基本的なビットフライヤーでの、入金・出金の具体的な方法やその内容に関しての概要について

基本的なビットフライヤーでの、入金・出金の具体的な方法やその内容に関しての概要について

今回の記事では、国内の仮想通貨取引所としても運営がなされているビットフライヤー・ジャパン社の「ビットフライヤー」での、入金・出金に関しての具体的な方法やその内容に関しての記述がなされています。
実際にも入出金方法などは、同取引所がその対象にしながら指定をされている、銀行等が幾つかある分、それだけにその方法のケースやパターンのあり方などもある事になりますので、この点について、今回の記事では詳しく見ていくようにしていきます。

1.ビットフライヤーでの、入出金の対象になっている各金融機関の設定について

現在のここの取引所の場合、Web入金の手段としては、クイック入金・出金と通常の入金・出金とがあります。そして、それぞれのフォーム毎にここでは話を進めていく事にします。

1)出金の場合

出金の場合、基本的に何れの場合での方法ではあっても、即日中に反映をしていく条件としては、その日の午前11時30分までという設定になっています。
その上で、基本的に以下のような手数料設定になっていますので、確認が必須です。

一.本人の銀行口座が三井住友銀行の場合

3万円未満:216円 3万円以上:432円

二.本人の銀行口座が三井住友銀行以外の場合

3万円未満:540円 3万円以上:756円

三.金額が3万円未満のリアルタイム出金の場合:216円

四.金額が3万円以上の出金の場合:432円

(以上全て税込み)

2)入金の場合

ここのビットフライヤーでは、入金自体はリアルタイムでの入出金システムでの仕様設定になっています。
金額の如何に関わらず、何れでの場合も税込み324円に手数料の設定がされています。

2.出金の際での、その方法選択の際に気を付けなければならない事

今話したように、通常型の出金とリアルタイムの出金、クリック出金の際での扱われる各金融機関口座での手数料の違い、等々、様々なそれに掛かる手数料相場の違いが明らかにありますので、その点に注意が必要です。

3.仮想通貨の種類毎による、入出金の金額設定の違い

そして、これは仮想通貨の種類毎においての、その1つあたりの計算単位上での入出金金額の設定における、前日比やその比率毎による左右などもあります。
ここのビットフライヤーの取引所では、アルトコインやモナコインその他、ビットコイン以外の通貨類なども扱っていますので、それらもここの通貨種類毎での1コインあたりの単位で取引計算をしていかなければなりません。

また、通貨の種類によっては、日本円では無くてアメリカドルなどの外貨単位での計算をしていく種類のものなども存在したりしています。
そうした事情から、日本円に計算をし直しながら、購入・売却時においての計算はもちろん、それらの後での入出金を更に、先程話した各種手数料のあり方を考えていかなくてはなりませんので、ある程度の面倒さなどは正直やはり、否めないところがあります。

しかしそれでも、それらの面を乗り越えたりしていきさえすれば、効率よい取引方法の基本を確実にマスターしていけますので、学習などは日々欠かせないところがあります。

4.手数料が必ず掛かる現状

これはここのビットフライヤー以外の仮想通貨取引所でも同じ基本的な事と言える面もありますが、やはり、特定のそこの取引所が指定をした仮想通貨の取引をしていくといった形になりますので、手数料の問題は不可避的な取引条件の1つでもあります。
まずは、仮想通貨の取引を実際に行われたりする方はみなさん、よくこの事を心得ておく必要性が十分にあります。

5.まとめ

今回の記事に書いてある内容に記載がされている、各種サービス設定や仕様以外にも、ここのビットフライヤーの取引所には多くの様々なシステムやサービスフォームなどが設置をされているような状態です。
また、他のユーザーさんとの会話などが可能なチャットサービスの利用などでビットコインなどが貰えたり、交換、貸借取引なども可能な点では本当にありがたい機能設定が沢山あります。

それだけに、同取引所では高額な収益を得ていける可能性は大いにありますので、その際での入出金に関しての、具体的な知識・内容を理解をしておく事は、大変重要です。