対策を行っても次々と問題が…仮想通貨取引所が抱えるハッキングの問題と最大の原因とは

対策を行っても次々と問題が…仮想通貨取引所が抱えるハッキングの問題と最大の原因とは

2018年になって以降、仮想通貨取引所のハッキング問題が多発しています。
一番有名なハッキング問題としては、コインチェックでNEMが流出したことでしょう。
この問題は、テレビなどでも大きく取り上げられると同時に、仮想通貨の価格を下落させる大きな問題になりました。

実は、コインチェック以外の仮想通貨取引所も、ハッキングの被害を受けています。
流出している仮想通貨については、コインチェックほど大きな金額ではありませんが、数百億単位で通貨を奪われています。
何故ここまでハッキングの被害が多くなり、仮想通貨取引所が狙われるのか、その理由について解説します。

仮想通貨取引所は登場してから間もないために狙われやすい

FXのように、かなり長い年数の取引を行っていると、ハッキングなどの対策が多くの経験から可能です。
一方で仮想通貨取引所の場合は、登場してから間もない会社が多いために、セキュリティ対策が不足しています。
コインチェックが狙われたのは、セキュリティ対策が不十分だったためと結論付けられています。

実際に取引が行われてから間もない会社の場合、セキュリティの構築が足りず、セキュリティの穴が生まれます。
この穴を狙ってハッカーが侵入したことで、ハッキングの被害を仮想通貨取引所が受けているのです。

こうした仮想通貨取引所の問題は、2014年から起きています。
マウントゴックスという会社の情報を知っているからなら、思い出すかもしれません。
ハッキングによるマウントゴックスのビットコインの流出問題が発生し、経営破綻したことはニュース等で報道されています。

仮想通貨取引所のハッキングは仮想通貨を確実に狙っている

仮想通貨取引所を狙っている背景には、多くの仮想通貨を抱えている取引所が多いために、1度の流出で多くの利益が出るだろうと判断されている点です。
実際に仮想通貨の流出問題を起こしているマウントゴックス、そしてコインチェックは、大量の仮想通貨が流出し、その被害額は数百億に上りました。

ハッカーとしては、仮想通貨を流出させてしまえば、換金なども仮想通貨取引所で行える点も見逃していません。
手間をかけずに現金を得られる、そしてほかの口座などにお金を移して残しておくなどの方法も使えます。

セキュリティ対策が不十分な仮想通貨取引所は、徐々にハッカーの餌食になっています。
コインチェックの問題以降、セキュリティについてはさらに対策をするように要請されましたが、その要請もむなしくさらなるハッキング被害は続いているのです。

コインチェック以降の仮想通貨取引所のハッキングも続く

コインチェックの問題以降も、ハッキングの被害はまだ続いています。
イタリアの仮想通貨取引所でハッキングを受けているほか、Binanceではフィッシング詐欺の被害を受けています。
仮想通貨を狙うため、ハッカーはあらゆる手段を使って、セキュリティが万全に整う前の仮想通貨取引所を狙っています。

ハッキングの被害は、コインチェック以降はあまり報道されていません。
理由としては、被害にあっている会社の多くが、日本の会社ではないことです。
コインチェックは日本にある会社だったこともあり、大々的に報道されてしまったのです。

ハッキング被害を食い止めるためには、仮想通貨取引所全てが、セキュリティ対策をさらに万全にしなければなりません。

ハッキングの問題で仮想通貨取引所の信頼も揺らぎ始める

一部の仮想通貨取引所は、さらなるセキュリティ対策を施し、ハッキング被害を食い止める対策を取りました。
しかし、コインチェックの問題により、仮想通貨取引所の信頼は揺らぎ始めています。

また、仮想通貨取引所の流出問題によって、仮想通貨の価値が大きく下落する問題も生まれています。
こちらも尾を引きそうな状況であり、速やかにセキュリティ対策を進める必要があるでしょう。