営業に転職する際に面接時にアピールするべきポイント

営業に転職する際に面接時にアピールするべきポイント

営業職と言うのは取引先との応対だけではなく、外回りや出張も入るのでかなり忙しい仕事です。

但しそれだけ直接成果に繋がり易く、契約を取ることで自分の実績になり、

会社の収益に貢献できるやり甲斐のある仕事です。

営業職に転職したいけれども、面接でどの様にアピールすれば良いのか分からないうという人の為に、

営業として求められる能力について紹介します。

・第一印象の良さ

営業職で最も重要なのは身だしなみです。

取引先を訪問したり、会議に出席する際には、会社の代表として行動することになります。

第一印象は5秒で決まると言われていますので、総合的に清潔感があり、明るい印象を与えることが

大切です。

服装だけではなく、話し方や姿勢、顔の表情にも気を配りましょう。

面接の際にはこの第一印象部分が最も重要視されますので、自分の姿をビデオに撮影するなどして

研究しておくのもおすすめです。

・信頼性があること

営業職と言うと、マシンガンの様なビジネストークをイメージします。

しかし誰もが社交的である必要はありません。

顧客によっては聞き役に回ってくれて、必要な時にきっちりとサポートしてくれる営業マンを

好むところもあるのです。

大人しくても暗くない、口下手だけれどもいい加減なことを言わない、いざという時に行動が早いなど、

相手から信頼できる人の方が営業として成功する可能性が高いのです。

・相手の意見をしっかりと聞くこと

営業で大切なのは、取引先が何を求めているのかを正しく判断する能力です。

取引先が今困っていることは何かを聞き取り、自社のサービスを利用するにあたり、

何がどの位改善されるのか等を提案することで取引先の満足度をアップさせられます。

最後まで相手の言うことをしっかりと聞く様に心がけましょう。

・プレゼン能力

最近では日本の企業でもプレゼンを取り入れるところが増えてきました。

商談を行う時にプレゼンを行うことで、自社製品をより効果的にアピールできます。

プレゼンはスピーチと共に、分かり易い資料作りがカギになります。

起承転結をつけて、相手企業の立場になって簡潔に分かり易く情報を伝える能力をつけましょう。

・情報収集能力

営業職になるに当たり、取引先と対等に商談をするにはそれだけ多くの情報が必要です。

相手が喜ぶ様な情報を与えることにより、商談がスムーズに進む可能性が高いのです。

インターネットはもちろん、新聞や経済誌を常にチェックをして、業界の動向を把握しておきましょう。

直接関連していなくてもニュースには興味を持ち、時事ネタに詳しくなっておくと有利です。

・原価計算

営業職は、取引先に資料を提供するに当たり、数字を見る機会が多くなります。

売上やコストから原価計算をして利益率を算出する能力も必要です。

営業職の人でも簿記の知識が合った方が、経営面からの話もできるので説得力がでます。

・優先順位を付ける能力

営業職は毎日同じパターンで仕事ができる訳ではありません。

外回りをすればスケジュール通りに物事がすすまないこともあります。

クレームが入ったりトラブルが発生すると、他の用件が後回しになってしまうこともありますが、

顧客は皆自分を最優先して欲しいと思うものです。

想定外のことが発生したら、オフィスにいるサポートスタッフの力を借りて、速やかに対処しなければなりません。

営業職にとっては物事の優先順位をつける能力も重要になります。

営業職はサボろうと思えば幾らでもサボれる仕事ですので、優先順位をつけてなるべく周囲に

迷惑をかけない様に行動しましょう。

・事務処理能力

営業職には大抵オフィスにアシスタントやサポートスタッフがいます。

電話応対や会議の資料作成等を手伝ってくれるのですが、だからと言って営業職は事務をしなくて

良い訳ではありません。

取引先に渡す資料やプレゼンのスライド等は、自分で作成したり手直しをしなければなりません。

パソコン操作は元より、外出先でコンビニでコピーを取ったり、ファックスを入れたりしなければ

ならないこともあります。

夜遅くにオフィスで両面コピー、しかもホチキス留めをしなければならないこともあるでしょう。

最近では複数の営業職に一人のアシスタントが付く職場も多くあります。

専任のアシスタントを確保できない場合には、基本的な事務処理能力も身に付けておきましょう。

・精神的にタフであること

営業職は失敗をすることもあります。

顧客の思い通りのサービスができなかったり、納品ミスをするということもあるでしょう。

ミスをして取引先に土下座をする様な機会がないとも限りません。

その様な場合、いちいち落ち込んで仕事が手に付かない様では営業職を続けるのは困難です。

失敗したら誠心誠意を持って対応する、その後謝罪をして、後は引きずらないことです。

余程大きなミスでもない限り、将来的に笑い話になると思い、失敗にめげないタフな精神を保ちましょう。

趣味を充実させてストレスを解消させる手段を身に付けるのがおすすめです。

営業職に転職するとなると、自己PRをどの様にしたら良いのか迷うものです。

上記を参考にして、自分の強みに結び付けられる様に自己PRを考えて下さい。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事