ビットコインレバレッジとは、その意義や、このサービスでの取引をしていく上においての概要

ビットコインレバレッジとは、その意義や、このサービスでの取引をしていく上においての概要

今回の記事では、「ビットコインレバレッジとは」という言葉による質問に対しての回答といった意味でも、このサービスでの取引をしていく上での概要全般についての内容が書かれてあります。
レバレッジとはその呼び名の通り『テコの原理』といった意味になりますが、どのような感じでビットコインの取引きで扱う分の通貨額を、如何なるテコの原理からなるシステムで増やしていくのか、その仕組みや流れなどについての概要の内容となっています。

1.そもそもどのような「レバレッジ」か

現在の大抵の仮想通貨取引所で扱われるビットコインでは、レバレッジでの差金決済システムとしての設定は、5倍から25倍といったといった、レバレッジになっています。この点ではFXなどの場合とは、大して変わりがありません。

ただ、今回の場合はビットコインでのレバレッジシステムの話になりますので、1BTC単位あたりで大体80万円から100万円台の金額範囲での推移のケースが多い事情を考えると、90万円で5倍設定では18万円、25ばい設定では3万6千円、という具合に、レバレッジでの割合設定自体が高くなる程、証拠金が低額になり、それで1BTC分の売買が可能にある事になります。
つまり、25倍設定のレバレッジで、3、4万円程度の証拠金だけで、100万円近くの1BTCの取引が出来るという事を意味します。

2.テコの大きさ故に、考えられるメリットとデメリット

やはり、あのFXでのレバレッジシステムの場合と同じく、テコの大きさの度合いの故に、メリットとデメリットの両方がある事になります。

デメリットの面では、先の1.段落でも話したように、そのレバレッジ設定自体の大きさの範囲が大きめである故に、その分のマイナスの度合いが著しくなり、損失がそれだけに拡大してしまう事態を相場次第では招いてしまう恐れがある事です。
実際にも入力ミスや相場読み違えなどでの損失拡大などもありますので、要注意と言えます。
メリットとしては、これも1.の段落でも話した通り、レバレッジ設定の割合が大きい程、僅かな証拠金額での1BTCあたりの売買が可能な点です。

このように、ビットコインレバレッジとは、諸刃の剣としての面がある点が、大きな特徴でもあります。

3.手数料に関しての概要

それでは、このビットコインレバレッジでの取引決済時に掛かる手数料に関しての話になります。
このレバレッジサービスでの場合、FXの場合と同じくスワップ金利手数料が掛かります。しかし、我が国日本国内にある仮想通貨取引所では、大体0.04%、0.05%程度の割合設定がなされているような傾向があります。

このような計算でいくと、90万円の0.05%という形では、百分率をして450円分の手数料が掛かるといった結果になります。
つまり、90万円の1BTCあたりの価値があるビットコインの取引を、450円の手数料を取引所運営会社へ支払いながら取引をしているという形になる事が分かります。

4.レバレッジサービスを利用していく上での必要条件

通常での現物取引やその他の形態の取引方法などとは異なり、レバレッジ仕様からなる取引形態ですので、証拠金の用意がやはり、必須になります。
しかしこれはようく考えてみると、この用意しておくお金自体は元手の金額といった意味もありますので、これは当たり前の事と言えます。

ただ、現物取引である通常のビットコインの取引形態とは異なりますので、手数料が掛かる点を頭に入れながら取引をしていく心構えが大切です。

5.今回の記事から言える事

やはり、通常の現物取引などとは異なる、FX取引サービスでもお馴染みのレバレッジを利用したものになりますので、元手入出金といい実際の決済での場といい、手数料が必ず掛かる場合が多いので、この点を留意をしながら取引にのぞんでいく姿勢が必要なところがあります。