ビットコインの高値づかみが怖い人が、取引を「頭を使わず」に機械的に行う投資方法がある

ビットコインの高値づかみが怖い人が、取引を「頭を使わず」に機械的に行う投資方法がある

・ビットコインの買い時に悩んだら「積立」を考えてみる
ビットコインや仮想通貨の投資において、どの時期に通貨を買うかの判断に迷うことが多いです。
価格が低い時に買って、価格が高い時に売れば、それが利益になります。
しかし、そもそも今のビットコインの価格が高いのか低いのか自体が判断しにくいものです。
今後に価格が順調に上昇するのかそれとも下降するのか、一進一退を繰り返すのかもあくまで予測です。
特に仮想通貨投資を始めてから期間が短い場合は、経験から判断することも難しい面があります。
チャート分析も特に初心者にとっては難しい領域であり、プロでも正確な分析をすることは困難なものです。
そのため購入の決断がなかなかできず、購入時期を逸してしまうこともあります。
そういった問題の解決策として「仮想通貨の積立」という方法もあります。
ビットコインを積立購入していくことによって、日々の価格の変動に振り回されず、落ち着いた投資をすることが可能になります。

・ビットコイン積立とはどのような手法で何がメリットなのか
「積立投資」とはいったい何かと言えば、それは日々や月々に決まった額を投資していくということです。
投資信託の世界でも「積立投信」というものがあって、自分で決めた額で月々に投資信託を購入していく方法があります。
仮想通貨にもこの積立型があります。
月に一定額を仮想通貨購入資金に当て、業者はそれを日で割って一日ごとに仮想通貨を買い付けします。
毎月の積立額は自分で決めることができます。
例えば毎月1000円を積立資金にするとすれば、その資金で1か月の日割りの購入金額が決まり、後は自動的に日々仮想通貨を購入し続けることになります。
現在の価格にとらわれず機械的に仮想通貨の購入をすることになるので、自分で値動きを気にする必要はなくチャートのチェックも必要最小限にすることができます。

・ビットコイン積立に向いている人とはどのようなタイプか
毎月決まった額を購入するのは「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資手法です。
自動的に買い付けるため、価格が高い時も低い時も一定の日本円で仮想通貨を購入することになります。
例えばビットコインの場合なら、ビットコインの価格が高い時はその購入量が少なくなり、価格が安い時はその購入量が多くなります。
日本円の購入金額は一定ですが、仮想通貨の購入量はその通貨の価格によって多くなったり少なくなったりします。
そのため積立を続けていると次第に購入単価が平均化されていき、高値づかみを回避することができるのです。
仮想通貨は短期間で大きな値動きをする特徴もあるため、高値づかみは避けたいところです。
それを解決する方法が仮想通貨の積立になります。
もちろん価格が下がりきったところで買えば大きな利益が期待できますが、しかしその時期を判断するのは難しい面があります。
下がったと思って買ったらまた価格が下がったということはよくあるパターンです。
その時の感情によって勝手な判断をしてしまい損失を膨らますことがあるのが投資のリスクです。
そのリスクを回避するためには、感情にとらわれない機械的な投資方法が有効です。
仮想通貨積立の特色はそこにあります。

・ビットコイン積立を行う場合に意識したいこと
コイン積立のシステムのある仮想通貨取引所は限られています。
ザイフはそれに対応しており、ビットコイン以外でも可能です。
但し対象の通貨に関しては、今後追加や変更になる場合もあるためホームページで確認しておきましょう。
仮想通貨の積立はリスク回避の面で効果的ですが、自動的な買い付けになるため、自分で意識して相場の下落時に通貨を購入するわけではありません。
また少しずつ仮想通貨を購入していくため、短期間で大きな利益を出すという投資方法ではありません。
初心者がリスクを可能な範囲で回避しながら、少しずつ利益を期待していこうとする手法になります。
もちろん積立でも相場が一気に下がれば大きな損失を出す可能性もあるため、リスクがないわけではありません。
しかし一時的な相場ではなく未来に全体として相場が上がっていくと期待するなら、この方法は有効でしょう。
そして、毎月の積立手数料についても計算しておく必要があります。
ザイフは積立額によって手数料に違いを設けています。
手数料負担を重く感じる場合は、通常の購入方法にするか、あるいは通常の購入と積立購入を平行させて行うこともできます。