プロアクティブでニキビを予防・改善するための使い方

プロアクティブでニキビを予防・改善するための使い方

ニキビに悩む方をサポートする薬用化粧品が「プロアクティブ」です。プロアクティブは日本売上NO1の商品です。プロアクティブでニキビをケアするためには、使い方にポイントがあります。間違った使い方をしているとニキビの予防や改善効果は期待できないのです。では、どのような使い方をしたらいいのでしょうか。

●ニキビができる仕組み

でも、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。ニキビができる仕組みを知れば、正しい使い方が見えてきます。ニキビができるのは毛穴がつまるからです。毛穴に皮脂がたまると白いニキビとなり、毛穴内部でアクネ菌が繁殖をして炎症を起こすと赤いニキビができます。黒いニキビは毛穴が開いて空気に触れて酸化したものです。

毛穴がつまる原因は、過剰な皮脂分泌、肌の乾燥、ターンオーバーの乱れ、不規則な生活、偏った食事などです。つまり、過剰な皮脂を取り除き、肌を保湿し、生活習慣を整えることが、ニキビの予防・改善につながります。

●洗顔方法

まずは洗顔をして肌に付着している余分な皮脂を落とします。プロアクティブのスキン スムージング クレンザーを使用します。一般的な洗顔料は泡立てて使用をするのですが、プロアクティブの洗顔料は泡立てずに使用をします。使用目安量はティースプーン1杯です。顔を濡らしたら手に適量を取り出し、顔に伸ばします。目の周りや口の周りは避けて、マッサージをするように洗います。

スキン スムージング クレンザーには、極小スクラブが配合されています。一般的なつぶつぶと大きなスクラブは肌を傷つけてしまい、肌の力を低下させます。肌がの力が低下をすれば、ニキビの原因となるアクネ菌に対抗する力が落ちてしまいます。一方、プロアクティブの場合は極小スクラブなので、毛穴の汚れを優しく落としてくれます。

しかし、極小でもスクラブは肌を傷つける心配があります。そのため、肌を傷つけないような使い方をしなければなりません。肌を傷つけないための使い方のポイントは2つあります。

1つめは適量を守ることです。使用量が少ないと肌への摩擦が大きくなって、肌を傷つけてしまいます。もう一つは強い力を加えないことです。汚れを落とそうとつい力を入れたくなりますが、力を入れると肌の負担が増えて傷つきます。肌の上を手を滑らせるように優しく洗いましょう。

汚れとなじんだらすすぎをします。熱いお湯は肌に必要な潤いを奪ってしまうので、ひと肌よりも少しぬるめのお湯ですすぎをします。すすぎ残しがあると肌に残った洗浄成分が毛穴につまってニキビの原因となるので、よくすすぎをしてください。

●美容液の使い方

洗顔後には美容液でニキビケア成分と保湿成分を肌に届けます。プロアクティブな3ステップでケアをするのが基本で、洗顔料、美容液、クリームの順番でケアをするのですが、美容液の前に化粧水でケアをしておいてもよいです。

美容液の使用目安量はパール1粒分です。適量を手に取りだし、目の周りを避けて優しくなじませます。最後に手のひらで顔を押さえることでなじみがよくなります。

美容液の使い方で気をつけて欲しいことは2つです。1つめは適量を守ることです。美容液は化粧水と比べると大量には使いにくいため、使用量が少なくなりがちですが、使用量が少ないと肌に広げるときに摩擦が生まれて肌が傷ついてしまいます。必ず使用量を守るようにしましょう。

2つめは強い力を加えないことです。美容成分を浸透させるためにすり込むように使うと、肌を守っているバリア機能が低下をしてしまいます。バリア機能が低下をすることで、アクネ菌に対抗する力が低下をしたり、肌が乾燥しやすくなります。肌の上を手を滑らせるようにすれば、摩擦が軽減して肌の負担が軽くなります。

●クリームの使い方

最後にクリームでケアをします。美容液が完全になじんでから使用をしましょう。ニキビで悩んでいる方はさっぱりした化粧品を好み、クリームは使用していないことがあると思います。しかし、化粧水や美容液だけのケアでは与えた潤いが逃げやすいので、最後にクリームの油分で潤いにフタをして閉じ込めます。肌が乾燥することで角質が肥厚をして毛穴の出口がふさがれ、ニキビができやすくなるので、クリームで保湿をしておきましょう。

使い方で気をつけることは使用量を守ることです。使用目安量はパール1粒分です。クリームはべたつくからと使用量が少ないと、クリームの保湿効果が十分に発揮されません。また、少ないと肌につけるときに摩擦が生じて肌の負担になります。一方、多ければ肌がべたつき毛穴をつまらせてしまうため、ニキビが悪化する可能性があります。ニキビの予防・改善のためには、適量を守ることが大切です。

クリームを顔全体に伸ばしたら、最後に手のひらで顔を押さえてなじませます。手の温度でなじみがよくなるので、手のひらを温めてから顔を押さえるようにしましょう。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪