暴落で売れなくなったビットコインの扱いに困っていませんか?上手な活用方法をお教えします!

暴落で売れなくなったビットコインの扱いに困っていませんか?上手な活用方法をお教えします!

2017年12月頃、ビットコインを含む仮想通貨市場は完全にバブル状態でした。

「買って寝てるだけで儲かる」、「億り人なんて当たり前」などとテレビでも報道されるほどの人気ぶりでした。

実際、数日でビットコインが100万円から240万円まで値上がりし、テレビの報道通りに儲かった人たちも多数います。

一方、たとえば150万円で買ってしまって現在の値段である100万円前後まで持っており損失を抱えている、いわゆる「塩漬け状態」となっている人も多いのではないでしょうか。

「塩漬け状態」で「いつかあがるのを待つ」という人たちももちろん間違いではないと思います。
いつかあがる可能性はあるからです。
逆に「下がる」可能性もありますので、最悪0円になる覚悟を持って持ち続ければ良いと思います。

私は塩漬けには耐えられませんでした。
そこでこのビットコインをなんとか有効に使うことが出来ないものか、徹底的に調べました。
今回は私が調べた「塩漬け状態」となっているビットコインを有効につかう方法をご紹介します。

1.ビットコインでしか使えないサービスを利用する

ビットコインの流行に伴い、ビットコインでしか使えないサービスというものが存在します。
VALUなどは良い例です。
VALUとは、「個人を上場することができる」サービスです。
VALUで特定の個人のVALUERになることにより、優待を受けることができるのです。

優待内容は様々で、「あがる銘柄を教えます」といったものから「映画のスポンサーとして名前を載せます」といったもの、「Twitterで拡散します」など様々です。

受けたいサービスを優待に設定しているVALUERのVALUをビットコインで買うことで、恩恵を受けることが出来るのです。

買ったVALUは売ることも可能です。
もしかしたら買値より高値で売ることが出来るかもしれません。
サービスを受けた上に高値で売れるという構図を作ることが出来れば損失以上のリターンを得ることができるかもしれません。

2.買い物で利用する

最近、ビットコインで買い物ができる店舗が増えました。
ビックカメラやメガネスーパーなどのリアル店舗で使えるほか、AvacusといったビットコインでAmazonの商品を買えるサービスも登場しております。

そういったリアルでモノと引き換えに買い物をすることも可能です。
今後、ビットコインで買い物が出来る場所がどんどん増えていくと予想されます。
ほしいものを買う際にビットコインで買い物をすることで、モノを手に入れて満足することもできます。

最近ではビットコインで公共料金を支払うこともできるようになってきました。
仮想通貨取引所のコインチェックはコインチェックでんきというサービスを開始し、コインチェックにユーザー登録をすればビットコインで電気代が払えるようになりました。
なお、コインチェックでんきを利用することで、電気代が4~6%も割り引かれます。
公共料金支払いがよりお得になっていくのです。

また、最近はビットコインでしか支払いが出来ないバーなども登場しています。
非日常感覚を味わいに一度行ってみてもよいかもしれません。

3.寄附する

「どうせ暴落で減ってしまったのだから、この際少量減ってもたいして変わらない」といった発想を持つことが出来る方にオススメです。

熊本の震災や世界の子供へのワクチン代といった募金もビットコインで行うことが出来るようになっています。

また、ビットコイン関連では良いサービスを世の中に提供した場合、対価としてチップを要求する人も多くいます。

良いサービスだと思って使っているものがあれば、作成者にチップを渡してあげましょう。

ビットコインは円にかえるだけでなく、様々なサービスを受けるために利用することもできます。
塩漬け以外にもあなたにあった良い方法でうまく利用してみてください。