プロアクティブの化粧水とはどんなもの?

プロアクティブの化粧水とはどんなもの?

プロアクティブは3ステップのニキビケアです。3ステップの中には化粧水は含まれていないのですが、実はプロアクティブの化粧水があります。では、プロアクティブの化粧水はどのようなものなのでしょうか。

●3ステップとは

プロアクティブは3ステップでニキビをケアします。

ステップ1は洗うです。ニキビの原因は毛穴がつまることです。皮脂や古い角質などが毛穴につまると、アクネ菌が繁殖をしてニキビができます。そのため、洗顔で汚れをきちんと落とすことが、ニキビの予防や改善につながります。

ステップ2は届けるです。繰り返しできるニキビに悩んでいる方は、肌が乾燥をして肌本来の力が低下している可能性があります。そこで、ニキビの予防や改善のための有効成分や保湿成分を美容液で届けてます。

ステップ3は整えるです。繰り返しニキビができることを防ぐには、肌の状態を整える必要があります。ニキビケアの最後のステップには、クリームを使って肌を整えます。

●化粧水の役割

普段のスキンケアでは、洗顔後にはまず化粧水を使用していると思います。化粧水は洗顔後すぐの肌につけることが重要です。

化粧水には水分と水溶性の美容成分を届ける働きがあります。最初にクリームを使ってしまうと、クリームの油分でその後に使用する水溶性の化粧水が弾かれてしまいますが、化粧水を最初に使うとその後に使用する化粧水の浸透を助けてくれます。

美容液やクリームに比べると化粧水は低くみられがちですが、このように化粧水には大切な役割があるのです。

●プロアクティブの化粧水とは

プロアクティブの化粧水には、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。グリチルリチン酸ジカリウムは敏感肌用の化粧品にも配合されることがある成分で、抗炎症作用があり肌荒れを予防してくれます。

ニキビの原因は毛穴がつまることですが、毛穴がつまる原因の一つが肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の滞りです。肌は約28日周期で生まれ変わっていますが、睡眠不足、ストレス、偏った食事などの影響でターンオーバーが滞ることがあります。

すると、古い角質が蓄積をして毛穴の出口がふさがれてしまいます。この状態でわずかにでも皮脂が分泌されれば毛穴がつまるので、皮脂分泌が少ない乾燥肌でもニキビができることがあります。

プロアクティブに配合されているターンオーバーを整える成分がグリコール酸です。グリコール酸にはピーリング作用があり、古い角質と取り去って肌のターンオーバーを整えます。

さらに、保湿作用がある植物性成分のハマメリスエキス、カモミラエキス、アロエ液汁も配合をしています。肌が乾燥をすると角質が肥大をして毛穴がつまることがあるので、ニキビを予防・改善するためには保湿をすることも重要です。脂性肌の場合も、保湿をして水分と油分のバランスが整うことで、皮脂分泌が治まってきます。

オイルはアクネ菌の好物でニキビを悪化させるのでオイルフリーです。アルコールも配合していません。ニキビができにくい処方です。

●使い方

ニキビを改善するためには、毎日の丁寧なケアが大切です。バシャバシャと適当に化粧水をつけるのではなく、丁寧にケアをしましょう。化粧水のつけ方には、手でつける方法とコットンでつける方法がありますが、ニキビができているときは手でつけるようにします。

コットンでつける場合、コットンの毛羽立ちが刺激になったり、叩くときにも刺激になってニキビを悪化させる可能性があります。誤ってニキビを潰してしまう心配もあります。そのため、手でつけるのです。手でつければ摩擦を防ぐことができ、肌の負担が軽減します。

適量を手に取ったら両手に広げて、手のひらで顔を覆います。手の位置を少しずつ変えて、顔全体に化粧水をなじませてください。化粧水でケアをしたら、プロアクティブの美容液を使用します。

●使い方の注意点

化粧水をたっぷりとつけると潤ったような気がしますが、肌がヒタヒタになるほどたっぷりと使う必要はありません。肌に水分を与えすぎると肌がふやけてしまいます。肌にはバリア機能があり、外部刺激から守ってくれているのですが、肌がふやけるとバリア機能が低下をしてアクネ菌に対抗する力が落ちてしまいます。

また、グリコール酸を配合していて、化粧水を与えすぎるとピーリング作用で肌の乾燥を進行させてしまう可能性があります。適量の使用なら問題ないのですが、使い過ぎは肌の負担になります。

使用期限にも気をつけましょう。どのような化粧品でもそうなのですが、開封後は酸素に触れたて化粧品が劣化してきます。酸化したものを肌につければ肌の負担になります。開封後は1~2か月を目安に使用してください。

化粧水は30日サイズ(60ml)と90日サイズ(180ml)があり、1~3か月ほどで使い切れるようになっています。高温や直射日光でも化粧品は劣化するので、冷暗所で保管をします。冷蔵庫に入れる必要はありません。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪