ナース人材バンク~アドバイザーからの電話はしつこいのか?~

ナース人材バンク~アドバイザーからの電話はしつこいのか?~

転職支援サイトに登録したいけれど、入会した途端、担当者からの電話が多そうで少し気が重たいな・・・と思っている人は多いのではないでしょうか。
無料で登録できる就職支援サイトの数は、ここ最近とても増えてきています。特に注目されているのは IT 業界、保育業界など特定の職種に特化したサイトです。
その中でも特に転職が難しいとされているのが看護師業界です。日本全体を見ても看護師の数は足りないと言われています。高齢化社会でその問題はますます深刻なものになっていくでしょう。
ではなぜ引く手あまたのはずの看護師が転職活動に苦戦してしまうのか?その実態を探りながら、転職支援サイトの電話はしつこいのか?というところまで話を進めていきたいと思います。

【看護師に特化した転職支援サイト ナース人材バンク】

看護師専門の転職支援サービスで有名なのが「ナース人材バンク」です。
無料登録をすることで、全国の看護師の求人を閲覧することができます。求人はエリアや駅名から検索することもできますし、職種や施設形態で絞り込んだり、「残業少なめ」「託児所あり」「車通勤可」「教育充実」などのこだわりポイントから検索することもできます。
ナース人材バンクでは転職のプロであるアドバイザーが在籍しており、様々なアドバイスや転職先の情報を提供してくれます。
相談する前に「近いうちに転職したい」と「今は情報収集したい」という項目を選択できるようになっていて、その人に合わせた転職活動を支援してくれるようになっています。

【なぜ看護師業界の転職は大変なのか?】

現在日本の看護師の数は足りないと言われています。
一般的に普通の OL よりも給料が高いイメージの看護師ですが、大変過酷でお給料に見合った仕事かというと、そうではないというのが現状のようです。
看護師になるための学校も、生徒の確保に力を入れています。将来働く病院を入学の時から決めてくれれば、入学料を利子なしで奨学金として給付してくれる学校も増えています。
それだけ自分の病院に看護師を確保したいと思っている施設が多いのです。
一方で日祝日の休みが確保され、勤務時間も一定の入院設備のない外来医院への就職の希望者はとても多く、なかなか空きが出ないと言われています。
また、直接命に大きく関わるような患者さんを扱わない病院も、看護師の間では人気のようです。365日昼夜問わないシフトの病院と、そうではない病院との間での就職格差が生まれているのが現状です。
そのような過酷な勤務形態の中で、転職活動を進めるのは至難の技です。一人抜けることによって、他の仲間に大変な迷惑を与えることも分かっているので、なかなか言い出すこともできません。
転職したからといって、今よりも働く環境が必ずしも上がるという保証もないのです。
自分が希望する条件の他の人とのパイの奪い合い、転職活動に割く時間が取れない、などのことから看護師業界の転職は自力では非常に困難な面が多いのです。

【ナース人材バンクの電話はしつこいのか?】

時間をやりくりしながら転職活動を進める中で、一番気になるところは担当者からの連絡のやりとりです。口コミにも色々な声が寄せられています。
「1日に何度も電話が来て、転職活動をしていることを今の職場では内緒にしてるので、とても困りました。」
「提示した条件に似たような案件まで連絡をよこしてくれて、正直ありがた迷惑でした。」
という厳しい意見から、
「いつも親切丁寧に色々なアドバイスをしてくれました。電話がしつこいという人もいるけれど、私は逆に熱心さが伝わってきて安心でした。」
「現場をよく知るアドバイザーの方の意見がとても参考になりました。」
など好意的な口コミも多数寄せられています。
担当者からの電話をしつこいと感じるかどうかは、その人が置かれている環境や性格によるものも大きく影響するのではないでしょうか。
電話が多いということは、それだけ利用者の転職に対して一生懸命な証拠であり、逆に電話がしつこいと感じるのであれば、そのことを正直に担当者に申し出る必要があるのかもしれません。
「勤務中の電話は控えてほしい」「メールを入れてくれれば、こちらから折り返し連絡をする」などの約束を決めることで、お互いストレスなく転職活動を進めることができるでしょう。

転職を進める上で一番の不安は、情報誌や見学に行った時の内容だけではわからない内情がたくさんあるということです。
どのような患者さんが多く来るのか?先生にはどんな人がいるのか?看護師同士の人間関係はどうか?院内の衛生状態はどうか?など、もう少し事前に情報収集しておけば、入ってからこんなに辛くはなかったと思うことが多々あります。
また転職を繰り返すたびに、一から覚えなくてはいけないことが山積みです。その労力や精神的苦労を思うと、やむを得ず今の職場に残るという選択をする人も多いのではないでしょうか。

看護師は誰でもなれるような職業ではありません。苦労して取得した資格を活かすためにも、自分にとってより良い環境の職場を見つけることはとても大切なことです。
看護師さんが笑顔でやりがいを持って働いていれば、患者さんも幸せになることができます。
本気で転職を考えている方、しばらくブランクがあったけど看護師業界に復帰を考えてる方は、ぜひナース人材バンクを上手に活用してみてはいかがでしょうか。