仮想通貨取引ビットフライヤーの私が感じたこと

仮想通貨取引ビットフライヤーの私が感じたこと

私現在、複数の仮想通貨取引所の口座を開設していますがメインで使用しているのがBitFlyerであります。

★なぜBitFlyerをえらんだのか

ビットフライヤーを選んだ理由は、口座開設当時あまりアルトコインがにぎわっていなく、”仮想通貨=ビットコイン”というイメージだったので、数ある取引所を私なりにいろいろ調査を行いました。その中で、ビットコインの1日の取引量やユーザー有数・セキュリティの観点からビットフライヤーを選択し、口座開設を行いビットフライヤーで取引を行いました。

★開設までの流れ

仮想通貨と言われていますが、現物の現金で購入する為入力する項目は多くあり、記載するのは大変でありますが一回きりですのであまり深く考えず行って頂けたらと思います。また、ご自身の資産を守る為ですのでしっかりとした情報を記載することが大切かと思います。

★入金・出金

私は、ネットバンキングからの送金を行っているので入金をしたいときにわざわざ銀行に行く必要性がないので入金作業自体はあまり苦になりません。普段は、入出金自体は銀行が空いてある時間なら1~2時間程度でビットフライヤーの自分の口座に反映します。しかし、連休明けや・多くのユーザーの入金等が重なる場合は、普段の時間より倍の時間や次の日の入金になり少しタイムロスがあります。出金自体はの操作も簡単で最短であればその日中に銀行に着金することが出来ます。

★セキュリティに関し

ビットフライヤーは、インターネットが繋がっている物(スマートフォン・パソコン)などからアクセスすることが出来ます。その際にインターネットから使用する場合はしっかりとhttps:を使用しており、ユーザーがいっぺんにアクセススない限り遅くなったりなどはありません。しかし、多くのユーザーがアクセスを行うと一部繋がりにくいことやサーバがダウンしてしまい、アクセスすることが出来なくなります。その際の復旧作業が少々遅い為一時的に取引が出来なくなることがあります。

また、スマートフォンもパソコンもですがしっかりと二段階認証があり、ログインする際に登録したスマートフォンに二段階認証の番号通知や出金する際へ二段階認証があります。それに伴いログインをなどを行うと、登録したメールアドレスにログインしましたと通知が送付されてくるので不審なログインなどすぐにわかるようになっているので安心です。

★ビットコイン販売所

ビットフライヤーでは、ビットコイン販売所とビットコイン取引所があります。二つの違いは、販売所はビットフライヤー社を通してビットコインの売買が行われます。それは、基準となる中値がありそこから手数料を含む、購入価格と販売価格があります。ただし、指値が使用出来ないのでリアルタイムの価格での売買に成ります。

★ビットコイン取引所

ビットコイン取引所は、上記のビットコイン販売所とは違いユーザー間での取引になります。ユーザー間の取引に成りますので指値を行う事ができ、いくらで購入やいくらで売却など設定することが出来るので働いている方などに非常にいいと思います。また、取引所自体のビットコイン取引量も多いのでしっかりと購入することも出来ます。

取引所の機能として、チャット機能があります。多くのユーザーがチャットを行いながら取引を行っており、ユーザー間の情報交換や予想などを行っているので初めの方は勉強になると思います。

私も経験がありますが、購入した金額から上がったから売却するなどしているとその価格しか見ていない為その価格単体であれば資産が増えたことになりますがしっかりと手数料などを計算し売却しないと少しあがったから売却するなどしていると手数料で総資産がマイナスになる可能性があるので気を付けなければいけません。

★パソコンでの操作

ビットフライヤーのパソコンでの操作は非常にしやすいです。私も複数の仮想通貨取引所の口座を持っておりますが、私なりに一番使用しやすいと思います。表示画面のトップページにはビットコインの現在の中値や各アルトコイン保有の場合は各アルトコインの資産が各それぞれで表示されるのでどの仮想通貨が上がっているかなど一目で分り易くなっている為一覧として非常にみやすくなっております。しかし、年間の資産損益や1日の損益などはクリックを3回くらい行わないといけないので少しめんどくさいです。

★スマートフォン

スマートフォンのアプリは、アンドロイド・アイフォン両方に対応しており、上記で記載した年間損益や月間損益・日時損益などすぐに確認できるような拝領が行われており非常にみやすくなっております。しかし、パソコンとは違い、各それぞれの資産がわからず総資産のみの表示となっているので多くの仮想通貨を保有しているユーザーは少々スマートフォンは見えずらい可能性があります。

★総括

全体的な使用方法や画面の見易さ(スマートフォン・パソコン)は他の取引所と比べると非常に視やすくなっています。