ビットフライヤーにおける、クレジットカードを利用した購入状況に関しての、全体的な概要

ビットフライヤーにおける、クレジットカードを利用した購入状況に関しての、全体的な概要

今回の記事の内容は、国内仮想通貨取引所の1つでもある、あのテレビCMやインターネット上にあるバナー広告でなどでもお馴染みのビットフライヤーにおいて、クレジットカードを利用した現在までに至る購入状況に関しての全般的な記述となっています。
正確に話すと、今年の3月9日から、クレジットカード利用でのビットコインをはじめとする仮想通貨類の購入が出来ないような同取引所側からの運営方針になっていますが、その理由などがあるはずですので、そうした詳細などについて今から見ていきます。

1.今年3月にビットフライヤーが、クレジットカードでの仮想通貨類の購入を禁止にした主な理由

これ自体はやはり、仮想通貨類が持つ特有な、価格の変動そのものの大きさが大きい事に事情があって、ビットフライヤーがクレジットカードを利用している顧客である利用者の方が返済が出来なくなる面を憂慮して、同カードでの購入を禁止にしたような形になります。
事実、相場変動面での短時間内における上下の度合いなどはFX程ではありませんが、全体的なチャート表上の年間規模での全体的な相場の変動の度合い自体が、株式をはじめとして他のどの商品よりも大きな特徴があります。
そうした面で、多額の投資をされている方であればある程、返済自体が困難になるといったケースも絶えなかった実態がありましたので、取引所運営方針の上での禁止に踏み切ったような様子です。

2.何故、クレジットカードを利用するとそのような資金返済不能な事態になるのか

これ自体の原因はやはり、仮想通貨自体が持つその独特な相場変化の特徴や通貨毎が構成をされている仕組み自体にも事情がありますので、そうした面を考えてみると、決してその取引をしている顧客である利用者本人のみのせいに出来たりする事が出来ない面もあります。
それでも元々は、その利用者本人が最初からクレジットカードを利用して通貨種類を購入しているといった事情がありますので、こうした点を考えると、事前予防としてのクレジットカード利用の全面的禁止といった、同取引所事業者による判断は賢明なものであったと判断が出来ます。

3.クレジットカード利用を禁止した場合に考えられるデメリットについて

もう既に、今年の3月9日の時点から、クレジットカード利用での通貨購入システム自体が、ログイン画面上から削除をされたりしているような状態になっていますので、特に利用禁止以後の面でのデメリットなどは無いようにも思えます。
事実、今までのクレジットカード利用の際では、ここのビットフライヤーでの購入取引の場合、クレジット決済分の手数料が独自に掛かったりしていたようなところもシステム上ありましたので、こうした今回の決済利用廃止の方針などは、そうした面でもメリットがあったような感じもします。

4.デビットカードでの決済は可能か

デビットカードの場合、今のところとしてはビットフライヤーが世に出しているVISAプリペイドカード以外は購入決済が認められていません。
そのため、これ以外のデビットカードは一切利用出来ないようになっていますので、この点に注意をする必要があります。

5.今回の記事でのまとめ

今年の3月上旬からビットフライヤーでの通貨類購入での決済面において、クレジットカード利用が禁止をされているような状態でもありますが、一番根本的なところと言えばやはり、仮想通貨類ならではのその相場の値動きそのものが、他の投資商品類では見られないもの、そして仮想通貨自体の構造内容や仕組みなどが独特であり、他の投資商品とは大きく異なるといった事情があって、誰もが中々相場を読み取れないといった点が、大きな要因でもあります。
そのため、多大なる財産上での損失を多くの利用者の方が受けやすいといった事情から、同取引所が利用禁止の判断をするに至ったという経緯です。