ライザップ中の外食におすすめなジャンルの食事

ライザップ中の外食におすすめなジャンルの食事

ライザップに通ってるけど、外食に頼らなければならないという状況だったり、会社での食事の場があって、外食しなければならない、友達がなどと、ライザップに通っている方にとっては山のような邪魔が入ってしまいます。そんなときにおすすめなジャンルの外食を発表してみたいと思います。ここのこれがいいよと発表していたらキリがないので、ジャンルとして参考にしてください。そこに、注意点なども書いておりますのでそのあたりもしっかりと一言一句読み流してしまわないように参考にしてみてください。

■ライザップに通っている方におすすめの外食

  • 焼肉

とにかく、ライザップに通っている方ならば焼肉がおすすめです。たんぱく質も手軽に取れる上、カロリーもそれなりにおさえることができるからです。ただ、気をつけておきたいのがタレの存在です。タレつきのものを食べてしまうと、簡単に糖質の量がオーバーになってしまうことに注意です。そのあたりさえ気をつければ、カルビなども食べてOKです。とにかく筆者も外食といえば、焼肉に通っていました。他、アルコールには糖質が含まれているものもあるので、注意してください。また、スープなどを飲むときはわかめスープか卵スープですが、調味料に糖質が含まれている可能性があるので、なるべく避けておくようにしましょう。サラダについては、完全にキャベツオンリーです。そういうのも、にんじんなどが入っていると、これまた糖質が含まれているため、ライザップに通っているならば注意しておくべきです。

  • 焼き鳥屋

ライザップ中であるならば、焼き鳥屋もおすすめです。焼肉の項目をお読みいただいたならば、すぐに分かると思いますが、タレには十分注意するようにしてください。味付けは基本的に塩コショウです。また、塩分を摂りすぎてしまわないかと心配になるかもしれませんが、このあたりはさほど気にする必要がありません。そういうのも、ライザップのような食事をしていると、必然的に塩分が必要になりますので、むしろ積極的に摂取するようにしてください。そうしないと、めまいなどが出てしまうことも実はあります。

  • ファミレス

とにかく外食したいけど、ライザップの食事は守らなければならないという場合は、ファミレスも実はOKです。食べるものとしては、ステーキや鳥のソテーなどを選びましょう。ここでもやはり、タレには気をつけておく必要があります。また、ステーキを食べる場合は、にんじん、ジャガイモなどの糖質がてんこ盛りのものが含まれているため、そのあたりも気にかけておくようにしてください。サラダなどがありますが、ヘルシーだと思って、食べてみると、意外と糖質が含まれているものがファミレスには多いので、この場合は選ばない方が懸命です。なぜ、ここまで糖質に着目しているのかというと、ライザップでは禁止されているのはもちろんのこと、糖質を極限におさえることによって、ケトン体回路が活発になって、脂肪の燃焼がアシストされやすくなることから、このレベルでも筆者は警戒しております。

  • 飲み屋

意外とどこにでもあるような飲み屋もおすすめです。ただし、ここでは刺身があるようなお店です。外食にしてはちょっと高くつくかもしれませんので、ライザップに通っている方でも、もう少し経済面で余裕がある方におすすめしております。筆者はあまりお金がないので、ライザップに通っているときは大人しく刺身を食べるとしても自宅です。個人的なことはさておき、ドンドン紹介していきます。また、冷奴や浅漬けを食べていいなどと紹介しているサイトもありますが、騙されないでください。冷奴はそれなりの量を食べれば、余裕で糖質量がオーバーになってしまいます。浅漬けにしてもですが、素の成分を考えてみると多少なりとも糖分が含まれておりますので要注意です。

  • バイキング

これまた、ライザップ中に難しそうではありますが、しっかりと食べるものを選べばバイキングだっていくことができます。基本的に葉物野菜を選ぶようにしましょう。もしくは大根です。これだけ意識していれば、極限に糖質はおさえることができます。他、肉や魚をメインとして選ぶようにしてください。食べることができるものの幅は狭くなってしまいますが、どうしても行かなければならないというような場合は、こんな食事でもライザップは大丈夫です。場合によっては、イタリアンだとソースがけとかになっている場合もありますので、注意してください。また、肉と言っても、ハンバーグとなるとパン粉などを使っているところがほとんどです。外食ではなるべくハンバーグは避けて通るようにしましょう。

■ライザップ中の外食で避けたい食べ物

ライザップの本にもすでに書いてありますが、外食中に避けておきたい食べ物のおさらいです。改めて紹介しますが、炭水化物です。米、パン、パスタ、うどん、ソバ、にんじん、とうもろこし、大豆以外の豆、餃子、味噌汁、ラーメン、ハンバーガーなどはNGになります。さらに、芋、ウインナー(小麦粉が使われているものも)、ちくわ、大根以外の根野菜もライザップに通っているならば、外食では食べないようにしましょう。他、意外と注意できていないのがトマトやひじき、昆布です。大半の方が引っかかってしまうトラップなので、外食では本当にお気をつけください。言うまでもありませんが、ポン酢、味噌、みりん、料理酒、しょうゆ(少量はOK)、めんつゆ、などの類もかなり気をつけてください。

ライザップはこちらからお申し込みできます♪