ビットフライヤーが実際に取り扱いを行う銘柄はどれくらいあるの?他の取引所より実は少ない傾向も

ビットフライヤーが実際に取り扱いを行う銘柄はどれくらいあるの?他の取引所より実は少ない傾向も

日本で一番有名な仮想通貨取引所と言えば、ビットフライヤーかもしれません。CMで多くの宣伝が行われていますし、不正などを行っていない仮想通貨取引所としては、一番信頼性も高いです。
悪い意味で有名なコインチェックとは異なり、健全で信頼感もあるという部分が、多くのユーザーから評価されています。実際に登録して利用している方も多くいます。

そんなビットフライヤーですが、どのような銘柄の取り扱いを行っているのか、現在扱っている銘柄について紹介します。

ビットフライヤーで扱われている銘柄はビットコインが主体

ビットフライヤーは、名前の通りビットコインを扱っている会社です。ビットコインキャッシュについても同様に扱われています。
ビットコインについては、仮想通貨取引所であれば間違いなく扱われている銘柄で、もはや仮想通貨の王様といってもいいでしょう。それくらい高い価値を持っていて、保有者も増加しています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して作られた仮想通貨で、ほぼビットコインと同じです。
分かれてしまった理由は、開発を行っていた人と、マイニングを担当している人の中で問題が起きたためで、政治的な部分が大きいです。
もし、ビットコインに不満を持っている方がいれば、ビットフライヤーでビットコインキャッシュの取引を考えてもいいでしょう。

ビットフライヤーの取り扱い銘柄にはイーサリアムもある

ビットコインに次いで、仮想通貨の知名度と市場価値を持っているのがイーサリアムです。
イーサリアムについては、イーサリアムとして表記されているものと、イーサリアムクラシックというものをビットフライヤーでは扱っています。

イーサリアムは、現在マイニングなどによって発行されている仮想通貨です。
ブロックチェーン技術、そしてスマートコントラクト技術に定評があり、ビットコイン以上に企業側が導入する可能性を持っています。

一方、イーサリアムクラシックというのは、過去に作られていたイーサリアムが、2016年の不正アクセス事件により、イーサリアムとは別物とされた仮想通貨です。
ビットフライヤーでは、イーサリアムクラシックについても取引を行っていて、現在のイーサリアムとは異なるチャートの動き方、市場価値で運用されています。

ビットフライヤーにあるその他の取り扱い銘柄もチェック

他にビットフライヤーが取り扱っているのは、モナコイン、ライトコイン、リスクの3銘柄です。

モナコインは、モナーをモチーフとして作られた仮想通貨で、国産の仮想通貨としても有名です。
元々は、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で利用されていたもので、市場価値は全くないものです。
しかし、運用を開始してから人気が出ており、現在日本ではモナコインの利用できるお店も登場しています。
それだけモナコインというのは、日本でも有名になりつつあり、ビットフライヤーでも取り扱いの多い通貨です。

ライトコインは、仮想通貨でも市場価値の高く、多くの方に保有されています。
マイニングが行いやすい利点を持っていることに加えて、ライトペイなどの登場による将来性が期待されています。
ビットフライヤーでも、ライトコインの扱いは多いです。

リスクは、あまり利用している人がいない仮想通貨で、ビットフライヤーでもマイナーな仮想通貨に該当します。
安い金額で取引のできる仮想通貨として、今後に期待が持てるかもしれません。

ビットフライヤーの取り扱い銘柄は実は少ない?意外な真実とは

ビットフライヤーで扱われている銘柄は、全部で7種類です。
しかし、コインチェックやzaifでは、より多くの仮想通貨を扱っていて、ビットフライヤーの取り扱い銘柄はあまり多くありません。
扱っている仮想通貨の種類だけなら、他の取引所よりも小さい会社なのです。

しかし、ビットフライヤーには信頼性というメリットを持っています。
この信頼性を武器にして、多くの仮想通貨を扱っている会社よりも、安心できる取引所として利用されるでしょう。