仮想通貨取引所で2番目に口座取引するとしたらどこが良い。体験談をもとに紹介します。

仮想通貨取引所で2番目に口座取引するとしたらどこが良い。体験談をもとに紹介します。

仮想通貨取引を行いたい方へ

今年から仮想通貨投資をしたいと考えている方は多いと思います。
その際に必要なのは仮想通貨取引所に口座開設を開くことです。
初めて口座開設を開く際に重要なのはセキュリティーの高い取引所を
選ぶことが良いとされています。
実際、どの書籍やサイトを見てもセキュリティーの重要さは
共通しています。
最近、日本でもコインチェックの事件がありました。
この事からも分かるように危険な取引所は海外だけではなく
日本でも安心できないという事が分かるはずです。
ですから、おのずと最初の選ぶべき取引所は絞れていくでしょう。
ある程度仮想通貨投資に慣れ、本格的に取引をしたいと思っているからは
他の取引所の口座開設を考える事でしょう。
なぜなら、安全性の高い取引所は手数料やスプレットが意外に高いことが
多いためです。
今後、仮想通貨が一般的に利用されるようになり、投資者も増加すれば
大手の取引所も手数料なども安くなると考えられますが、
それは、まだまだ先の事であり、仮想通貨で利益を出すには
出来るだけ早くからの投資が有利になります。
そういった事で、2番目の口座開設はとても悩むところになってくるのです。

2番目の取引所の選ぶ基準

今までは初心者という事も有り、攻めの投資は避けていた面があると思います。
しかし、これから積極的な投資を進めるに当たりどんなことを基準に考えて
いかなければならないのかを紹介します。
まず、何をやりたいのかを決めておくことは大切でしょう。
一番、良くないのは漠然と仮想通貨取引に入ってしまう事です。
仮想通貨投資は、乱高下が激しい投資です。
利益が出る時はとても良いですが、下がった時は一瞬で資産を失います。
そういった意味でも、生半可な気持ちでは利益を取る事は
難しいと考えておかなければなりません。
利益を出すためにはまず、どういったスタイルで仮想通貨取引をしていくのかを
ハッキリ決めそのスタイルに合った仮想通貨取引所を選ぶべきなのです。
仮想通貨を現物で売り買いをしたいのであれば、スプレットは少ない取引所を選ぶべきです。
スプレットというのは、売り値と買値の差の事です。
余りにもスプレットが大きいと利益が余りでない事が多く
折角コイン自体の値が上がったとしてもスプレットの差が邪魔をして
約定したら損をしていたということも珍しくないのです。
ですから、スプレットが出来るだけ狭い取引所をおすすめします。
現物ではない所ではFXもこのケースに当てはまります。
現物とFXの差は売りから取引を仕掛けられるという事です。
一般には、安く買って高い所で売るのですが、高い所で売って、安い所で買い戻すことができるのは
FXの特徴です。
しかし、その分とてもリスクが高くなるので、投資者はかなりの覚悟を持っての
取引になります。
そのほかにも、あるコインに特化した仮想通貨取引所など特徴がある取引所は
日本でも増えてきました。

一番何が大切か

仮想通貨取引に置いて一番大切なのはやはりリスク回避です。
どんなに良い取引所に口座開設したとしても、いい加減な気持ちで居たら
たちまち資産を失う事になります。
2番目の口座開設を持ちたいという志が高い投資者は、
プロのトレーダーと同じような緊張感を持つことが重要です。

利益の可能性

2番目の口座開設をし、仮想通貨業界が今まで以上に伸びてくれば
やはり納得する利益は出ると予想できます。
投資者の投資金やスタイルにもよりますが2倍、3倍という可能性は
比較的考えられる数字だと言われています。
2018年に全体的に2倍ほど上がっています。
これから、本格的に仮想通貨投資をされたいと考えている方は、
今まで以上に仮想通貨に対する勉強を怠らず、利益を出せるよう願っています。