日本発祥のアルトコイン、モナコインはセキュリティーの高いビットフライヤーで買うべし。

日本発祥のアルトコイン、モナコインはセキュリティーの高いビットフライヤーで買うべし。

ビットフライヤーとは

ビットフライヤーとは、日本の仮想通貨取引所の中で代表的な取引所です。
利用者数はトップでセキュリティーの高さでも安心できる取引所です。
2018年5月現在取扱い通貨は7種類であり、扱っているコインの多さは
日本でトップクラスです。
ビットフライヤーは初心者にとても利用しやすい取引所になっています。

モナコインとは

モナコインは、日本発祥のコインでオタク文化での利用を目的としたコインです。
品物の売買やパフォーマンスのチップに使われます。
日本のオタク文化は、世界に広がり日本のアニメ、漫画は大きな影響を与えています。
東京オリンピックに向けオタク文化が海外にもっと広がれば
モナコインの存在価値も上がり値段が高騰するかもしれません。
実際にビットフライヤーが上場した時、約2000円以上の
値上がりを記録しました。
2018年5月現在約500円のあたりを推移していますが
少なくとも東京オリンピックぐらいまでは上昇が見込まれるのではないかと
期待できます。

モナコインの人気は

モナコインは、日本発祥のコインですが取り扱っている取引所は
まだ意外に少ないのが現状です。
原因は分かりませんが、一つは人気が今一歩ということ、
もう一つは、オタクという特化したコインという事です。
やはり大きく買われるコインは一般的に利用価値の高いコインです。
モナコインは、オタク同士のやり取りにほぼ限定されるので
そういった意味では大きな将来性が見込めないのではないかと考えるのも納得できます。
しかし、現状の日本で世界で戦えるものは限られています。
日本は、残念ながら資源に乏しい国です。
ですから、新しい製品の開発や目に見えないものを、例えばおもてなしのサービスという
小さな努力の積み重ねでこの国は成り立っています。
そう考えれば、オタクという特殊性なものであっても、それは今の日本の見方であって
世界規模で大きく受け入れられる可能性があるならば、これは一つのチャンスと
いえます。
モナコインは、そんな大きなチャンスの波に乗ろうとしています。

今の仮想通貨はアジアで動かしている。

現在の仮想通貨取引で日本と中国が特に力を入れています。
これは何を意味しているのでしょうか。
現在の仮想通貨業界はアジアでもっています。
もちろん世界の大富豪たちが参加すればパワーバランスは違ったものになるかもしれません。
しかし、現段階ではアジアが仮想通貨を動かしています。
オタク文化は、世界の中でアジア圏が最も受け入れやすく人気が高いです。
ということは、モナコインもあるときをきっかけに価値が上がる可能性が
考えられます。
少なくとも潜在能力の高いコインではないでしょうか

モナコインを買うならビットフライヤーがおすすめの理由

現在モナコインを扱っている取引所は少ないです。
ビットフライヤ―の他、扱っている仮想通貨取引所はみな規模が小さく
セキュリティーに問題は無いとは思いますが
ビットフライヤー程のセキュリティー対策が出来ているのかは疑問です。
やはりそういった小さな取引所は、利用者数を上げるため他では扱わないコインを
扱う傾向にあります。また、ビットフライヤーよりも手数料などが低いと謳えば
利用者は小さい取引所であっても口座開設する人もいるでしょう。
しかし、良く考えるとモナコインを買うという事は基本的に長期投資になります。
長年お金を預けるのですから、やはりビットフライヤーのような安全性の高い取引所が
おすすめです。
たとえ、手数料やスプレットなのが安くても頻繁に取引を繰り返すことがないならば
それほどメリットがあるわけではありません。
それよりも、ハッカーにより盗難があれば一瞬で資産を失う事になるのです。
モナコインを買うなら、ビットコインが良いのではないでしょうか。