リクナビNEXTにて東京エリアで採用担当の未経験に応募した

リクナビNEXTにて東京エリアで採用担当の未経験に応募した

・転職について

今私はとある企業で採用担当として日々業務を行っております。少しだけ私の話をいたしますが、今に会社にいきつくまでに2社経験をしており、採用業務は未経験でした。学生時代から起業をしたいと考えており、自分で食べていけるだけの力を身につけたいと考え、ITスキルと営業スキルを身につけていきたいと考え1社目に入社しました。そして社会人になり初めて分かったことが、話題の多くは会社の愚痴でした。私はそんな話題ではなく、会社をどうしていきたいか等前向きな話をしたいと考えております。ただ、そこで直面している問題に気付きました。それは、多くの人が会社に入社した理由は特になく、なんとなく働いているということです。ならば、その会社に入社したいと考え、企業もそのような考えの人を取っていくことで会社にとっても働く人にとってもWIN-WINな関係を築いていきたいと思い、採用担当をしております。

前段が長くなりましたが、転職活動をするうえで、なぜその今の会社や現状を変えたいと考えているのか、どうしたらそれを解消できるのかをしっかりと考えて活動を行うことが大切だと私は考えております。転職は人生の一大イベントであり、その人の人生のターニングポイントではないでしょうか。漠然と今の環境を変えたら何かが変わると思い活動すると、同じことの繰り返しになってしまう可能性が高いと思います。それを一般的には転職活動の「軸」と言われるものを固めて動かれるときっと転職は上手くいくと考えております。

・リクナビNEXTの活用について

転職活動を行ううえで、その方法はいくつかあると思います。例えば、リクナビNEXTのようないわゆる「広告媒体」、「紹介会社」、「知人紹介」、「ホームページより検索して直接応募」などがあげられます。その中で、リクナビNEXTは私も転職活動で活用をしておりました。リクナビNEXTは求人数が多くあり、それだけ自分でチャンスをつかみ取りにいける可能性が多くあると思います。私の場合は、採用担当を未経験でもやらせてくれる企業に絞って検索をかけて、よいと思った企業の求人情報をすべて見ました。

ただ、リクナビNEXT以外もそうですが、広告媒体はすべて自分でよいと思う企業を探しにいくことが前提になります(例外的なスカウトメールについては後述いたします)。そのため、前述いたしました転職活動の「軸」が定まっていない場合は企業が多すぎで行きたい企業を探すことが難しいと思います。ただ、「軸」が定まっている場合は、リクナビNEXTは企業の選択肢が膨大にある「可能性の宝庫」になると思います。そのためにも「軸」をまず固め、それを元にリクナビNEXTで面接を受けたい企業を探していくことが転職活動成功の鍵ではないか考えております。

・企業選びについて

具体的にリクナビNEXTでの企業選びの方法について体験と普段の業務を元にお話しをいたします。企業選びについて、「軸」が重要と度々述べておりますが、どうやって企業を検索するかです。私は絶対に譲れないポイントが3点ありました。1点目は「採用担当業務ができること」、2点目が「未経験から挑戦ができること」、最後3点目が「東京での勤務」でした。1点目と2点目については最初に述べている通りで、3点目については自宅が関東圏のために自宅から通勤できる場所を絶対条件にしておりました。というのも、給与は企業を見るポイントとして私は外していたため、全国転勤や東京以外のエリアにいきそのための引越し費用などは計算に入れたくないと思ったからです。

登録情報を入力後はエリアを東京・神奈川に絞り、「採用担当 未経験」などのキーワード検索で企業を探しました。ただ、未経験からの採用担当者あまり求人自体が少なく、すべての求人情報を見ることができる程度でした。そこで、働くイメージを持てる企業にはエントリーをして結果を待つという繰り返しをすることになりました。

・スカウトメールについて

リクナビNEXTの活用において、自分から起業を探すだけではなく、スカウトメールも活用方法として有効です。スカウトメールとは、自分の経歴に興味を持ってくれた企業からメッセージを受け取れる機能のことです。例えば、20代で営業職として働いていたとして、20代~30代でBtoCの営業経験者が欲しいという企業が、その条件を見て、面接に来てほしいとメッセージを送ります。そのため、その企業が求めている条件にあっているため、面接でもマッチがしやすいといわれております。ご自身で探すのは大変だったり、「軸」はあれどそれに合致する企業に辿りつけないという問題を解決してもらえる可能性があります。

ただ、私も経験をしましたが、気をつけていただきたいこととして、スカウトメールが1日に多数届きます。そのため、それらをすべて見て、ご自身でも企業を検索していると、時間が足りなくなると思います。そのため、行きたいと思える企業をまずはご自身で検索して、そこで見つからない場合や、空き時間に少し見るというように上手く活用していかないと、情報過多になり疲れてしまうと思います。

・リクナビNEXTのよさ

リクナビNEXTの活用についてお話をいたしましたが、実は私は今の企業にはリクナビNEXTを利用して入社したわけではありません。転職活動で最初に活用したのはリクナビNEXTでしたが、結果内定をいただける企業がなく、他の手段を利用して今の企業に入社いたしました。ただ、リクナビNEXTは求人企業数がとにかく多いです。ニッチな業界や業種でも少なからず求人はでています。まずはリクナビNEXTを使って転職活動を行われることがよいかと思います。そこで上手くいかなければ他の手段も検討すればよいと思います。大切なのは、転職活動の手段ではなく、「軸」になると考えております。急がば回れという諺がありますとおり、最初に時間をかけてでも、「なぜ転職するのか」「転職後どうなりたいか」を考えていただければと思います。