プロアクティブが乾燥肌のニキビに働きかける理由

プロアクティブが乾燥肌のニキビに働きかける理由

ニキビは脂性肌にできるものだと思っていませんか。確かに、皮脂分泌量が多いと毛穴に皮脂がつまってニキビができることがあります。しかし、皮脂分泌量が少ない乾燥肌でもニキビはできます。

ニキビが一度できるとなかなか治らなかったり繰り返しできたり厄介ですよね。そんな悩みを抱えている方をサポートするものが「プロアクティブ」です。プロアクティブは脂性肌のニキビにも乾燥肌のニキビにも働きかけてくれます。

●ニキビができる原因

ニキビができる原因は毛穴がつまることです。脂性肌と乾燥肌では、ニキビができるメカニズムに何か違いがあるのでしょうか。脂性肌は過剰な皮脂分泌によって毛穴がつまります。皮脂が多く分泌されているので乾燥とは無縁な気がしますが、実は脂性肌も肌内部は乾燥をしています。

肌の潤いは水分と油分がバランスととって保っているのですが、脂性肌は水分と油分のバランスが崩れています。不足している潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されるのです。その他にも、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、糖質や脂質の過剰摂取などでも皮脂が過剰に分泌されます。

では、皮脂分泌量が少ない乾燥肌はなぜニキビができてしまうのでしょうか。肌表面の角質層には、外部刺激や乾燥から守るバリア機能の役割があります。ところが、乾燥肌はこのバリア機能が低下をしていて、肌内部の水分が蒸発しやすく外部刺激に弱くなっています。角質層の水分が蒸発をすると角質層が固くゴワゴワとして、毛穴が細くなってきます。毛穴が細い状態でわずかな皮脂が分泌されると毛穴がつまってしまいます。

●乾燥肌のニキビケア方法

乾燥肌がニキビを予防・改善するためには、保湿をすることが重要になります。肌が乾燥をすると毛穴が細くなりつまりやすくなるので、保湿をして肌本来の機能の回復を手助けします。洗顔後に肌がつっぱることがありませんか。洗顔をすると肌にもともと存在している潤いが失われてしまうため、洗顔後に肌がつっぱるのです。

プロアクティブは乾燥肌にも対応をしています。プロアクティブの洗顔料には、保湿成分のブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキスが配合されています。保湿成分配合なので洗顔後の肌のつっぱりを予防してくれます。

洗顔後には洗顔によって失われた潤いを化粧品で補ってあげます。プロアクティブの美容液には、保湿成分のアロエ液汁とスイカズラエキスが配合されています。さらに、スマートターゲットテクノロジーにより、有効成分を毛穴の奥にまで浸透させる働きがあります。

与えた潤いは油分でフタをして閉じ込めます。美容液だけでのケアでは肌が乾燥をするので、最後にクリームでケアをします。プロアクティブのクリームには、保湿成分のブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキス、マルトース・ショ糖縮合物が配合されています。クリームはべたついて苦手な方もいるかもしれませんが、プロアクティブのクリームはさらっとべたつかない使い心地が特徴です。

プロアクティブの3ステップでは、洗顔、美容液、クリームでケアをするのですが、化粧水を使用しても構いません。化粧水には水溶性の美容成分を届ける働きがあります。プロアクティブの化粧水には、保湿成分のグリコール酸、ハマメリスエキス、カモミラエキス、アロエ液汁が配合されていて、水分のバランスを整えてくれます。

化粧水を使用することでその後に使う化粧品の浸透が高まるので、化粧水を使用するのであれば、洗顔後すぐが肌につけるタイミングです。その後に美容液、クリームの順番でケアをします。

●乾燥肌のスキンケア方法

ニキビを予防するために汚れは落としながらも肌の潤いを守ることが、乾燥肌の洗顔のポイントです。肌をゴシゴシこするとバリア機能が低下をして乾燥しやすくなるので、クルクルとマッサージをするように洗います。プロアクティブの洗顔料は泡立たないタイプなので、摩擦が起きないように優しく洗いましょう。1回の使用目安量ティースプーン1杯を守っていれば、洗顔時の肌の摩擦を抑えることができます。

汚れを落とすために長時間洗いたくなりますが、長時間の洗顔は肌に必要な潤いを奪ってしまうので、洗顔は20秒程度で終えます。すすぐ際に熱いお湯を使用すると肌の潤いが失われるので、ひと肌程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

洗顔後には肌の水分が急速に失われるのですぐに保湿ケアをします。プロアクティブの3ステップでは化粧水を使用しませんが、化粧水を使用するのであれば手でつけることをおすすめします。コットンは毛羽立ちや叩く刺激が加わるからです。手のひらに化粧水を広げて、顔を手で優しく包み込むようにして化粧水をなじませます。

その後に美容液とクリームでケアをしますが、このときにも肌をこすらないようにしましょう。クリームの使用量が多いと毛穴をふさぐ原因となるので、適量を守って使用をしてください。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪