プロアクティブの洗顔料は泡立たない!使い方にはコツがある

プロアクティブの洗顔料は泡立たない!使い方にはコツがある

プロアクティブは3ステップでニキビケアをする薬用化粧品です。3ステップの1番目は洗顔なのですが、洗顔料が泡立たないためどのように洗ったらいいのか悩んでいる方がいるようです。

プロアクティブの洗顔料は使い方にコツがあります。では、どのように使ったらよいのでしょうか。コツは3つあります。

●力を入れない

プロアクティブの洗顔料は極小スクラブを配合している泡立たないタイプです。一般的な洗顔料はよく泡立ててから使用をするので、泡立たないことに疑問を感じるかもしれません。しかし、泡立たないような洗顔料なので、泡を作る必要はないのです。

洗顔をするときに気をつけて欲しいことは、力を入れ過ぎないことです。肌にはバリア機能があり、外部の刺激や乾燥から守ってくれているのですが、肌をこするとバリア機能が低下をしてしまいます。その結果、外部刺激に敏感になり、肌が乾燥しやすくなり、ニキビができやすい状態になってしまいます。

また、プロアクティブの洗顔料は極小スクラブを配合していて、古い角質を取り除いてくれるのですが、力を入れ過ぎてしまえばスクラブが肌を傷つけます。肌のバリア機能を守るために、力を入れずに洗うことがポイントです。

●力を入れないようにするには

泡立つ洗顔料の場合、泡がクッションとなって肌への摩擦を軽減してくれます。しかし、プロアクティブの洗顔料は泡立たないので洗顔をする際に力を入れてしまうことがあります。

力を入れないようにするためには、使用量を守ることと指の使い方が大切になります。1回の使用量はティースプーン1杯が目安です。少なすぎると摩擦が生まれてしまいます。

肌の上に広げたら、指の腹を使ってマッサージをするように洗います。指は肌の上を滑らせるようなイメージで動かしましょう。人差し指、中指、薬指の3本の指を使うと力を入れにくくなります。

●マッサージ時間は20秒程度

プロアクティブで洗顔をするときのコツ2つめは、マッサージをする時間は顔全体で20秒程度なことです。ニキビができる原因は毛穴のつまりなので、洗顔をして毛穴の汚れを取り除くことは大切です。洗顔時間が短いときちんと毛穴の汚れを落とすことができません。

しかし、汚れをしっかり落とすために長時間洗いたくなりますが、長く洗えばいいというものでもありません。洗顔時間が長いと肌への摩擦が増えて肌の負担になったり、肌に必要な潤いが奪われてしまいます。洗顔時間は短すぎても長すぎてもいけません。顔全体で20秒程度を目安に洗いましょう。

普段長時間洗顔をしていた方は、20秒は短く感じるかもしれません。20秒しかないから急いで洗顔をしたくもなりますよね。しかし、急ぐと洗顔が雑になってしまい、洗顔の際に力を入れてしまいやすくなります。丁寧に洗うことがニキビの予防につながるので、20秒間焦らず丁寧に洗ってください。

●しっかり洗い流す

プロアクティブの洗顔料を使う際の3つめのコツは、しっかり洗い流すことです。どのような洗顔料でもそうなのですが、すすぎ残しがあると残った洗浄成分が肌に刺激を与えたり、毛穴をつまらせてニキビを悪化させます。最低でも20回は洗い流しをしましょう。

泡立たない洗顔料は、もこもこと泡が立つタイプの洗顔料よりは洗い流しやすいかもしれません。数回すすぐだけでもきれいに洗い流せている気がすることでしょう。しかし、目には見えない洗顔料の成分が残っている可能性があるので、しっかり20回は洗い流すことが重要です。

けれども、洗い流し過ぎも逆効果です。何度も洗い流すことで肌に必要な潤いが奪われてしまいます。また、肌への摩擦も増えます。最低でも20回、多くても30回程度にしましょう。

●洗い流すときの注意点

洗い流すときにも肌に力を入れないようにしてください。特に男性に多いのですが、顔を上下にゴシゴシこするように洗い流す方がいます。このような洗い流し方は肌に負担がかかるだけでなく、上下にこすることでたるみやシワを作ることにもなります。

手のひらにお湯またはぬるま湯をためて、その中に顔を浸すようにすると力を加えずに洗い流すことができます。手のひらを顔に近づけたり少し離したりすると、水と顔の間で摩擦が生まれてすすぐことができます。

あごと髪の生え際は洗い流しを忘れやすい部位です。あごと額はニキビができやすい部位ですが、洗顔料のすすぎ残しがニキビの原因になっていることもあるので、特に丁寧に洗い流しをしましょう。

洗い流すときに使用するお湯は34度程度です。熱いお湯は肌に必要な潤いを奪ってしまったり、肌を傷つけるからです。逆に冷たすぎると皮脂汚れは落ちにくくなります。

●まとめ

プロアクティブの洗顔料は泡立たないので、上手に洗顔をするためにはコツがあります。少し意識をするだけで簡単に洗顔をすることができます。紹介した3つのコツを押さえて上手に洗顔をして、ニキビのない肌を目指してください。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪