保育ひろば ~登録した後の電話は本当にしつこいのか?~

保育ひろば ~登録した後の電話は本当にしつこいのか?~

現在はインターネットで気軽に就職や転職活動ができるようになりました。その中でもある職業に限定したサイトも多く登場しています。
保有資格の中でも離職率や転職率が多い職業として挙げられるのが保育士です。過酷な勤務内容に対して給料が低いなど、保育士に対する接遇改善が国をあげて行われています。
働きやすいと思う条件は人それぞれです。その人の性格やライフスタイルに合わせて、なるべく希望とマッチングした職場を探したいものです。しかし自力で希望条件に合う園を探すことはなかなか至難の技です。子供がいたり、現在別な園で働いている場合はなおさらでしょう。
その時に活用してほしいサイトの一つに「保育ひろば」があります。

【保育ひろばの概要】

保育ひろばはその名の通り、保育士や幼稚園教論など保育に関わる人のための転職支援サービスサイトです。
保有求人数は4万件以上にのぼります。その中から本人の希望や適性に合う職場を地域専属のコンサルタントが紹介してくれます。
すべてのサービスは無料で利用することができ、登録をすればサイトに掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。
地域担当のコンサルタントは、エリア特性を熟知した経験豊富な人たちばかりです。様々な事情でなかなか就職に対する行動が取れない人にも、その人に合わせた就職支援をしてくれます。
また一般的にはなかなか相談できないような内容のことも、コンサルタントには本音で伝えることができます。勤務時間や休日、給料などといったことから、園の雰囲気や人間関係など 、求人情報だけでは分からないような部分まで、本音で教えてくれます。
「転職はまず悩むことから始まる」という保育ひろばの考えがもとになっていて、求職する人の悩みにとことん付き合ってくれるのか保育ひろばの利点です。

【登録から利用までの流れ】

保育ひろばは園や企業側から手数料をもらって運営されています。したがって利用者に料金がかかることは一切ありません。
保育サービスへの登録方法は二つあります。フリーダイヤルの電話で申し込むことが一つ目です。受付時間は平日のみの9:30~20:30です。
もう一つはサイト上で申し込む方法です。こちらは24時間いつでも登録が可能です。保有資格を選択→正社員・パートなどの希望雇用形態を選択→転職を希望する時期を選択→生年月日を入力→氏名と住居のエリアを選択→最後に電話番号とメールアドレスを入力して登録完了です。
サイト上では色々な条件に絞って求人を検索することができます。「イベントの多い少ない」であったり「ブランク歓迎」などといった項目まで用意されています。
実際に載せられている一つ一つの園に対する情報はかなり詳細です。興味を持った園に対しては、より詳しいレビューを電話で問い合わせることができます。問い合わせたからといって、必ずその園に面接を申し込まなくてはいけないというわけではありません。気軽な気持ちでコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

【実際しつこい電話があったりしないのか?】

登録してみたはいいものの、頻繁に担当者から電話がかかってくるのは気が引けたりするものです。子育て中でタイミングが悪かったり、今勤めてる園に内緒で転職活動してる場合は、しつこい電話は迷惑になることもあります。
保育ひろばの実際のサービスの流れは次のような感じです。
まず無料登録が済むと担当のコンサルタントからヒアリングの電話がかかってきます。実際どのような条件で探しているのか?希望の働き方はどのようなものか?などを細かくヒアリングしてくれます。その聞き取りをもとに合いそうな求人を紹介してくれます。
その中から希望に沿うものがあれば、面接や見学の日程を間に入って調整してくれます。自分で行う必要はありません。また給料や勤務時間など、なかなか直接言いづらいような交渉ごとも担当のコンサルタントが代わりに行ってくれます。
縁があって転職が決まった後も、何か悩みや相談がある場合は担当のコンサルタントが聴いてくれます。「決まった、はいサヨウナラ」ではないアフターケアがしっかりとされているのです。

では実際に担当コンサルタントからの電話の頻度はどのぐらいなのでしょうか?
保育ひろばのコンサルタントは一様に熱心な人が多いようです。利用者にとって少しでも良い就職先が見つかるよう力を尽くしてくれます。
あとはその担当者さんの性格によるものもあるのですが、1日に数回電話をかけてくる方もいれば、ある程度の条件がまとまってからかけてくる担当者さんもいるようです。
また人気のある求人はすぐに応募が殺到してしまうので、突然かかってくる電話も多いでしょう。このマメな連絡を好意的に受け止める利用者もいれば、できればもう少し自分のペース合わせてほしいと思う人もいるでしょう。その場合は事前にしっかりと自分の意思を担当者に伝える必要があります。
より具体的に「電話は一週間に一回にしてください」であったり「何時から何時までの電話は避けてください」「基本的にはメールでのやり取りだけにしてください」など、事前に連絡頻度の条件をお互いにもうけることで、電話のしつこさから解放されることはできます。

【どうしても合わないと思ったら】

それでもやっぱり担当者とのタイミングが合わない、なかなか希望の条件が見つからないなどを感じた場合は、担当者を変更することもできます。言い出しにくいかもしれませんが自分の将来がかかっていることなので、遠慮する必要ありません。
美容室でもマッサージでもそうですが、どんなにいい人でも相性というものがあります。向こうもプロですので、そのことでいちいち何かを言われることはありません。
また電話やメールで簡単に退会することもできます。退会したい旨を伝えるだけで必要以上な引き止めが行われることはありません。(理由を聞かれることはありますが)

以上保育ひろばの登録までの流れや、しつこい電話があるのか?ということについての話をしてきました。
「餅は餅屋」と言います。夢をもって取得した資格を生かすためにも、是非一度その世界に特化したサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。 

保育ひろばカテゴリの最新記事