利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方

無添加で髪に優しく、自宅で簡単に白髪を染めることができることから、美容院ではなく利尻ヘアカラートリートメントを使う方が増えてきました。美容成分も豊富で、昔のように黒色だけではなく4色のカラーから選ぶこともでき、オシャレに白髪染めができるので非常に人気があります。しかし、中には綺麗に染まらなかったという話も耳にします。このほとんどの場合が、使い方を間違っていたり、自己流になってしまっていることで仕上がりに差が出ているのです。そこで、綺麗に染めるための利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方をご説明します。

・濡れた髪に使う

利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪にも使えますが、ムラなく綺麗な仕上がりを求めるならば、乾いた髪よりも濡れた髪に使うべきです。髪が濡れた状態のほうが、美容成分が浸透しやすく薬剤自体も塗りやすいので、結果的にムラなく染めることができるのです。慣れていない状態で乾いた髪に満遍なく塗るのは意外と難しいので、特に初めて使うという方の場合は、薬剤が塗りやすい土台になっている濡れた髪に使う方が綺麗に仕上がります。

・放置時間

利尻ヘアカラートリートメントはたった10分で綺麗に染まる!というキャッチコピーが先行していて、実際に10分放置では染まりきらなかったという声もあります。人によって髪質は違いますし、誰しもが10分間で染まるとは書いていません。公式の説明書にもあるのですが、最初は15~20分放置して次回からは10分位の放置でとあります。そして中には染まりにくい人もいるので、その場合はしっかり染めるために20~30分間放置しましょうとおすすめされているので、自分の髪質によって放置時間を変えることで、満足のいく仕上がりになるのです。

・正しい量

特別安価な商品でもないので、中には量を一気に使うのが勿体ないからと、推奨している量よりも少ない量で染めようとすると失敗することがあります。綺麗に白髪を染めたい場合、正しい量が決まっているのです。生え際の白髪だけを染めたい場合はピンポン玉1個分、頭頂部を染めたい場合はピンポン玉2個分、全体を染めたい場合はピンポン玉3個分と程よい量があるので、容量は守って使うべきです。

・髪の水分はしっかりとる

塗れた髪に使えるイコール、髪がビシャビシャのままでも良いと勘違いしている方も多いのですが、綺麗にムラなく染めようとする場合は、シャンプー後に一度水分をしっかりとることが大切です。不要な水分をとることで、塗りムラを防ぎ仕上がりが良くなりますし、ヘアカラーが顔に垂れてこないというメリットもあります。

・もみ込む

髪に利尻ヘアカラートリートメントを付けるだけでもある程度は染まりますが、均一にムラなく染めたい場合は、薬剤を塗った後に全体的にしっかりもみ込むことが大切です。しっかりもみ込むことで、髪にカラーが浸透します。

・色落ち

しっかりと染まったと思ったのに、色落ちが早かったという話もあるのですが、この場合は染め上げたあとが問題である可能性が高いといえます。利尻ヘアカラートリートメントを付けて、規定時間放置してしっかりとすすいだ後、適当に乾かしてそのまま寝てしまうと色落ちしやすくなります。髪を乾かす時は、ドライヤーでしっかりと乾かすことで色を定着することができるのです。これは、どこの美容室で染めても同じだといえます。

・乾いた髪の場合

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪に付けることを推奨していますが、乾いた意にも使えます。しかし、この場合も注意が必要で方法を間違えると色ムラができてしまうのです。乾いた髪に使う場合は、予めブラッシングで髪についているチリや埃を取って、髪のもつれを取っておきます。そして大切なのが、皮脂が沢山詰まって髪がベタベタの状態では当然上手く染まりません。先にシャンプーをして清潔な状態から使うことでしっかり染まるので、普段お風呂に入る時に使う方が結果的に便利ですし綺麗に染めることができるのです。

・ケチらない

生え際だけだし薬剤はちょっとで良いかな?と控えめに塗る方も多いのですが、基本染める薬剤を使う時はたっぷりめに塗ることで綺麗に染まります。白髪の部分が薬剤で全て隠れるくらいに塗布することが大切です。

・染まりにくい部分から

全体を染めたい時、一気に全体に塗布してしまうと染まりにくい部分に色が入らずにまだら染めになってしまいます。基本は、染まりにくい部分から丁寧に利尻ヘアカラートリートメントを付けていくのです。生え際やこめかみは特に染まりにくい部分なので、最初に丁寧に塗布することで綺麗に染まります。

・仕上がりアップのコツ

そのまま髪に塗るだけでも染まりますが、更に綺麗な仕上がりを求める場合は、専用のコームをつかうと万遍なく染まりますし、染めた後にラップを髪に巻いておくだけで髪が保湿されて浸透力が上がってムラなく綺麗に染まります。簡単だからと適当に使うと髪に染めムラができてしまい綺麗に染まりません。利尻ヘアカラートリートメントは正しい使い方を守ることで、自宅で手軽に染めることができるのです。