利尻ヘアカラートリートメントの成分は危険!?

利尻ヘアカラートリートメントの成分は危険!?

今回記事に書かせていただくのは利尻ヘアカラートリートメントに入ってる成分は危険か否かということです。結果からいうと利尻ヘアカラートリートメントに刺激の強い、アレルギーを起こしやすい危険成分は入っていません!!利尻ヘアカラートリートメントは無添加を強調している商品ですから、肌の弱い方なども基本的に安心してお使いいただけます。しかし「入っていない」というだけでは不安な方もいるでしょうからもっと詳しく書かせていただきます。

そもそもヘアカラーの無添加というのはメーカーによって意義が異なっていますが、利尻ヘアカラートリートメントが強調している無添加というのは、危険なアレルギーを起こす可能性のある成分が入っていないことを意味しています!まず、重篤なアレルギー反応を起こす可能性のあるジミアンという成分が入っていません。ジミアンはアレルギー性皮膚炎を起こす可能性の高い成分でかぶれや頭痛の軽い症状を起こすこともありますし、発ガン性も指摘されています。利尻ヘアカラートリートメントでは使用されていません。

次に、パベランという成分も使われていません。これも皮膚障害を起こす可能性があったり口内摂取をしてしまうとムカつきや嘔吐、発熱をすることもあります。他にもエデト酸三ナトリウム、パラフィン、香料が使われていません。これらは喘息、発疹を起こす可能性や血圧降下・肝臓障害を起こす可能性のある危険な成分です。これらの危険な成分は意外とヘアカラーに入っていることが多いのですが、利尻ヘアカラートリートメントにはこれらの成分は一切入っていません。

利尻ヘアカラーが使っている成分は天然由来のものが多くあります。しかし、人によっては天然由来の成分にもアレルギー反応を起こす人がいます。先ほど書いたジアミンという成分の症状に似た成分が入っていますので頭皮トラブル起こすこともあります。利尻ヘアカラートリートメントは無添加であり天然由来の成分が多いヘアカラートリートメントですが、咲穂とも書いたように天然由来の成分でもアレルギー反応を起こす人はいるので心配な人はパッチテストをしてから使用するのが一番いいでしょう。特に敏感肌や乾燥肌の人はパッチテストをするのをお勧めします!

それでは次に利尻ヘアカラートリートメントの口コミについて調べてみました。とある頭皮の弱い方がパッチテストをした後に使ってみたところ特に異常は出なかったそうです。ボトルが少し使いづらく、片手で扱うのが大変みたいです。しかし、くせ毛の方だとそれがさらに助長されることもあるそうです。染まり具合は時間をきちんと取って染めるときちんと染まるようです。口コミではまさに賛否両論という感じで、よく染まり使いやすいという方もいますし、全く染まった気がしなくてボトルも使いにくいという方がいます。しかしざっとみた感じだと賛成派の意見の方が多く、少し工夫して使うと染まりやすいという意見が多くありました。(シャンプーの前の乾いた髪に使う)

そして多くあった意見が回数を重ねると染まり具合が上がっていくという意見でした。一番最初に染めた時はあまり染まらないことも多いようです。しかし色が抜けるのは早いみたいです。まとめてみるとこのような意見が多かったように思いますが、皮膚に異常があったという意見はほとんどありません。やはり無添加である利尻ヘアカラートリートメントの安全性はとても高く、使う側も先にパッチテストなどをしていれば、安全に使うことができます。

それでは次に利尻ヘアカラートリートメントの使い方について紹介していきます。利尻ヘアカラートリートメントのおすすめの使い方があります。ボトル本体には「シャンプーのあと、水気をよくきり、白髪部分にたっぷりとなじませます。10分程度置いたらしっかりとすすいでください。」と書かれてありますが、上の口コミの時にも書いたようにこの方法では、初回の人などは特に一回では染まり切りません。その上コツを掴まないと生え際まで染まり切りません。

利尻ヘアカラートリートメントを上手に使いこなすためにはまず、シャンプーをする前の乾いた髪に万遍なくトリートメントをつけます。そしてそのまま20分から30分放置します。これは人によってはもっと長く放置しなければあまり染まらないこともあります。初めて使う方は長めに放置するのがいいでしょう。時間を置いた後はそのままお風呂に入って色水がなくなるまで髪をすすいでシャンプーとリンスーをしてドライヤーで髪を乾かします。この手順でやるとうまく髪が染まるようです。髪をきちんと洗ってから髪を染めた方がよく染まるとイメージする人も多いようですが、実際には乾いた髪にやる方がよく染まるのが現実みたいです。

最後に、ついでにパッチテストの方法も載せておきます。まず二の腕の内側に塗って乾かし、その後48時間放置しておきましょう。利尻ヘアカラートリートメンではそれを使うたび、毎回行ってくださいと書いてあります。アレルギー反応とは前回は平気で今回も絶対に平気ということはないからです。本当に肌が弱く心配な人は大変でもできる限りパッチテストをすることも大事な予防になります。