外資系への転職を希望する際の注意とは?

外資系への転職を希望する際の注意とは?

転職は転職でも外資系への転職を希望する場合は、国内の一般企業への転職活動とは違い、少し異なった方法で行う必要があります。では、どのような点に注意し行えば良いのでしょうか。

・転職サイトを利用する際は外資系専門サイトへ!

一般的に目にする転職サイトの場合、国内企業の求人が基本です。その為、どれだけ大きな規模の転職サイトを利用しても希望する外資系への転職はできません。
では、外資系への転職を希望する場合、転職サイトのようなものを利用する事はできないのでしょうか?
「いいえ。外資系専門の転職サイトを利用すれば良いだけです。」
国内企業の求人同様、外資系の多くの求人が掲載されている専門サイトは多く、それらを利用すれば、基本的に外資系への転職活動を進めることが可能になります。もちろん、外資系専門のアドバイザーからアドバイスを受ける事もでき、より便利に利用する事が可能になっています。

・外資系企業に転職する場合、英語力はどの程度必要?

まったく英語力に自信がない人は、なかなか外資系への転職を希望する事はないかと思いますが、実際、英語力に自信がある人でも、いざ、転職と考えた際、自分の英語力が本当に通用するのか不安になる人もいるのではないでしょうか。
では、実際、外資系で勤務する場合、どれ程の英語力を求められる事になるのかというと、TOEICでいうところの最低でも800以上、できれば900以上の英語力が必要だと言われています。
外資系企業では、会話の全ては基本的に英語です。もちろん、社内メールも書類もすべてです。その為、これらの日常的なことすべてを英語で行うことが出来るだけの英語力が必要となります。そうしなければ、日々の仕事に支障を及ぼす事は間違いありません。
企業によっては、専門的な用語も入社してから覚える必要もあります。その為、せめて日常会話程度は、不便に感じることなく行える英語力が必要だと言えるのです。

・外資系企業に転職する際、どんな履歴書が必要?

では、実際、外資系に転職する際、どのような準備を行えば良いのでしょうか。その初めに履歴書の作成があります。国内の企業の場合、ある程度、履歴書の書き方の予想は付くかと思いますが、外資系に出す場合も同じもので良いのか疑問です。
その答え、「同じものと考えてはいけない!」となります。国内の企業に出す履歴書と外資系企業に出す履歴書は、別物と考えた方が良いかと思います。
まず、外資系企業に出す履歴書の場合、履歴書と職務経歴書が1枚になったものと考え、アメリカ式とイギリス式があります。アメリカ式の場合、一般的に生年月日や家族構成などの個人情報は必要ありません。学歴も最終学歴のみとなり、経験業務内容や業績を中心に記載します。
一方イギリス式では、家族構成や生年月日、学歴、職歴も詳細に記載する必要があり、Work Experience(職歴)も、アメリカ式は逆編年体式、イギリス式は編年体式と違いがあります。
この事を基本とし、サンプルなどを参考にしながら作成する事が大切です。

・外資系企業の面接はすべて英語?

転職活動の本番とも言える面接。ここで、どれだけ自分をアピールする事ができるかによって、転職への道が大きく異なってくるかと思います。そんな重要な面接ですが、やはり、外資系企業の場合、すべて英語で行われるのでしょうか。
答えとしては、企業によって異なるようです。
中には、自己紹介のみ英語で行い、その後は、日本人面接官による日本語の面接と言った場合もあります。
反対に本社とビデオ会議でつなぎ、本社の面接官とすべて英語で面接を行う場合もあります。これは、実際に行ってみないとわからないと言う事もある為、どちらにも対応する事ができる準備をあらかじめ行っておく事が大切です。

・外資系企業に転職するリスクは?

どんな転職にもリスクはつきものです。実際、入社してみないとわからない事も多く、そんな事は、国内の企業でも外資系企業でも同じこと。
ただし、外資系企業特有のリスクと言うものはあります。例えば、外資系企業の場合、リストラを簡単にするイメージを持っている人もいるかも知れませんが、基本的にリストラに関しては、国内の企業とほぼ同じだと考えて良いかと思います。すぐに外資系企業だからと言って、簡単にリストラされると言うことはありません。
しかし、そんな、リストラはないくとも企業自体が国内から撤退したしまうと言う事は起こります。業績悪化を理由に撤退してしまうと、その結果、職を失ってしまうと言う事も…。
そう言ったリスクが常に外資系企業の場合には、あると言う事を理解しておかなければいけないと思います。

・まとめ

以上が外資系へ転職する際の注意とります。国内の企業への転職とは少し異なる外資系へ転職。メリットもある一方、デメリットもあると言う事をよく理解し、その上で決断する事をお勧めします。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇