初心者がでもビットフライヤーを使いこなせ。これからはじめる仮想通貨投資のやり方。

初心者がでもビットフライヤーを使いこなせ。これからはじめる仮想通貨投資のやり方。

はじめに

口座を持ち、いざ仮想通貨投資に挑戦といきたいところですが
その前に、口座開設した取引所の使い方について知っておく必要があります。
私は、実践型ととりあえずやってみるというのも一つの方法ですが
仮想通貨は値幅が広いので一瞬にして資産をなくすことも不思議ではありません。
ですから、自信を持つまでサイトをチェックする必要があるのです。

慣れるための方法

金融機関から入金して、早速コインを買いたい所ですが
その前に、初めは少額投資をおすすめします。
無くなったとしても痛くもかゆくもないと言った金額が良いでしょう。
コインを買った瞬間、どこにどのような表示をされるのかをチェックできます。
このような事を数回繰り返すとだんだん慣れてきます。
どのボタンをクイックすれば買えるのか、売れるのか、タイミングも、どのタイミングで
売買するのかが分かってくるのです。
一番大切なのは、そうすることで気持ちが落ち着くという事です。
仮想通貨取引に限らず投資はいつも平常心でなくてはなりません。
当たり前だろうと聞こえて来そうですがこれが本当に難しいのです。
いざやってみると焦ってしまったり、ストレスが溜まったり
いつもの自分を見失なって、気が付いたら資産が底をついてしまった方は
とても多いのです。
仮想通貨取引で大きな利益を上げた方でさえ、初めは何度も痛い目に遭っていて
そういった経験を乗り越えて利益を上げているのです。
ですから、間違っても初めから全額投資などのリスクの高い事は避けるべきでしょう。

ビットフライヤーでまず確認すること

ビットフライヤーには、販売所、取引所、FXなどがあります。
販売所は、ビットフライヤを相手にコインの売買をします。
確実に売買が出来る事がメリットです。
実際の金額よりも高く、売るときは安く売らなければなりません。
取引所は、個人同士のやり取りです。
板というものがあり、買いたい人の値段と売りたい人の値段が常に掲示されています。
買いたい人の値段と売りたい人の値段が一致したとき売買が成立します。
メリットは販売所よりもお得に売買できることです。
デメリットは、個人間の売買なので値段が一致しなければ売買成立にならない可能性や
売買まで時間が掛かってしまう事があります。
また、初心者は売買の速さに驚いてしまい誤発注してしまうケースもあります。
慣れるまでは少額で売買しましょう。
FXは、仮想通貨取引の中でもさらにリスクの高い投資になります。
自分の資金よりも多い売買が可能です。
例えば10万円の資産があれば普通10万円分しかコインを買う事が出来ません。
しかしFX10倍にすると100万円の取引が出来るようになります。
よって上手くいけば利益も10倍ですが失敗すれば損失も10倍になってしまうので
注意が必要です。
ビットフライヤーには、ライトニングというツールがあり
FXは、そのツールで行います。
ビットフライヤーのライトニングは少し他のツールと変わっていて
取引量を音で知らせてくれます。
取引量が多い時は音も大きくなります。
取引が頻繁になると目ではとても負えなくなるくらい早くなるので
音で知らせていれるのは、とても助かるツールです。
画面の色も黒なので落ち着いて取引が出来るのではないでしょうか。
デメリットは、初心者には難しいです。
表示がとても多いので使いこなせるまでがとても大変です。
また、使っているパソコンが古かったり、性能があまり良くなかった場合
動作がとても重くなり操作が出来ないといったことも注意が必要です。
しかし、初心者であればライトニングを使わなくても、取引所の簡易的な板で十分取引可能です。
そこで、取引の腕を磨いてコンスタントに利益が出るようになった頃
ライトニングに挑戦しても良いのではないでしょうか。