トレーニングだけではない、RIZAPの食事指導の内容とは

トレーニングだけではない、RIZAPの食事指導の内容とは

ぽっこり体型の芸能人達が次々と華麗なスリムボディに変身するCMでお馴染みの「RIZAP」。CMを見ればダイエットに悩んでいる人は通いたいと思うでしょう。RIZAPで成功した人は皆筋肉がしっかりとついた細マッチョになるので、トレーニングがきつそうなイメージがします。しかし実際には、バランス良く痩せる為にはトレーニングだけではなく食事指導も重要なカリキュラムなのです。RIZAPでの食事指導の内容と、実際に食べて良い物、悪い物には何があるのでしょうか。

・RIZAPの食事制限の基本

RIZAPの食事制限の基本は、「糖質」「炭水化物」を極力食べない「糖質&炭水化物制限ダイエット」になります。契約すると開始1日目に「食事ガイドライン」という冊子が貰えます。糖質制限ダイエットの必要性や、1日のたんぱく質と摂取カロリーの摂取目安量記入するページ、食べて良い物といけない物の一覧、調理例が記載されています。RIZAPでは、毎日朝昼晩の3食を、写メで撮影して専用アプリかメールでトレーナーに報告するというシステムです。

・食べて良い食材

RIZAPでは、基本的に低糖質・低炭水化物であれば、かなり様々なものが食べられます。以下は主なものになります。

  • 肉類:鶏むね肉(皮なし)・豚肉(肩ロース)・豚肉(肩ロース)など
  • 魚類:刺身・アジ・さんま・芝エビ・しらす・あさりなど
  • ゆで卵はOKです。
  • 野菜類:ほうれん草・キャベツ・大根・きゅうり・もやし・しいたけ・えのきなど
  • 豆類:木綿豆腐・納豆・枝豆・厚揚げ・もずく・わかめ・のり・ところてんなど
  • 油類:オリーブオイル・ゴマ油・バターなど

上記は一例ですが、これだけあればかなり毎日色々なものが食べられることが分かります。調理例も「ぶたの生姜焼き」「焼き鳥」「レバニラ炒め」「おでん」などが紹介されていて、居酒屋に行ってもお相伴が可能です。また、チョコやナッツも少量ならばOKとなっています。もちろん一人一人のカリキュラム次第で、人によってはチョコはNGと言われることもあります。

・食べてはいけない食材

ダイエット中に一番気になるのが、食べるのがNGな食材です。RIZAPでは糖質が多い食材はNGで、炭水化物が挙げられます。炭水化物というと「ご飯・パン・麺類」など主食にあたるものの他に、小麦粉や片栗粉も含まれます。その他のNG食品の一例は以下のものになります。

  • NG食品:じゃがいも・さつまいも・果物・つぶあん・春雨・煮しめ類など
  • 少量OK、大量NG:ハム・ウィンナー・うなぎ・ニンジン・ごぼう・とまと・かぼちゃ・マヨネーズ・醤油など

根菜類はNGなのが分かります。RIZAPでは食事の量を制限するというよりは、摂取カロリーを算出して、その範囲で上記のOK食材を組み合わて低糖・低炭水化物メニューを続けていきます。驚くほど短期間で痩せられるのですが、決して極度な食事制限をして空腹感にひたすら堪えるということはありません。

・お酒について

RIZAPは、平均で一人あたり2ヶ月~3ヵ月の間プログラムを実施します。お酒は必要以上に脂っこいものを食べてしまうので、出来れば飲まない方が良いのですが、社会人の場合、この期間全く飲酒をしないことは難しいものです。RIZAPでは飲んでもOKなお酒とNGなお酒があるので覚えておきましょう。

  • OKなお酒例: 焼酎・ウィスキー・少量のワイン・糖質ゼロビールなど
  • NGなお酒例: ビール・日本酒・紹興酒・フルーツカクテルなど

逆に飲んではいけないお酒は

  • ビール
  • 日本酒
  • 紹興酒
  • 果実系カクテル

などです。但し、肝臓に負担がかかる為にトレーニング効果がでにくくなってしまうので、1日に2杯程度で、多くても週2回までにしておくことが大切です。

・外食とコンビニ弁当について

一人暮らしだったり、毎日仕事が忙しくて自炊できないという人もいます。RIZAPでは外食はOKですが、どんぶり物やラーメン、うどん等は炭水化物なのでNGです。外食をする際には低糖質な定食を選ぶか、ごはんが少な目のメニューを選ぶ様にしましょう。居酒屋も低糖質なお酒とおつまみならばもちろんOKです。RIZAPでは、トレーニング期間中でも低糖質ならばコンビニ食材でもOKです。成分表に基づき、糖質と炭水化物の摂取量を10グラムまでにすることが大切です。

・肉はいくら食べても良いのか

RIZAPでは、肉はNG食材に入っていません。ならば肉はどれだけ食べてもいいのかというと、そうではありません。肉はタンパク質が主成分ですが、タンパク質は摂取し過ぎると肝臓に負担がかかります。肝機能に負担がかかる程肉類を食べるのはやめましょう。目安として、ステーキならば1日600グラム位まで、と覚えておくと良いでしょう。

・果物は全部NGなのか

RIZAPの食事指導では、果物類は全てNGとされていますが、これは守ることが大切です。女性はダイエットの為にリンゴやバナナなどを食べる人もいますが、果物は基本的に糖質の固まりです。一度RIZAPのプログラムを始めたら、終わるまで果物類は我慢しましょう。RIZAPの食事指導は、プロのトレーナーにより、必要かつ効果的に行われています。決して安い料金ではないので、人生のたったの2ヶ月~3ヵ月、言われた通りに食事制限を行い、ダイエットを成功させましょう。

ライザップはこちらからお申し込みできます♪