ビットフライヤー以外の仮想通貨取引所も使ってみたい…アカウントを解約して退会するまでの手順は?

ビットフライヤー以外の仮想通貨取引所も使ってみたい…アカウントを解約して退会するまでの手順は?

ビットフライヤーを利用していたけど、他の仮想通貨取引所に興味が出てきた方もいるでしょう。
別にビットフライヤーのアカウントを消さなくてもいいように思われますが、放置しているアカウントが、もしハッキングの被害を受けてしまったら大きな問題です。
そこで、ビットフライヤーを利用しなくなったのであれば、退会の手続きを取りましょう。

一見すると、仮想通貨取引所の退会は難しいように感じられます。
しかし、ビットフライヤーではとても簡単な方法で退会が可能です。
退会に必要な手続きと、解約が完了する前に気を付けておくことについて紹介します。

ビットフライヤーから退会を行う方法は問い合わせフォームから

ビットフライヤーでは、退会を行うためには問い合わせフォームを使います。
マイページなどから退会ができるシステムは用意していません。

退会が必要と判断したなら、問い合わせフォームに入り、問い合わせ内容を「アカウント解約依頼」にします。
アカウント解約依頼以外の問い合わせに設定すると、アカウントの解約や退会は行われません。

解約依頼には、名前とメールアドレスの入力が必要です。
2つとも、アカウントに書かれているものと異なっていた場合は、アカウントの解約は行われません。
先にアカウントで書かれている名前とメールアドレスを確認しておきましょう。

そして、名前とメールアドレスを入力し、「口座残高が無いことを確認しました。」にチェックボタンを入れます。
このチェックが入っていないと、アカウントの解約ができません。

チェックの下には、通信欄が用意されています。
アカウントの解約依頼であれば、特に記載しなくても構いません。
何かビットフライヤーに不満があるようなら、不満に思っている内容を伝えてもいいでしょう。

ビットフライヤーの退会で気を付けたいポイントは口座残高

口座残高が残されていると、アカウントの解約はできず、ビットフライヤーから退会できません。
口座残高は、確実に0円にしておきましょう。
仮想通貨についても、保有していない状態で解約しなければなりませんので、仮想通貨も保有していないことを確認してください。

ビットフライヤーにある仮想通貨を日本円に戻して、その日本円が出金されない限りは、ビットフライヤーから退会できないと考えてください。
日本円が残されている状態でも、仮想通貨が残されている状態でも、退会は絶対にできません。
お金が残されているのであれば、先に出金対応を行い、現金をすべてアカウントから出してしまうのです。

時に気を付けたいのが、複数の仮想通貨を保有している場合です。
ビットフライヤーでは、ビットコイン以外にも、ライトコインやイーサリアムといった仮想通貨が購入できます。
複数の仮想通貨を保有している場合は、全ての仮想通貨を売却してから、アカウントの解約を行いましょう。

ビットフライヤーの手続きは決して難しくないので退会は簡単

問い合わせフォームを利用するだけなので、ビットフライヤーの退会は難しいものではありません。
面倒な手続きというわけでもなく、仮想通貨とお金が無くなっていることが確認できれば、自然とアカウントは削除されます。
アカウントが消えてしまえば、仮にビットフライヤーが問題を起こしたとしても、被害を受けることはありません。

退会の作業が面倒だと思っている方が中にはいるかもしれません。
しかし、ビットフライヤーから退会して、アカウントを解約していることで、不正に利用される可能性が失われます。
近年は仮想通貨取引所のハッキング被害が結構多くありますので、ビットフライヤーを利用しないのであれば1度退会をおすすめします。

なお、1度退会しても再登録は可能です。
同じ名義でのアカウント作成、そして同じ本人確認書類を利用して、ビットフライヤーのアカウントを作成できます。