいました。転職業界に長くおられるだけあって1つ1つの言葉にとても励まされてました。

5、エントリーから面接まで

実際に自分が気になる求人情報には申し込みをすることにしていました。とにかくネットから興味を持った病院にはコンタクトを取って履歴書を提出し、マイナビさんのメールボックスを経由して合否の結果をいただいていました。スマホを使っていましたが、簡単に外出先でもネットを経由してマイナビサイトを閲覧することができましたので、どこにいても転職活動ができる環境でした。

事前に履歴書をチェックしてもらいたい時には、Web履歴書を通じて添削を無料で行ってくれたので自分では経験してきたことや身についていることなどを丁寧に記載できていたと思っていても、チェックしてもらうことでまだまだ伝わっていなかったことを知ることができるなど、自分のことをよくみてくれていることにも嬉しくなりました。

良き相談相手として転職活動を共に歩むことができる頼もしいパートナーという存在でした。面接についてもインターネット上で、事前に模擬面接を練習することができるページもあるので、マイナビ看護師のサイトだけでも転職に必要なトレーニングが詰まっており、マイナビ1つで全てが事足りるという感じでした。

6、採用が決定

無事に面接をこなし内定をもらうことができました。お世話になったコンサルタントの方にもお礼のメールを送り、すぐに返信が届きお祝いの言葉をいただくことができました。とにかく、マイナビさんはメッセージに対しるリアクションが早いので、「メールが届いているのか?」という不安もほとんどありませんでした。自動メールだけ帰ってきてそのあと1週間ほどしないと返信が来ないというところもあったので、マイナビさんの対応にはとても満足しています。

無事にマイナビを通じて内定をもらうことができたのはとても嬉しく次の新しい病院ではしっかり学んだことを人のために還元できる人間として成長していきたいと思います。