ニキビケアプロアクティブの化粧水とはどんなもの?

ニキビケアプロアクティブの化粧水とはどんなもの?

ニキビに悩む方をサポートするニキビケア商品が「プロアクティブ」です。薬用ニキビスキンケア国内売上NO1を獲得しています。プロアクティブは3ステップでケアをする特徴があるのですが、3ステップ以外にも化粧水が用意されています。プロアクティブの化粧水とはどのようなものなのでしょうか。

●3ステップとは

ニキビを予防・改善するためには、毎日丁寧なケアを続けることが大切になります。しかし、毎日のケアが面倒になって続かないことも。プロアクティブは簡単3ステップでニキビをケアします。たった3ステップだから簡単です。

ステップ1は洗うです。ニキビは毛穴がつまることでできます。プロアクティブの洗顔料はソフトスクラブ配合、余分な皮脂や古い角質をすっきりとさせます。毛穴がつまる原因となるものを取り除き、ニキビを予防します。

ステップ2は与えるです。繰り返しできるニキビを防ぐためには、ニキビができにくい肌に整えなければなりません。プロアクティブの美容液には、有効成分のサリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。ニキビの原因菌は毛穴の中にいるので、有効成分は毛穴の中に届ける必要があります。そこで、プロアクティブは独自にスマートターゲットテクノロジーにより、有効成分を毛穴の奥に届けます。

ステップ3は整えるです。ケアの最後にはクリームで肌を整えます。クリームはみずみずしいテクスチャーで、しっとりとした肌に導いてくれます。有効成分のサリチル酸とビタミンC誘導体が配合されていて、ニキビケアと美白ケアを同時に行えます。

●プロアクティブの化粧水とは

このように、洗顔、美容液、クリームの3ステップでケアをするのですが、洗顔後に化粧水を使用しても構いません。化粧水には水溶性美容成分を与える働きと、次に使う化粧品の浸透を助ける働きがあります。美容液やクリームに比べると低く見られがちな化粧水ですが、洗顔後の肌に最初につける大切なものです。

プロアクティブの化粧水には、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、ニキビの炎症を起こしている肌を健やかな状態に導いてくれます。敏感肌用の化粧品にも配合されることがあります。

古い角質は毛穴のつまりの原因となるものです。グリコール酸も配合をして、古い角質を優しくケアします。大人ニキビの場合は肌が乾燥することがニキビの原因となっていることが少なくありません。ニキビケアというとさっぱりしたケアというイメージがありますが、大人ニキビは保湿ケアが必要なのです。

プロアクティブの化粧水には、保湿成分のグリコール酸、ハマメリスエキス、カモミラエキス、アロエ液汁が配合されています。潤いを与えてしっとりした肌へと導きます。

そして、アルコールフリー、オイルフリーです。ニキビができている肌は肌の力が低下しているので、肌の負担が少ない化粧品を使用することが望ましいです。また、ニキビの原因となる成分を配合していないものを選ぶとよいでしょう。

●化粧水の使い方

ニキビを予防・改善するためには化粧水の使い方が重要です。どんなによい成分を配合していても、間違ったケアを続けていれば肌の負担が増え、肌本来の力が低下をして、ニキビの改善は難しくなります。

化粧水を使用する順番ですが、洗顔後すぐ、美容液の前です。最初にクリームを使ってしまうと、クリームの油分で化粧水の水分の浸透が妨げられるので、最初に使うようにしましょう。

化粧水はコットンでつける派と手でつける派がいると思いますが、清潔さを求めるならコットンでつけることがおすすめです。手にはさまざまな雑菌が付着をしています。その手で顔を触れば肌の刺激になります。一方、コットンなら保管方法に気をつけていれば清潔に保つことができます。

コットンにたっぷりと化粧水をしみ込ませたら、顔の中心から外側に向かって優しく拭きます。ニキビを潰さないように気をつけてください。プロアクティブの化粧水には古い角質を取り除くグリコール酸が配合されていますが、拭き取ることで角質を優しく取り除いてくれます。古い角質を取り除くことでターンオーバーが整い、毛穴のつまりが改善してくることが期待できます。

コットンで化粧水をつける際には、コットンが毛羽立ったり、強い力を加えたりしないように気をつけてください。コットンが毛羽立ってしまうと、毛羽立ちが肌の刺激になります。たっぷりと化粧水を使うことで毛羽立ちを防ぐことができます。ニキビを潰すと跡が残る可能性があるので、拭き取る際に力を入れないよう気をつけましょう。

手でつける場合は、手を清潔に保ってください。手のひらに適量の化粧水を取り出し、両手に広げて手を顔に押し当てます。少しずつ手の位置を変えて顔全体になじませます。手を使うと手の温かさで化粧水の浸透を助ける働きがあります。また、毛羽立ちの刺激の心配もありません。化粧水でケアをしたら、美容液とクリームでケアをしましょう。

プロアクティブはこちらからお申し込みできます♪