プロアクティブで男性のニキビをケアするときの注意点

プロアクティブで男性のニキビをケアするときの注意点

男性は女性に比べるとニキビができやすい傾向があります。しかし、ニキビができていてもケアを怠っている方が少なくありません。ニキビケアを怠っているとニキビ跡が残る可能性があります。

男性のニキビも女性のニキビもサポートしてくれる製品が「プロアクティブ」です。では、プロアクティブはどのように男性のニキビに働きかけてくれるのでしょうか。

●男性がニキビができやすい理由

男性がニキビができやすい理由は3つあります。

1つめは男性ホルモンの影響です。男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にしたり角質を肥厚させる作用があります。角質が肥厚をすると毛穴の出口が細くなり、皮脂がつまりやすい状態になります。この状態で過剰に皮脂が分泌されれば、毛穴がつまってしまいます。毛穴に皮脂がたまりアクネ菌が繁殖をすると、炎症を起こしているニキビになります。

2つめはヒゲ剃りです。ヒゲ剃りをするとヒゲだけでなく角質層まで削り取ってしまいます。角質層には肌を保護する働きがありますが、ヒゲ剃りの影響で肌を保護する力が低下をしてしまい、ニキビ菌に対抗する力が低下をします。

また、角質層には肌の潤いを守る働きもあるのですが、この働きも低下をしてしまうため、肌の乾燥が進行をします。肌が乾燥をすることで角質が肥厚する現象が起こり、毛穴が詰まりやすい状態になります。

3つめは保湿ケアが不十分なことです。男性は皮脂分泌が多く肌表面はべたつきやすいため、保湿ケアをしていない方が少なくないようです。しかし、肌表面はべたついていても肌内部は乾燥をしています。肌内部の潤いが足りないため、不足する潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されるのです。

皮脂分泌が多ければ毛穴がつまりやすくなります。また、肌が乾燥をしていると角質が肥厚をして、これも毛穴をつまりやすくします。

●プロアクティブで洗顔

皮脂分泌量が多い男性のニキビケアのポイントは、洗顔をして余分な皮脂を取り除くことです。しかし、男性向けの洗顔料は洗浄力が強かったり、さっぱりさせるためにアルコールを多量に配合していることがあり、肌の乾燥を進行させることがあります。乾燥が進めば角質が肥厚しやすい状態になります。

そのため、汚れは落としながらも肌の潤いを守ることが重要になります。また、ニキビの原因菌に働きかける成分が配合されていると、よりニキビへの効果が期待できます。

プロアクティブの洗顔料は、余分な皮脂と古い角質を取り去り、肌の潤いも守る働きがあります。ソフトスクラブが汚れをすっきりとさせて、植物由来の保湿成分が潤いを届けます。さらに、有効成分のサリチル酸も配合されています。サリチル酸にはニキビの原因菌を抑制する働きがあります。

●洗顔をする際の注意点

洗顔をする際にはいくつかの注意点があります。まず、洗顔時には肌をこすらないようにしましょう。肌をこすると肌を守っているバリア機能が低下をして、肌が乾燥しやすくなります。

上下にゴシゴシとこすってはいけません。適量を手に取りだし、マッサージをするように優しく洗います。手が顔に触れないように気をつけましょう。

洗い流しは最低でも20回行います。あごや額は洗い流しを忘れやすく、流し忘れることでニキビができるので、とくに注意をして洗い流します。洗い流す際もゴシゴシこすらないようにしましょう。手のひらに水をためて、その中に顔を浸すようにして洗い流せば、こすることがありません。

洗顔後には清潔なタオルで水気を拭き取ります。必ず清潔なタオルを使用してください。数日間使用したタオルには雑菌が繁殖をしていて、そのタオルで顔をふけば肌の刺激になり、ニキビを悪化させる原因になります。必ず洗った清潔なものを使用します。水気を拭き取る際には、タオルを優しく顔に押し当てます。決してゴシゴシこすらないでください。

●洗顔後のケア

普段、洗顔が終わったらそのままにしていませんか。洗顔後の肌はどんどんと水分が逃げていくので、何もしなければ肌が乾燥してきます。そのため、洗顔後にはすぐに保湿ケアをします。肌がべたつきがちな男性も肌内部は乾燥しているので、保湿ケアをしましょう。

プロアクティブは3ステップでケアをすることが基本です。洗顔後には美容液とクリームでケアをします。美容液もクリームもみずみずしいテクスチャーなので、男性でも使いやすいのではないでしょうか。

まずは美容液でケアをします。適量を手に取りだし、目の周りを避けて顔に広げます。美容液を塗るときには、顔をこすらないようにしてください。肌の上を手を滑らせるようにすると摩擦が軽減をします。

次にクリームでケアをします。クリームを使ってから美容液でケアをすると、クリームの油分で美容液の成分の浸透が妨げられるので、必ず美容液、クリームの順番で使います。

適量を手に取りだしたら、目の周りを避けて顔に広げます。このときにも肌をこすらないようにしてください。皮脂分泌が多いTゾーンは薄くつけるなど、肌の状態を確認しながら塗ります。このようなケアをしてニキビの改善を目指していきます。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪