プロアクティブが炎症を起こしているニキビに働きかける理由

プロアクティブが炎症を起こしているニキビに働きかける理由

ニキビが悪化をして炎症がひどくなるとニキビ跡が残る可能性があります。ニキビ跡ができてしまうと、セルフケアでは改善が難しくなります。こうなる前に早めのケアが重要です。

ニキビに悩む方をサポートする医薬部外品が「プロアクティブ」です。プロアクティブは炎症を起こしているニキビにも働きかけてくれます。

●ニキビの段階

皮脂の過剰分泌、角質の肥厚、不十分な洗顔などが原因で毛穴がつまることでニキビができます。初期は毛穴につまることだけですが、次第に悪化をして炎症を起こすようになります。ひどい場合は膿もたまります。

ニキビの初期は白ニキビという状態です。このときには、まだ毛穴に汚れがたまっているだけで炎症は起きていません。白ニキビが空気に触れて酸化をすると黒ニキビになります。このときにも炎症は起きていません。この段階から悪化をすると赤ニキビという状態になります。毛穴の奥でアクネ菌が増殖をして炎症が起こっています。

ここからさらに悪化をすると黄ニキビという状態になります。炎症が悪化をして黄色い膿が出てきます。アクネ菌はリパーゼという酵素を出して周りの組織にダメージを与えていきます。そして、周辺の毛穴が傷ついたり真皮層が傷ついてしまい、ニキビ跡ができる可能性が高くなります。

もっとも悪化した状態が紫ニキビです。膿と血液が混じって紫色になった状態で、ゴリゴリとしたしこりを感じます。もっともニキビ跡ができる可能性が高くなります。

ニキビ跡を防ぐためには、赤ニキビになる前にニキビを治すことが重要です。炎症を起こしている赤ニキビになってしまっても、正しい方法でケアをしてできるだけ早く改善をすることで、ニキビ跡が残ることを予防できます。

●プロアクティブがニキビに働く理由

では、プロアクティブはどのようにニキビに働きかけるのでしょうか。ニキビは毛穴がつまることが原因でできるので、まず大切なことは毛穴の汚れを取り除くことです。

プロアクティブの洗顔料は、マイルドスクラブ配合で毛穴の汚れや古い角質をすっきりとさせます。保湿成分を配合しているので洗顔後の肌のつっぱりを防ぎます。ニキビができているときにはさっぱりした化粧品を選ぶ方が多いと思いますが、必要なことは保湿ケアです。

さっぱりした化粧品では肌に必要な潤いを補うことができず、肌の乾燥が進行をします。肌が乾燥をすると不足する潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されます。肌表面は皮脂でべたついていても、肌内部は乾燥していることもあります。

大人ニキビの場合は肌が乾燥していることが原因であることが珍しくありません。大人ニキビの場合は肌を保湿して、肌本来の力を高めるケアが必要になります。

プロアクティブの美容液とクリームには保湿成分が配合されています。美容液は独自のスマートターゲットテクノロジーを採用して、有効成分を毛穴の奥に浸透させます。クリームはさらっとしたテクスチャーでべたつきが気になりません。これらを使って洗顔後の肌をケアします。

●炎症ニキビによい理由

プロアクティブの洗顔料、美容液、クリームには有効成分サリチル酸が配合されています。ニキビが炎症を起こすのは、アクネ菌が繁殖をするからです。サリチル酸には殺菌作用があり、ニキビの原因となる菌を抑制します。また、古い角質を柔らかくする働きもあるため、毛穴のつまりの予防にもなります。

美容液にはグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。グリチルリチン酸ジカリウムには炎症を抑える働きがあり、赤く炎症を起こしているニキビに働きかけてくれます。敏感肌用の化粧品に配合されることもある肌への刺激が少ない成分です。これらの成分が炎症を起こしているニキビに働きかけてくれます。

●丁寧なケアを

炎症が起きているニキビに刺激を与えると、ニキビの状態が悪化をしたりニキビ跡が残る可能性があるので、ケアをする際にはニキビにできるだけ刺激を与えないようにしましょう。

プロアクティブの洗顔料は泡立たないタイプです。泡が立つタイプの洗顔料なら、泡をたっぷりと作って泡をクッションのようにすることで、手がニキビに触れることを防げます。しかし、泡立たないタイプだと洗顔中ににきびに触れてしまう可能性があるので、洗い方には注意が必要です。

汚れを落とすためにゴシゴシ洗いたくなりますが、力を加えるとニキビを潰してしまうので、力を入れずに洗いましょう。1回の使用目安量はスプーン1杯分で、適量を守ることで肌への摩擦が軽減されます。長時間洗顔をしているとそれだけ肌に触れる回数が増えるので、長くても20秒以内に洗顔を終えます。

美容液やクリームでケアをするときにも、肌をこすらないように気をつけてください。使用量が少ないと肌に摩擦が生じるので、適量を守って使います。肌の上に手を滑らせるようにして、顔の中心から外側に向かって化粧品を広げていきます。ニキビができている部位は特に優しくケアをしましょう。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪