ビットフライヤーの最新ニュース!業界に先駆ける2018年のビットフライヤーの動きを掴もう!

ビットフライヤーの最新ニュース!業界に先駆ける2018年のビットフライヤーの動きを掴もう!

仮想通貨業者の中でも大手で知られるビットフライヤー。口座開設するならまずここを検討する方も多いのではないでしょうか?口座開設にあたり、ビットフライヤーに関するニュースから仮想通貨とは何か知るのも一つの方法です。以下、2018年の最新ニュースとその解説をします。是非ご覧ください。

1 業界初!リアルタイム入出金に対応

2018年3月28日に、ビットフライヤーの会員向けメールで、このようなお知らせが飛び込んできました。

当社とじぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏木 英一、以下、「じぶん銀行」)は、2018 年 3 月 28 日より当社アカウントとじぶん銀行口座間で 24 時間 365 日(※1)即時に入出金ができる口座振替サービス「リアルタイム入出金(※2)」を開始いたしましたのでお知らせします。当社は、仮想通貨交換業者として初めてじぶん銀行と連携するサービスを提供することとなります。

これまでも、クイック入金という、ネット銀行やペイジー提携の金融機関から24時間365日受け付けるサービスはありましたが、日本円の入金から、ビットフライヤーの承認が完了しないとアカウントに入金が反映されませんでした。ネット銀行に分類される、KDDI運営のじぶん銀行とこの度、ビットフライヤーは新規に契約し、リアルタイムでの入出金が可能となりました。スマートフォンをauで契約するとじぶん銀行への申し込みはスムーズですので、auユーザー向けに利便性の高いサービスと言えます。

また、同時にこのようなキャンペーンも開催されていました。

キャンペーン期間:
2018 年 3 月 28 日~2018 年 4 月 24 日

キャンペーン内容:
じぶん銀行口座から bitFlyer アカウントへ「リアルタイム入出金」サービスを利用して 1 回で 5,000 円以上入金し、その後 bitFlyer でキャンペーン期間中に合計 5,000 円以上の仮想通貨を購入したお客様の中から、抽選で 100 名様に 5,000 円相当のビットコインをプレゼント。

リアルタイム入出金ができるじぶん銀の利用を促進し、取引量の増加をはかるものと思われます。auユーザーは仮想通貨の取引に興味があるとのアンケート結果でもあるのでしょうか?こちら、ビットフライヤーの新サービスとして要チェックですね。

2 ビットフライヤーのURLが変わってどっと混む?

それから、2018年5月2日の会員向けメールでは、このようなお知らせが飛び込んできました。

当社のグローバル展開に伴いウェブサイトのドメインを変更いたします。変更は一部のページから順次適用されます。

変更前のドメインに関しては引き続きご利用いただけますが、ページによっては変更後のドメインに自動リダイレクトする場合がございます。

変更前:bitflyer.jp
変更後:bitflyer.com
変更時期:2018 年 5 月 3 日以降順次

なんと、ビットフライヤーのドメインが変更されます。.jpから.comとなることで、海外展開を視野にいれた仮想通貨の事業展開となるようです。jpドメインも引き続き使用できますので、ユーザー側で特に対応は不要ですが、.comドメインとなると、海外ユーザーを取り込んだ新しいサービスも期待できるのでしょうか?

また、ビットフライヤー取引所に関するニュースも書かれていました。

なお、API のドメインである api.bitflyer.jp 等は、引き続きご利用いただけますのでご安心ください。(リダイレクトは予定しておりません。) 

こちらは、ビットフライヤーライトニングという、ビットフライヤーFX専用サイトになります。

https://api.bitflyer.jp

ビットフライヤーFXの取引をしたいユーザーも、引き続き安心して利用できるとのことです。

以上、ビットフライヤーの最新ニュースをご紹介しました。今後のビットフライヤーに注目できる内容といえますね。是非参考にしてみてください。