プロアクティブはニキビ跡のケアや改善にも使える?

プロアクティブはニキビ跡のケアや改善にも使える?

プロアクティブはニキビに悩む方をケアしてくれる医薬部外品です。ニキビができている方をサポートしてくれます。

しかし、今できているニキビだけでなくニキビ跡に悩んでいる方もいると思います。プロアクティブな主にこれからできるニキビや今できているニキビをケアする商品ですが、ニキビ跡には効果があるのでしょうか。

●ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡といってもいくつか種類があります。ニキビができていた部位に茶色っぽいシミができていればニキビ跡の色素沈着です。

赤いニキビはアクネ菌が繁殖をして炎症を起こしている状態なのですが、炎症がひどいと活性酸素が発生をして、活性酸素のダメージから肌を守るためにメラニンが生成されます。メラニンが肌に沈着してしまうと、ニキビ跡の色素沈着ができます。

クレーター状のニキビ跡も炎症が原因です。炎症は真皮層にダメージを与えます。真皮層の回復には時間がかかり、定期的にターンオーバーを繰り返す表皮との間に差が生まれ、これによって肌の構造が崩れてしまいクレーター状のニキビ跡ができます。

ニキビの炎症のダメージを受けると、傷の修復のためにその部位に毛細血管が集まります。皮膚を通して血管が透けて見えると、ニキビ跡の赤みができます。

●プロアクティブがニキビに働く仕組み

では、プロアクティブなどのようにニキビに働きかけるのでしょうか。プロアクティブは3ステップでニキビをケアします。

ニキビの原因は毛穴のつまりなので、洗顔で汚れを落とすことがニキビ予防・改善のためには大切です。そのため、ステップ1では洗顔をして汚れを落とします。

プロアクティブの洗顔料にはソフトスクラブが配合されていて、古い角質や汚れを取り去ってくれます。サリチル酸配合でニキビができにくい肌へと整えます。

ステップ2では美容液でニキビ予防成分を肌に届けます。ニキビの原因菌のアクネ菌が繁殖しているのは毛穴の奥です。プロアクティブはスマートターゲットテクノロジーで、有効成分を毛穴の奥に届けます。

ステップ3では乾燥から肌を守ります。肌のベたつきがニキビの原因で、さっぱりしたケアが必要だと思っている方もいるかもしれませんが、肌が乾燥をすると古い角質がたまってニキビができやすくなるので、乾燥から肌を守ることもニキビケアには必要です。プロアクティブのクリームは内側から肌を乾燥から守ります。ビタミンC配合でニキビ予防と美白ケアを同時に行えます。

●ニキビ跡には効果的?

ニキビ跡を改善するためには、ニキビ跡の種類にあわせたケアが必要です。色素沈着の場合はビタミンCでケアをします。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制したり、メラニンを薄くする働きがあるのです。

プロアクティブの薬用クリームにはビタミンCが配合されていて、ニキビ予防と美白ケアを同時に行うことができます。ニキビ跡の改善には根気が必要ですが、ビタミンCが配合された化粧品を使用することで、ニキビ跡の色素沈着の改善が期待できます。

真皮層の回復には時間がかかるため、クレーター状のニキビ跡はセルフケアでの改善が難しいです。クレーター状のニキビ跡の場合は、皮膚科に相談をするとよいでしょう。自宅ではこれ以上ニキビを悪化させないようにケアをします。プロアクティブはニキビの悪化予防を手助けしてくれます。

赤みのあるニキビ跡の場合、時間が経てば自然と治ることがあります。新たにニキビができると治りが悪くなるので、プロアクティブでニキビ予防をするとよいでしょう。

●使い方が大切

ニキビ跡を悪化させないためには、プロアクティブの使い方が重要です。今あるニキビやニキビ跡の部位に刺激を与えると、ニキビが悪化をして新たにニキビ跡ができてしまったり、ニキビ跡の治りが悪くなる可能性があります。

3ステップすべてで肌をこすらないようにしましょう。肌をこすると刺激になって、メラニンの生成が促されてしまいます。

プロアクティブの洗顔料は泡立たないタイプです。泡立つタイプの洗顔料だと泡がクッションになって摩擦を軽減できるのですが、泡立たないタイプだと肌をこすってしまうことがあるので注意が必要です。

使用量が少ないと肌をこすってしまうので、適量を使うように気をつけましょう。洗顔料の使用目安量はスプーン1杯分です。マッサージをするように優しく洗顔をします。長時間洗顔をしていると肌への摩擦が増えるので、20秒を目安に洗顔をします。

洗い流す際にも肌をこすらないようにします。すすぎ残しがあると残った成分が毛穴につまってしまうので、最低でも20回は洗い流します。

3ステップでは洗顔の後に美容液とクリームでケアをするのですが、洗顔後に化粧水でケアをしても構いません。化粧水をつける際には、コットンよりも手がおすすめです。コットンは叩くときに刺激が加わってしまいますが、手なら摩擦を軽減できます。美容液やクリームも肌をこすらないように優しくつけましょう。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪