リクナビNEXTで大阪府内の転職活動をしました

リクナビNEXTで大阪府内の転職活動をしました

大学を卒業した後、アパレル関係の仕事に就きましたが仕事のやりがいを見出すことができずに2年で退職をしました。そんな私が次にどんな仕事をしたいのか?まだ目標が定まっていない中、とりあえず転職活動をしなくては実家にいても肩身が狭いということもあり始めた転職サイトへの登録はリクナビNEXTでした。初めて行った転職活動の記録をこれから転職活動を行う方にご紹介したいと思います。

1、リクナビNEXTに決めた理由

転職活動を行うにあたり、ふと頭によぎったのは新卒時にも利用した就活サイトでした。当時は、マイナビとリクナビの両方を登録して求人情報を探していました。今回も転職活動ということでどこかの求人サイトに登録をしようと思った時、ふと頭によぎったのは「リクナビNEXT」でした。というのも、転職活動をするように決めてからテレビコマーシャルでリクナビNEXTを見かけることが増え、次第に親近感が湧いたことや新卒時代にも利用していたリクルート会社が運営するサイトであったたため他のどのサイトよりも短に感じたことが理由でした。

もちろん、リクナビNEXT以外にもマイナビ転職やDODAにも登録をしてみたいのですが、求人情報の見易さや頻繁にメールで求人情報をくれるという点で私のフィーリングにあったのはリクナビNEXTでした。結局、日に日に登録していた転職サイトからのメールもうんざりするようになり退会していくうちにリクナビNEXTだけが残っていたという状態でした。

2、リクナビNEXTの良い点は?

リクナビNEXTを利用していて良いと思った点は、頻繁に求人情報をメールでくれるところでした。最初は自分で希望する勤務地や職種をカテゴリーから選んで1件1件気になるところをクリックしてページを閲覧していたのですが、30分もネットで求人情報を閲覧すれば目が疲れてきますし、集中力も切れてしまい結局1日に求人情報を閲覧できる時間に制限がありました。そんな時に、リクナビNEXTは登録していた情報を元に自分にあった求人情報を自動で選んで定期的に私の登録したメールアドレスに配信してくれるサービスがありました。

そのため、見落としていた魅力的な企業を知ることができましたし、実際に面接にまで足を運ぶことができた企業にも出会えたこと、転職活動をサポートしてくれる存在としてとても優秀でした。勤務地とは全く見当違いなところや希望していない職種への求人情報を紹介してくるようなサイトもありましたが、リクナビNEXTはこのような無駄な情報提供はなく、精度の高い期待している情報を届けてくれるのでとても重宝していました。

3、求人数の多さが業界ナンバーワン

リクナビNEXTを選んで本当に良かったことは求人数が多いため、検索をかけた時にヒットする求人数が豊富なところが嬉しかったです。案外他のサイトと掛け持ちで登録をしている時に、リクナビNEXTだけにしか掲載されていない企業と出会うことができた経験が多くありましたのでやはり各企業からも信頼が厚いような気もして、このような求人数の多さが次第に他のサイトを利用しなくてもリクナビ NEXTで調べたらほとんどの求人が出てくるからでした。

4、業界別の市場分析が的確

興味のある企業を見つけてた後、ホームページを閲覧したり求人情報をや口コミなどを参考にしていましたがなかなか面接で使えるようなネタがないことが私の悩みでした。学生時代なら事前に就職説明会などがあったので面接に挑む前から一度は企業と接点があり、この就職説明会で気づいたことをネタに面接に挑むことができましたが、転職活動ではいきなりエントリーをしてそのまま面接ということがザラだったのでネタ作りに困りましたが、リクナビNEXTでは市場ごとの求人情報の動向や業界別の分布図などそれぞれの業界がにない社会への責任と仕事のやりがいや今後の展望なども含めた情報を掲載してくれているページやセミナーが開講されているためちょっと就活が行き詰まってしまった場合でも、情報収拾することができる環境が揃っているので、とても参考になりました。

5、オファーがくるから嬉しい

リクナビNEXTを利用して驚いたのは、登録している情報を企業側が閲覧しくれているため、企業側からエントリーの最速のようないわゆる「転職オファー」のメールが届くことがありました。自分たちからエントリーしなければ扉が開かれないのが通例の就活ですが婆によっては企業側からオファーが届くので最初は驚きましたがこのような制度はリクナビNEXTでしか経験がないのでとても就活がはかどりました。そのため、より細かくWEB履歴書の登録内容をチェックするようになりました

6、リクナビの登録した情報が面接で使用してもらえる

実際にリクナビNEXTから面接に進んだ時、事前にエントリーの際に提出したWEB履歴書を印刷したものを採用担当者が机の上に並べているのを目にしました。私が持参した履歴書だけでなく、リクナビNEXTで記載した内容も面接の材料として使用いただけるほどリクナビの記載ページに関する信頼が厚いものだと感じました。

7、まとめ

転職活動を通じていちばん私にあっていたサイトはリクナビNEXTでした。それは複数のサイトを登録、比較したからこそ気づけたことでした。これから転職活動をする人もきっとそれぞれのサイトで気づくことがあると思いますが、総合的に見てもリクナビNEXTが便利で使いやすいと思います。