プロアクティブの洗顔料でニキビの予防・改善

プロアクティブの洗顔料でニキビの予防・改善

ニキビを予防・改善するためには、洗顔をして汚れを落とすことが大切です。ニキビで悩んでいるようなら、ニキビ用の洗顔料を使って洗顔をするとよいでしょう。ニキビ肌のことを考えたケア商品が「プロアクティブ」です。

●洗顔が重要な理由

ニキビは毛穴がつまることでできます。過剰な皮脂分泌、不十分な洗顔、ターンオーバーの乱れ、肌の乾燥など、毛穴がつまる原因にはさまざまあります。毛穴のつまりが原因なので、洗顔をして毛穴の汚れを落とします。

毛穴に皮脂がつまると、初期は白ニキビという状態のニキビができます。このときにはまだ炎症は起こっていなくて、毛穴に皮脂がたまっているだけです。たまった皮脂が空気に触れて酸化をすると黒ニキビになります。

ニキビが炎症を起こすと赤ニキビになります。毛穴の中ではアクネ菌が繁殖をしています。炎症が長引くとニキビ跡が残る可能性があります。ニキビ跡を残さないためにも、適切なケアを早めに行ってニキビを治すことが大切です。

●プロアクティブの洗顔料の特徴

プロアクティブの洗顔料には3つの特徴があります。1つめはソフトスクラブを配合していることです。毛穴がつまる原因の一つが古い角質の蓄積です。肌の乾燥、ストレス、偏った食事などが原因で肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が蓄積をします。古い角質は毛穴の出口を防いでしまい、皮脂がたまりやすい状態になります。

古い角質はタンパク質なので、油性の汚れを落とすことが主な目的の洗顔料では落とすことができません。そこで役立つものがスクラブ剤です。スクラブの物理的な力で古い角質を落とします。しかし、スクラブ剤は固いため肌を傷つけてしまい、肌本来の力が低下をすることがあります。プロアクティブの場合はソフトスクラブを配合しています。肌に優しい特徴があり、古い角質と余分な皮脂を落とします。

2つめの特徴はサリチル酸を配合していることです。ニキビの原因菌がアクネ菌です。アクネ菌が繁殖をすると炎症が起こり、赤いニキビができます。サリチル酸には殺菌作用があり、ニキビの原因菌を抑制します。また、古い角質を柔らかくする働きもあり、毛穴のつまり予防にもなります。

3つめは保湿成分を配合していることです。ニキビは脂性肌にできるものという印象があるかもしれませんが、乾燥肌でもニキビができます。肌が乾燥していると古い角質がたまりやすく、たまった角質で毛穴がふさがれてしまい、わずかな皮脂でも毛穴がつまりやすい状態になります。

また、脂性肌の場合も肌表面はべたついていても、肌内部は乾燥していることがあります。洗顔で汚れを落とすことはニキビ予防や改善のために大切なのですが、必要な潤いは与える必要があります。プロアクティブには植物由来の保湿成分が配合されています。保湿成分の働きで洗顔後は肌がつっぱりにくいです。

●洗顔方法

プロアクティブはニキビのことを考えた洗顔料ですが、洗い方を間違えるとニキビの改善は期待できません。では、どのように洗顔をしたらいいのでしょうか。

洗顔前には手を洗います。手にはさまざまな雑菌や汚れが付着をしていて、その手で顔を触ると肌の刺激になります。石けんで手を洗ってから洗顔をしましょう。

プロアクティブの洗顔料は泡立たないタイプです。泡立つタイプだと泡がクッションになって洗顔時の摩擦が軽減されるのですが、泡立たないタイプだと洗顔時に摩擦が生じて肌の負担になることがあります。摩擦を防ぐためには、適量を使うことが重要です。プロアクティブの洗顔料は1回にティースプーン1杯が使用目安量です。

手に取りだしたら顔全体に広げて、マッサージをするように洗います。強い力でこすると肌の負担になるので、できるだけ肌に触れないように、肌の上を手を滑らせるように洗いましょう。洗顔時間は20秒です。長時間洗っていると肌に必要な潤いが奪われてしまいます。

洗い流しに使用するお湯の温度が高いと肌の潤いが失われるので、洗い流しには34℃程度のぬるま湯を使用します。洗い流す際にも肌をこすらないように気をつけてください。手のひらにお湯または水をすくい取り、そのお湯の中に顔を浸すようにして洗い流します。手は上下に動かさないでください。最低でも20回は洗い流しましょう。あごや額は洗い流し忘れをしやすい部位なので気をつけてください。

洗い流し終わったら清潔なタオルで水気を拭き取ります。このときにも肌をこすらないようにします。吸水性がよいタオルを使い、タオルを顔に押し当てるようにすれば、こすることなく顔を拭けます。洗顔を行うのは朝と夜の2回です。1日に何度も洗顔をすると肌の負担になるので、洗顔のしすぎは好ましくありません。

洗顔後には基礎化粧品を使ってケアをします。プロアクティブには、美容液や乳液などが用意されています。プロアクティブは3ステップでケアをすることが基本なので、これらを使ってケアをするのもよいでしょう。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪