ビットコイン取引きの際での、各仮想通貨取引所にある日本円チャートの見方や活用方法

ビットコイン取引きの際での、各仮想通貨取引所にある日本円チャートの見方や活用方法

今回の記事では、ビットコインの取引きを実際に行う際での、国内にある仮想通貨取引所に設置されている日本円のチャート表の見方や活用方法の全般に関しての内容の記述がされています。
一見すると、単にビットコインの相場の変化を年間・月間単位周期で記したようなグラフや表に見えたりしますが、決してそれだけの活用をしていくためのものでは無く、今から行おうとしている将来的な取引きの際での指標的な活用をしていくための、貴重な参考資料といった事情について、なるだけ簡潔明瞭に触れたものになっています。

1.チャート表が、それぞれの仮想通貨取引所に設置してある意味について

これは実際にも特に、我が国内の仮想通貨取引所を日常的に利用をされたりしている方ならご存知な方が多いですが、大抵の国内取引所の場合には、日本円への換算チャート表を設置したところが大半です。
これ自体にはきちんとした理由があって、日本円への換算の場合には数値の単位が煩雑な故に、表を見る方が計算をし易いようにするといった意味と、日本円の場合での値動きのあり方をなるだけ分かりやすくしていくといった意味の両方があります。

要するに、今話したように数値の煩雑さがある故に、日本円換算の面で間違えにくくするといった意図で、国内の大半の取引所には設置がされているといった事情という事になります。

2.効率よい日本円換算のチャート表の活用の仕方

大抵のチャート表の場合、日本円単位仕様でありつつ、ろうそく足しの縦線グラフ様式で表記をされたりしている形がほとんどと言えます。
その上で、関数グラフ表記がなされているものが一般的な形です。

そして、多くの専門家の方個々人のやり方などにもよりますが、関数グラフ表記の波線沿いに、上下両側へ斜線をまっすぐ引いて、その線にグラフ線本体が触れるかどうかにより、相場の上下や売買のタイミングを判断するといった形になります。

3.同表を活用していく目的について

これも今の2.段落のところでも触れましたが、斜線を関数グラフ線の両側に引いて、上側の斜線に触れた場合には買い、下側の斜線に触れた場合には売り、といった感じで利用していく形ですが、その目的自体はやはり、短期での相場の変化が激しいといった事情から、中・長期トレードでの売買の周期単位での取引きを行う事をし易くしていくといった事にあります。
こうした面を考えてみると、ビットコイン自体はやはり、最低でも月単位での中・長期トレードでの取引きの形がのぞましい感じがします。

4.最長期単位でのトレードにも参考になるメリット

チャート表自体が月毎・年間単位で表記をされている点を考えると、やはり、年間単位での最長期でのトレードなどにも十分同表自体が対応出来るといった点に気が付きます。
ただ、具体的かつ詳細なろうそく足し上での値動きを直接具体性のある予測などをしながら、分析を詳細にしたりしていく事自体には正直、無理なところがある点は否めません。

そのような事情からやはり、売買・取引の計画を立てていく際に同表を利用していく際には、大まかに月単位での計画基準の立場を採りながら、その上で年間規模でのトレードを考えていく方がのぞましいと言えます。

5.まとめ

やはり、日本円での数値表記自体が煩雑であり、その最もな要因が数値単位の細かさが何処の国や地域よりもある事から、このような日本円への換算チャート表のシステムが、多くの取引所に設置をされるようになったといった事情があります。
そうした事からも、このような細かい桁数による数値単位といったあり方を踏まえても、今回の記事でのテーマでもあるチャート表の存在は不可欠と言えます。