ビットコインの買い時は、その相場が大暴落した機会を見計らい、大量購入をした方がお得

ビットコインの買い時は、その相場が大暴落した機会を見計らい、大量購入をした方がお得

この記事では、ビットコインの買い時に関しての内容が記されていますが、同通貨の相場が大暴落をした機会を見計らって、その際に大量購入をした方がお得である事について触れた記述がしてあります。
まだビットコインの取引をし始めて間もないせいもあり、具体的な購入の時期が分からない、あるいは、短期トレードなどでの売買のタイミングが中々図れない、などといったような方には最適な記事内容の記述ですので、一読をしていく価値は大いにあります。

1.相場が大暴落をする時期について

これはあくまで、最近のチャート表上での値動きの様子から窺える傾向でもありますが、今のところとしては年に2、3回程度、ビットコインが高騰化するような傾向が窺える感じがします。
ただ、その高騰化をする具体的な時期自体は不明確なところがありますので、やはり未知数な現状があります。

そうした事情から、チャート表などにも表記がされている、ろうそく足し仕様の関数グラフ線を見ながら、その値動きの動向を大まかに見ていくしか今のところ、対応方法が存在しません。

2.その判断の仕方

これについては、今の1.段落で触れたチャート表上での関数グラフ線の動きを見ながら判断をしていく方法と、実際の取引き画面上にある前日比・前日比率のそれぞれの数値の状態如何を見ながら判断をしていく方法、これらの2つのものが存在しています。
ただ、これらはどちらもあくまで大まかな大暴落の兆候を見ていくための基本的な確認方法に過ぎませんので、決して万全・正確性が確実にあるといった保証はありません。

3.最底値の目安が判断していくのが難しい、ビットコインの相場

なんといってもビットコインは、その仕組み自体がブロックチェーン構造という、特殊かつ複雑な造りになっていて、暗号同士が連鎖をするような形が基本的な仕様です。
実はこの仕様自体が、相場変化に対して大きな影響を与えており、これが最もな原因で、ビットコインの予測不可能な複雑・繁雑な相場の変化をもたらしている面があります。

このような事情から、最初から確実な大暴落の際での最底値についての目安を付けたりしていく事が困難である実態がある事からも、そのための判断の難しさがやはり最大の課題になっています。

4.適度の下がり具合を判断していく、割り切り方の面での決断力も、とても大切

今の3.段落でも話したように、暴落時での具体的かつ正確な最底値の目安といったものについての把握や補足が不可能である以上、やはり、ある程度の大暴落自体が起きてから時間が経った時期での、だいぶ落下した状態の値のところをあえて、購入値での目安にしていく形がベストであるような感じもします。
ただ、この場合でもやはり、一旦大量購入などをしたりしても、相場が下がり続けていく可能性が大いにあり得ますので、少額売買を繰り返しながら、評価損益額でのマイナス分を減らしていく面での配慮なども、抜かりなく行っていく事もとても重要です。

5.今回の記事内容での結論として

やはり、ビットコイン自体の商品構造自体がとても複雑な暗号プログラムで出来ている仕様な分、それだけに値動きが複雑である面もあります。
そうした事情から、最初からガチガチな最底値を把握が出来るような確実性を視野に入れたような計画などは、立てない方が無難と言えます。

本当にこの商品自体は、相場の動向が構造上の理由で予測が困難な仕様のものですので、先の4.段落でも話した内容通り、キリが良いところである程度大暴落で下がった値のところで、大量購入を行い、それで様子を見ていくしかないのが現状です。
中々難しいところなどもありますが、これしか今のところは方法がありませんので、この点を心得ておく事もとても大切です。