在職中に行う転職活動の注意点とは?

在職中に行う転職活動の注意点とは?

現在の職場を離れ、転職を決意する人がいます。そのような人の中にはなるべく退職時期と、新たな職場で仕事を始める時期との間隔を空けたくないと感じ、在職中に転職活動を行う人もいます。もちろん多くの人は常識的な範囲でそうします。
たとえば有給休暇がたくさん残っているのであれば、それを用いて仕事を休み、転職活動に励みます。また仕事中に電話が鳴り、面接を受けた会社から合否の連絡や二次面接のお知らせがあったとしても、仕事を中断して話を聞くということはしません。
では上記で述べたことを行っていれば、在職中の転職活動も問題ないのでしょうか?確かに自分が得ている権利を行使し、尚且つ仕事を遮るようなことは一切行っていませんので、何も問題はないと考えることもできます。
しかしこれまでお世話になった職場を去る以上、上司や同僚に対するさらなる気遣いを示すのは当然のことと言えるでしょう。では在職中の転職活動の注意点について見ていくことにしましょう。

退職時期を早めに伝える

まず基本的なこととしては上司に退職すること、そしてその時期を早めに伝えるべきです。そうすることで会社側は新たな戦力を時間をかけて探すことができます。場合によっては新入社員を雇い、退職を決めている人と一緒にしばらくの間仕事を行うように取り決めることもあります。こうしたアレンジメントが可能なのは、退職希望者がその旨を早めに上司に伝えた場合のみです。
また退職することを告げると、多くの人は「退職後は何をするの?」と尋ねてきます。このような場合は正直に新たな職を見つけ、そこに転職することを伝えるべきです。しかしこのときに「今の職場に満足できないので転職を決めた」とか「上司や同僚が気に食わないので、他の職場に移る」といったような発言は避けるべきです。
転職を決意して今の職場で働く時間が限られた場合、残りの時間でお世話になった人たちに感謝の気持ちが伝わるよう、行動すべきです。

与えられた仕事はきちんと行う

退職することが明確になると、何となくだらけてしまうという人がいます。「どうせもうすぐこの職場を去るのだから、そんなに真面目に働かなくてもよい」と感じてしまうのです。当然のことながらこのような考え方や態度は避けるべきです。
また有給休暇を使用する場合は注意が必要です。期限のある仕事が与えられているにもかかわらず有給休暇を使用するのであれば、他の社員に迷惑がかかってしまいます。そのため在職中に有給休暇を使って転職活動を行う場合は、そのタイミングにも十分注意するべきです。

残業などにも協力する

退職日が近づくにつれ、上司は退職希望者に仕事を割り振るのが難しくなります。なぜなら多くの場合、仕事には期限があり、その期限内で与えられた仕事をコンプリートしなければならないからです。そしてコンプリートするのに時間がかかる仕事などは、納期が数か月から数年設けられるのが一般的です。このような仕事を退職希望者に与えても途中でいなくなってしまうために、引き継ぎなどの面倒な作業が増えてしまいます。
そのため退職希望者の退職日が近づくと、上司は短期間で行うことのできる仕事を与えるのが一般的です。しかし場合によっては退職希望者がたくさんの仕事を抱えなければならない状況が生じたり、ヘルプに回らなければならない状況も生じえます。このような場合、自分はもうすぐ退職してしまうからといって協力しないのではなく、極力できることを行うようにします。
とりわけ退職日が近づくと残業を行いたくないという衝動に駆られることがありますが、残業が求められる場合はできるだけ協力すべきです。

良い関係を保つ

もしかすると在職中に転職活動を行っているという理由で、白い目で見る上司や同僚もいるかもしれません。しかし退職前までしっかりと仕事を行い、周りに迷惑をかけないように心掛けているのであれば、多くの場合問題はありません。そのため白い目で見る社員に対し、嫌悪感を感じることもあるでしょう。
しかし退社は円満であるべきです。転職が決まり、前職場を離れる前の短い期間で上司や同僚との関係を悪化させてしまうというのは非常に辛いものです。そのためどのような状況になろうとも職場の人たちとは友好な関係を維持するよう努め、最後には感謝の言葉をきちんと述べるべきです。

正当なことであっても注意が必要

今の職場に就職したときに与えられた規則を守り、それに沿った形で退職するのであれば問題はありません。しかしこれまで見てきたように在職中の転職活動は他の社員の気持ちを考慮し、ふさわしい仕方で行われなければなりません。
もしかするとこの点で「なんでこんなことまでしなければならないの?」と感じることがあるかもしれませんが、今現在働いている会社の社員といつ、どのような形で再開するかは予想がつきません。もしかすると転職先のクライアントとなるかもしれませんし、何らかの事情で再び前職場に戻ることもあるかもしれません。
こうした可能性も考慮し、周りの人のことを考えた転職活動を行うようにすべきです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇