家電買取りとリサイクルショップ

家電買取りとリサイクルショップ

いらなくなった家電を捨てるだけでも、お金を取られてしまう時代です。それでしたら業者に査定してもらって、買取金額をもらって次に買う家電の金額の足しにするのが賢い方法です。家電を高額で買い取ってもらう方法と買取り方法を紹介していきます。

<お店で下取りしてもらう>

新しい家電を購入するお店で買取りしてもらいたい商品を下取りしてもらう事が出来ます。この下取りのメリットは、古い家電を処分してもらう事が出来て尚且つ、新しく購入する商品の足しにする事が出来ます。古い家電を処分するという事となると、処分するのに費用が掛かってしまいますので、処分してもらって尚且つ下取り費用を貰えるのは大きなメリットです。

<リサイクルショップで買取り>

リサイクルショップは出張査定や出張買取をしてもらう所もありますので、わざわざ重い家電をお店にもっていくような事は必要ないです。ただリサイクル出来るレベルではない商品でしたら買い取ってもらえませんので注意が必要です。

大体リサイクルショップでは買取の際には身分証明証が必要です。念の為に判子も用意しておくのを忘れないようにするのがいいです。

<冷蔵庫の高値相場>

冷蔵庫は大きいので処分するよりかは、買取りしてもらうがのが一番です。高額査定してもらうには、条件があります。メーカーや製造年月です。製造年月は冷蔵庫の内側にシールが貼ってあるので、それで確認出来ます。

400リットルのようなファミリーサイズの冷蔵庫は、中古でも十分使えますので製造年月が古くても高値で査定してもらえます。

冷蔵庫が高値で売れる時期は、引っ越しシーズンが一番です。この時期は引っ越ししたばかりの学生さんや新人社会人などのような、引っ越ししたばかりで、家に何もなく出来るだけ安い家電が欲しいと思っている人が多い為です。冷蔵庫を売ろうと考えていましたら。3月末から4月頭にかけて売るのが賢い売り方です。

経験があると思いますが、故障したり壊れてしまうのは大体が夏の時期です。冷蔵庫は高額な電化製品ですので、突然の故障ですぐに買えるものではありません。一時的に安い冷蔵庫が欲しいと考えている人がリサイクルショップで購入する人が多いので、この時期は高額で買取りしてもらえる可能性が高いです。

少しでも高く査定してもらえるには機能性はもちろんの事ですが、外装も内装も綺麗である事が第一条件です。綺麗であればあるほど高額で査定してもらえます。逆に機能は十分なのに、外装が悪いと査定が下がる事があります。そうならない為にも買取ってもらう前には十分に汚れを取る事が必要です。特に冷蔵庫は同じ所においてある為、ファンの周りにホコリが付いている可能性がありますので、そこも綺麗にした方がいいです。

ブランド商品を売るのと同じで売る時は、説明書や付属品が付いてあればそれだけで査定が上がります。購入した時に付いていた物はすべて揃えておくといいです。

<リサイクルショップの有効利用>

リサイクルショップと言っても多種多様あって、お店によってブランドアクセサリーを高額査定する所や、家電を高額査定する所、服を高額査定する所とお店によって違いますので、自分が売ろうとしているお店では家電は高額査定してくれるかどうか事前に調べておいた方がいいです。

買った時から今でもそんなに定価が変わってないものは、人気商品ですので高く査定してもらえる傾向があります。安い電化製品よりも、大型テレビや冷蔵庫などは人気が高いです。

デザイン性やレアリティのあるものは高く買取ってもらえます。買った時には安くても、今では高額で買取ってもらえる商品が家に眠っている可能性があるかも知れません。

<まとめ>

大型家電をそのまま処分するにはお金を出費しないといけませんが、リサイクルショップなどの買取業者を有効利用する事によって、大幅なプラスになります。

買取ってもらう時期で、買取り金額が大幅に変わって来ますので注意が必要です。冷蔵庫は4月前後、扇風機は4月ぐらいがベストです。ベストのタイミングと一番いい状態で買取ってもらうのが高額買取りしてもらう店で一番重要なポイントです。

リサイクルショップは不要な電化製品を買取ってくれるというメリットをお伝えして来ましたけど、注意して欲しいのは悪徳なリサイクル業者も存在するという事です。他のお店と比べて色々理由を付けて買取り金額を安く見積もる業者や買取ってくれない所もあります。

リサイクルショップに頼む際は実績や信頼があるお店を選ぶのが一番です。実績や信頼があるという事はトラブルも無くユーザーから信頼されている証です。それに悪いお店に当たらない為にも、ネットなどでたくさんの情報を収集する事が必要です。

もし不要な家電や回収してもらいたい物がありましたら、一緒にお願いした方がいいです。回収するのに逆に費用が発生してもらうのも、買取ってもらった電化製品の金額で払う事も出来るからです。どのような買取りもそうですが、売る時は一回で売った方が高く買取ってもらえる可能性が高いです。