女性の転職市場について重要なポイントについて

女性の転職市場について重要なポイントについて

従来の女性の雇用カーブは良くM字型と言われていましたが、これからはすこしずつかわっていくことになるかもしれません。そもそも、転職市場が活性化している中において、結婚、出産、介護などさまざまな人生のステージにおいて男性以上に女性は左右される部分が多くなっていて、かつ、そんな環境でも転職をしながら働き続けることができる時代になったからです。まだまだ、日本は女性にとってはたらく環境が整備されていないと言われがちですが、こんな中でも特に転職で重要なポイントについて具体的にあげていきたいと思います。

●転職の年齢

これは男性女性を問わず、転職の際にポイントになってくる要素として年齢があげられます。もちろん、経営者としてのヘッドハンティングのような形であれば、年齢など気にならないこともあるでしょう。しかしながら、ほとんんどの場合は年齢に関しては履歴書の時点で、または一つ前に応募要項の時点で引っかかってしまうことがあるかもしれません。これはこれで自分自身がはたらくべき場所ではないと割り切ってしまう方が良いのかもしれません。むしろ、若ければ若いほどいいという転職市場の考え方は企業からはなくなりつつあり、むしろ、いかにスキルがあって即戦力ではたらくことができるのか、企業の利益に結びつくのかを命題に掲げている企業が多いからです。もちろん、こうした求人において性別によるプラスマイナスゼロとかんがえてもいいでしょう。

●スキルについて

転職市場においてそのスキルほど重要なものはありません。資格であれ、語学の点数であれ、何らか形式で残るものを持っているかどうかは大きな武器になってきます。そして、それ以上に女性であれば、女性ならではの資格を持っていたりするとプラスに働くものです。例えば、流動性が比較的高い秘書の業務などにおいては秘書検定の資格、またはそれに伴う秘書業務の実未経験などはなによりも重きをおかれることになるでしょう。むろん、書類選考では断然有利だし、面談の際にも強い武器としてその資格、そしてそれに伴う実務経験が歌えることになるわけですから。

●女性に有利な転職

女性に有利な転職というよりも元々が女性が多いとされる市場においては非常にその循環も男性が入り込むことなく、そのまま転職としても女性を採用しがちなものです。簡単にいえば、管理栄養士であったり、さまざまなレストラン業態であったり、清掃業務であったり、派遣業界の女性を束ねるものであったりというところになります。これを有利と捉えるよりもむしろ、狙い目の求人としてかんがえておくべきことが正しい表現になるのかもしれません。

●高収入の転職

いまや、転職市場も売り手市場になっていますので、高年収への転職といった文言がインターネットや求人情報誌にも並べ立てられるようになっています。もちろん、ここには過去のキャリアや能力が伴ってこそのものですが非常に今はこうしたキャリアアップを目指した転職も考えやすい時代になったといっても過言ではないでしょう。
むしろ、こうした考え方が正しいのかどうかわかりませんが、結婚して男性側に一定の収入があれば、女性は多少リスクを冒してでも転職市場に出て、さらなるキャリア間違いではないと思いますし、トータルではプラスのキャリアをつむことができるのではないかといます。

●やりがい重視の転職

女性にとって何が幸せなのかを考えたときに男性との付き合い、結婚、出産を含めた子育て、趣味に生きるのだろう様々な生き方があっていいと思います。そんな時にやりがいを何よりも求める場合、自分自身のキャリアアップは非常に大きな要素になってくると思います。そして女性の場合はそこにドライに取り組むことがしやすいのが男性以上に顕著なポイントだといえるのかもしれません。ですから、仕事にやりがいを求めて、しかるべき職を求めることもまた、ただしいことだといえるのです。

●独立と言う道

転職も企業から企業だけを指すのではないのがいまの流れだと言えるでしょう。そして、自分自身のスキルをフルに生かして新たな道を踏み出したいという時に考える選択肢が独立であり、起業ということになってきます。もちろん、ここにはさまざまなファクターが必要になってきます。しかし、ここにおいては判断力や実行力において、男性よりも女性の方が向いている方々が多いと感じる節が多いのはいまの時代なのかもしれません。

以上のよく市場においては女性の活躍に場が過去以上に増えつつあるのが実態です。こうしたチャンスをいかにうまく捕まえて実行に移すのか、もちろん、仕事が人生におけるどのレイヤーにあるのかが大きな選択肢になってきますが。
こうして、いまの日本社会のように転職市場が活性化すればするほど女性にとってもさらに働きやすい環境になってくるという考え方もプラスに捉えると可能ではないかと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇