他業種からIT業界への転職

他業種からIT業界への転職

この数年、転職する人の数がとても増えてきいます。これは一種の社会現象とも言える現象かもしれません。今までの価値観では、就活後、内定を取り付け入社したなら、定年退職後まで同じ会社に勤めるということが当たり前の感覚でしたが、今では、60歳の定年を待たずに転職する中高年さえ増えてきています。

ましてや、入社して2、3年目で転職する若い世代も数多くいます。理由は人それぞれありますが、転職人口が増えていることは間違いありません。また、企業側も大手の会社でも、積極的に中途採用を受け入れる所も出てきました。1人でも多くの優秀な人材を確保するためです。

世の中はまさに、企業側も労働者側も、新しい環境、新しい環境、人材を求め始めています。このような社会的背景の中で最も熱い業界はIT系の業界かもしれません。この業界は常に新しい技術が導入されて、新しいビジネスモデルが、産み出されています。

それだけに従来の発想だけではカバー対応しきれない面もあり斬新なアイデア持っている人がこの世界に身を投じて来ることがあります。また、システムエンジニアやアプリ開発者やWebデザイナー等の転職希望者後を絶ちません。それだけ、この業界では多くの人が参入しているのです。

●慢性的な人材不足のIT業界

IT業界が、これだけ転職希望者の注目を集めているのか、そして、積極的な中途採用面取り込んでいるのか?それは、IT系の仕事スタイルが、とても現代的にスマートなビジネススタイルを持っていることや、これからもITのニーズが留まることを知らず、拡大基調にあるからもしれません。

ここで言う現代的なスマートなビジネススタイルとは、IT企業で働いている人の外見上の姿を指しているわけではありません。無駄なことを極力省き、合理的且つ効率的な仕事の進め方を指しているのですが、このようなスタイルは、IT企業のみならず、一般の企業でも「働き方改革」という考え方の下に、取り入れられていようとしてきます。

このよつな動きはIT企業は、世の中のトレンドを先駆けて、ひろがっていますし、その他の企業もIT設備を駆使して、効率化を進めています。この動きを支援する使命を帯びているのが、IT企業なのです。転職を考えている人々は、IT企業の動きに、大きな期待感を抱きながら、再就職を目指そうとしているのかもしれません。

●IT企業への転職するために

しかし、IT企業への転職者の中には、必ずしも経験者ではない人も少なくありません。今まで全く異なる他業種から転職を希望する人も多いのです。製造業からの転職。食品業界からの転職。あるいは,流通業からの転職。

IT企業は、ある意味、技術者集団の集まりでもあるのですが、果たして、全く異なる業種・業態からの転換が実現可能なのでしょうか?

●未経験者でも転職可能なIT企業

この業界への転職の実態を見ると、前職でシステムエンジニアやWebデザイナー、プログラマーの仕事に携わってきた人々が、再就職をすることが多いのですが、それが全てではありません。

確かに未経験者の中には、IT企業に転職してから、エンジニアやデザイナーに必要なスキルを1から勉強したり資格取得を目指して、働きながら頑張っている人もいます。その一方で、エンジニア等の職種ではなく、営業としてスタッフとしてIT企業に再就職する人もいるのです。

●業界のブロを欲するIT企業

それは、色々な業界に精通した人材をIT企業が求めているからだと思われます。現在、ビジネス業界では、業務効率化のために、社内のIT化は避けて通ることができません。そのIT化を支援するのが、IT企業であることは、前述の通りです。

そのためには、IT企業では他業種に精通した人のノウハウやスキルが必要なのです。各業界の特性を理解しておかないと、業務効率化を支えるIT設備の設計や導入支援ができないからです。したがって、他業種からIT業界への転職は決して難しいことではないのです。

●IT業界への転職先の成功させるために

但し、転職を成功させるためには、面接を受ける前に事前に準備しておかなければならないこともあります。それは、今までの仕事の棚卸しです。前職で蓄積した経験やノウハウ、スキル、あるいは人脈までも振り返って、棚卸しをしてリスト化しておく必要があります。

その目的は、転職したいIT企業で、どのような貢献ができるかを明確にするためです。相手は、あなたの業界のプロとしての見識を評価してきます。そのためには、今までの仕事の経験を振り返り、自分の強みをしっかりと認識しておくのです。

そうすることで、転職先での活躍も自ずからイメージさせることが簡単にできますので、IT企業への再就職のハードルはかなり低くなってくるはずです。

IT企業への転職は決して難しいことではありませんが、事前の構えは。必ずしておく必要があるのです。そうすることにより、初めて転職が実現するのですから。