仮想通貨は入金が面倒だと思っていませんか? 初心者向けの取引所であるビットフライヤーの入金方法を教えちゃいます!

仮想通貨は入金が面倒だと思っていませんか? 初心者向けの取引所であるビットフライヤーの入金方法を教えちゃいます!

仮想通貨の取引を始めるには、まずは口座を開設する必要があります。その次が取引所への入金となりますよね。入金をしないと、ビットコインなどの仮想通貨を購入する事が出来ないので、これでは取引で儲ける事が出来ませんよね。

そこで、初心者向けのビットフライヤーの入金方法をお教えしていきます。

●ビットフライヤーの入金方法は難しいの? それとも簡単なの?
入金方法はとても簡単なのですが、株やFX等の他の投資や初心者で入金経験が少ないと、慣れるまでは面倒に感じるでしょう。しかし、入金のコツさえ掴めば、スグに要領を得られるので安心して下さい。

ビットフライヤーの場合は入金方法を三通りに分類できます。
 ①銀行ATMやコンビニATM、コンビニ専用端末での入金
 ②スマホやPCからのクイック入金
 ③コンビニのレジで入金

●クイック入金の解説!
一般的には②のクイック入金が主流ですが、①や③を利用する人も多いです。クイック入金というのは、ネットバンキングを意味して、これはビットフライヤーの仮想通貨取引だけでなく、株やFXなどの証券会社や業者の間では一般的に使われています。最大の特徴は、入金がリアルタイムとなり、自宅やスマホなら外出先でも入金が可能となります。

注意点は一点のみで、それは手数料が324円掛かります。

●ATMや専用端末利用の入金の解説!
続いて、①の銀行ATMやコンビニATMでの入金となります。銀行ATMを利用すると、ビットフライヤーの振込先銀行(三井住友銀行または住信SBIネット銀行)のどちらかに入金する事となります。入金額や利用しているATMによって、手数料が変わりますが、最大でも500円前後となります。

また、一部の銀行ATMやコンビニ専用端末だと「ペイジー決済」も可能となります。これはどの銀行やコンビニでも対応している訳ではありません。ざっくり言うと、銀行は大手都市銀行中心で、コンビニはセブンイレブン以外と覚えておきましょう。

このペイジー入金も手数料は324円となります。

●コンビニのレジ入金の解説!
もし、セブンイレブンや或いは他のコンビニが自宅近くにあって利用したいなら、③のコンビニレジでの入金方法を選びましょう。これは通常のレジ支払いと同じ要領なので、ある意味では一番分かり易いですね。手数料は324円となります。

●ビットフライヤーの入金法の補足!
これらの入金方法で分かり辛いのが、銀行ATMやコンビニでの入金方法となります。

まとめると、銀行ATMとコンビニでも二通りがあります。
 ・銀行ATMを利用するなら
   ①通常入金
   ②ペイジー入金

 ・コンビニを利用するなら
   ①ATM、又は専用端末を利用したペイジー入金 
   ②コンビニのレジ入金

銀行ATMの場合、通常入金ならどこの銀行を利用しても問題なく可能となります。ペイジー入金の場合は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行など利用可能な銀行が一部のみとなります。しかち、地方銀行なども多く可能となっていますし、ネットバンクの楽天銀行などもATMではなくネットバンキングですが対応しています。

コンビニの場合は、ATM・専用端末・レジで入金可能となります。面倒な点としては、ATMの場合は銀行ATMと同じになり、専用端末だとペイジーになるので、可能なコンビニは以下の通りとなります。
  ・ローソン、ミニストップ:Loppi
  ・ファミリーマート:Famiポート
  ・サークルKサンクス:Kステーション
  ・セイコーマート:クラブステーション
以上の専用端末を利用する事で、入金が可能となります。

これらのコンビニ以外でセブンイレブンなどを利用するなら、最初からレジ払いとなります。

●ビットフライヤーの入金方法のまとめ!
ビットフライヤーの入金方法は様々な方法があるので、便利な反面で面倒で複雑なのは事実となります。よって、もし初心者が最初に覚えるなら寝っとバンキングのクイック入金を利用する事をおススメします。

また、ビットフライヤーは、三井住友銀行または住信SBIネット銀行が振込先となるので、こちらの銀行で口座開設をしてネットバンキング対応にすると大変便利となります。手数料なども無料となるので、ぜひ覚えておきましょう。