ビットフライヤーでの「ウォレット」の基本的な仕組みやその他、全般的な関連内容について

ビットフライヤーでの「ウォレット」の基本的な仕組みやその他、全般的な関連内容について

この記事においては、あの国内仮想通貨取引所の1つである「ビットフライヤー」で扱う「通貨ウォレット」に関しての、基本的な仕組みやその他、それらに関わる全般的な内容についての記述がなされています。
基本的にBTC(ビットコイン)・EHT(イーサリアム)・ETC(イーサリアムクラシック)・LTC(ライトコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)・MONA(モナコイン)・LSK(リスク)の7種類からなる仮想通貨をビットフライヤーでのウォレットでは保有対象資産として扱っているような設定になっていますが、実際の作成から取引に至るまで、全般的な概要について見ていきます。

1.ビットフライヤーで扱うウォレットの仕様設定について

やはり、日本国内をはじめとして世界中各地においてビットコイン市場の中心的な存在を早くから担ってきた中心的存在の仮想通貨取引所であるビットフライヤーですので、取引所の設定環境・構造・諸機能設置面などでの改良の積み重ねなどの歴史的経緯などは大変古く、アカウント開設面では優れたところと言えます。
そうした事情もあって、アカウント開設手続き完了の時点で、ウォレット自体がそのまま自動的に立ち上がるような仕様に設定がなされている仕組になってます。
その上で冒頭文後半部分でも話したように、7種類からなる仮想通貨類を扱う対象資産設定の内容になっていますが、同取引所ではこれらのものを効率よく売買しながら取引が可能になっていますので、それで得た収益を自動的に確保が出来る点でも大変便利なウォレットでもあります。

2.ビットフライヤーの取引所での売買は、ビットコインしか取引が出来ない

確かにここのビットフライヤー自体は、仮想通貨専門の交換取引所事業者になります。ただ、それでもビットコインとアルトコインの2つからなる販売所と、そして取引所の3つからなる通貨類の購入・売却が可能な売買システムが設置をしてあります。
それらのうちでも、先程挙げたビットコインを除く6種類からなる通貨類は、アルトコイン販売所のみでの購入・売却が可能になっていて、自動的に形成をされたウォレット内で相場の変化具合が確認出来るようになっています。

ただ、ビットコイン取引所においては、ビットフライヤーではビットコインのみが、取引対象物である仮想通貨になっていますので、この点に注意をしなくてはなりません。

3.現在保有している他社や海外各社の取引所との連携設定なども大変お勧め

実はここのビットフライヤーでは、同時に自分が現在使用している他社取引所のビットコインアドレスを、外部ビットコインアドレスの編集においての追加をしたりしておくと、そのままビットコインをはじめとする取引対象通貨類の移送・移動などを行えたりする事が可能な仕様になっています。
これなどは、他社取引所での収益バランスなどを図っていく上で大変お勧めな機能システムですので、大いに活用していく分の価値があります。

4.外部ビットコインアドレスの編集・追加をしておけば、多くの良い事があり

特に、ビットフィネックスやBinanceなどのような、扱う通貨類が膨大に取引対象通貨類としての設定がされたりしている海外取引所との連携の際には、こちらの外部ビットコインアドレスの編集・追加の機能などは大いに役に立ちます。
これらの海外取引所などで扱われる通貨類との売買交換なども可能になりますのでとても効率よい収益獲得面での配分調整などをしていけるようになります。

そしてここのビットフライヤーのウォレットではそのまま売買・交換での取引が可能になりますので、とても有意義な面があります。

5.まとめ

以上が、ビットフライヤーでのウォレットに関しての全般的な内容になります。
販売所と取引所との違い、BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSKからなる7種類の仮想通貨類を対象にした仕様設定、外部ビットコインアドレスの編集・追加を利用した他社取引所との連携、等々、本当に役に立つ便利な各システムが設置をされたりしていますので、本当に充実したところがまさに、ビットフライヤーでの良さです。