仮想通貨未経験だけどビットフライヤーを始められる?勿論です!始め方を一から紹介します♪

仮想通貨未経験だけどビットフライヤーを始められる?勿論です!始め方を一から紹介します♪

仮想通貨の代名詞といえばビットコインですが、時代の波に乗り遅れないよう自分のビットコインを持ちたい、そう思うこともきっとあるでしょう。

そんなときにおすすめなのがビットフライヤーです。

・ビットコインを始めるならビットフライヤーがおすすめな理由

ビットフライヤーは国内の取引所の中でも老舗であり、SMBや三菱、GMOなど名だたる大企業から出資を受けているという社会的に信頼度が高い取引所です。

更に世界最高ともいわれている認証局である「DigiCert(デジサート)」の証明書の採用や、不正に日本円が出金されてしまった際などに二段階認証を済ませたユーザーへの500万円までの補償など、そのセキュリティやサポート体制も万全です。

これらのことからビットフライヤーがおすすめなのです。

・メールアドレスだけで簡単!ビットフライヤーの始め方

ではそんなビットフライヤーの始め方ですが。仮想通貨や投資などに明るくない場合、難しいのではと不安に思ってしまうこともあるでしょう。

実はビットフライヤーは始めるだけならばメールアドレスがあればすぐに口座を開設することができるのです。

まずはビットフライヤーの公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンをクリックしましょう。

FacebookやYahoo!ID、Googleでも作成が可能ですが、それらに登録しているアドレスにアカウント登録確認のメールが届くというだけですのでメールアドレスを直接入力したほうが何かと安心です。

アカウント作成をすると、登録したメールアドレスに「アカウント登録確認メール」が届きます。
そのメールに記載されている「キーワード」をコピーし、公式サイトに戻り貼り付けましょう。利用規約など4つの項目を確認し、ひとつひとつチェックをしたら「ビットフライヤーを始める」ボタンをクリックです。

これでビットフライヤーへの登録が完了しました。

・これだけではだめ?ビットフライヤーの本当の始め方はこれから!

メールアドレスを登録したことで、ビットフライヤーのアカウント作成は完了しました。しかしメールアドレスのみのこの状態は「ウォレットクラス」と呼ばれる状態であり、ビットコインを保持することはできても売買はできません。

ビットコインを売買したいのであれば、「トレードクラス」になるために個人情報を登録して本人確認をする必要があります。

公式サイトにログインすると、ホーム画面の右側に「ご本人情報のご登録」「ご本人確認資料のご提出」「お客様の取引目的等のご確認」という項目があります。それらを一つずつこなしていくことで、ビットコインの売買ができるようになるのです。

・まずはここから!本人情報登録と確認書類の始め方

まずは本人情報を登録します。画面に沿って氏名、性別、生年月日、住所、電話番号を登録していきましょう。
間違ってしまうとアカウントが利用できなくなる恐れもありますから、しっかりと確認しながら作業をします。

次に本人確認書類を提出しましょう。

提出できる書類は運転免許証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、顔写真付きの住民基本台帳カード、カード型の健康保険証や共済組合会員証、紙の健康保険証、年金手帳、福祉手帳、発行から6ヶ月以内の印鑑登録証明書、住民票の写し、在留カード、特別永住証明書となっています。

非常に多くのものが確認に利用できるため、自分の都合の良いものを選びましょう。
本人確認書類は写真を取ってファイルを提出する形になるため、細部までしっかりと写真に残せるものを選ぶのが良いですね。

あとは「お客様の取引目的等のご確認」から職業や利用目的を入力して完了です。
数日足らずで書留郵便が郵送され、トレードグラスにアップグレードされます。

・ビットフライヤーの始め方はこんなに簡単!

ウォレットクラスとトレードグラスがあるなど、ビットフライヤーの始め方は少し手間がかかる部分もないとは言い切れませんが、ひとつずつきっちり行っていけば思った以上に簡単に始めることができます。

アカウント作成だけであればメールアドレスがあればすぐに行うことができますので、まずはアカウントを作成してみるところから始めてみてくださいね。