ソーシャルゲーム業界への転職

ソーシャルゲーム業界への転職

ソーシャルゲーム業界への転職を考えた際にどんなスキルが必要でどんな知識があると良いのかなど色々と考えることはあるんではないかと思っています。それでは自分がその業界にとって相応しい人材なのかどうかとちょっと自分なりに客観的に判断できる材料なんかがありますと助かりましね。ソーシャルゲーム業界の動向などにも注目しながら考えていってみたいと思います。

ソーシャルゲーム業界でのお仕事は主に彼らの実績

まずはデザイナー関係でしたらADOBE系の映像編集ソフトや3Dグラフィック用のソフトなんかの使用が必須になってきます。それからUNITYやUNREALなんかもソーシャルゲーム制作ではよく使われるソフトですね。これらを使って作品に沿った画像なんかを編集、制作、モデリングしていくわけです。

作品のシナリオも大切で専属のシナリオライターがいたり、それから企画やプランナーさんがこれを兼任したりアイデアを立ち上げて行ったりします。こういったポジションの方々も提案だけではなくある程度制作やプログラミングに携わったりしておられると話が進めやすかったりもするようですがわからなくてもやってのけてしまっているツワモノの方々もいらっしゃるようです。

一番の重要なポジションはゲーム監督で映画監督のように全てを統括してまとめていく全体のリーダーですね。ソーシャルゲームはコンソールのゲームとは違って他のユーザーと関わっていく要素が強く世の中のゲームトレンドに対しての知識もより要求されることがあるようです。

しかしコンソールゲームでもネットに繋がってソーシャル要素があるものもありますからコンソールゲーム制作者よりもソーシャルゲーム制作のスタッフは自分でも頻繁にプレイしておいた方がいいみたいです。ゲームをプレイすることが業界への近道になることもありますからそう考えますと楽しくなってきますよね。

アニメやマンガとの連動をするソーシャルゲーム

アニメ、マンガ、ゲームを一連のエンターテインメントですからつながりが強いです。注目を浴びやすいゲームを作るためにはIPインテレクチュアルプロパティと呼ばれる著作版権をゲットしてその関連のゲームを制作していくという流れも強いと思います。これは各ゲーム会社で熾烈な競争が繰り広げられることもありますし、もはや人と人とのコネクションやコミュニケーションで事を成し遂げたりすることもありますからどうすればうまく得られるのかというマニュアルのようなものが一切存在しません。ですから普段からゲーマーや制作者の動きを見張っていなければならないというビジネス的な側面もとっても強くなってきます。恐らくゲーム自体が大好きな人達であればこういった情報を追っかけていくこと自体は苦ではないかと思いますが、うまく必要なIPや情報が得られるかどうかはもはや運というところも強いんではないでしょうか。

スマホのソーシャルゲームでゲームがどんどん身近に。

携帯やスマホでゲームができるおかげで今やどこで誰もがゲームをプレイできる環境になっていますね。そのおかげでトレンドが飛躍的に多様化してきているように思えます。

特にスマホソーシャルゲームでしたらゲームのコンテンツ自体はコンシューマーゲームよりも随分少なくても人同士のコネクションやメッセージのやり取りでゲーム内容が辺かしていったりなどがありますから、制作者が意図したものが全て結果として現れてくるかどうかも、それは意外な良い方面に動いてくれることもありますし、ちょっと予想と違ってきてしまったということもあり得るんではないでしょうか。ゲームという存在、そしてゲームというコンテンツそのものが生き物のように変化していく時代ですからそれらに飲み込まれないようにちゃんと自分達でコントロールできるようなゲームマネージメントもとても大切になってきます。

ソーシャルゲーム会社も普通の会社と同じところもある

ソーシャルゲームが特別な響きがあったりもしますが、やっぱり内部に入ってしまうと普通に会社なんだなあと実感することもありますから、うまくゲームを本当に愛している先輩方が働いているとゲーム好き後輩も趣味を共有できて気分が楽で楽しみやすくなるところがあります。もちろんゲーム業界の全ての人々がゲームが大好きというわけではありませんし、人間関係が非常に重要で、しかもところによってはライバルを蹴落とそうとしたりという器の小さいやつもいるかもしれませんが、そういう人たちはそれだけゲームという存在に執着があるが為ですから見ていて面白いもんです。このソーシャルゲーム業界自体がやっぱりエンターテインメントの分野に属しますからチャレンジできる要素は多義にわたるでしょう。

まずはゲームや業界に詳しくなってその周囲の人たちと交流を持ちましょう。そして常にアピールしまくって全てのゲーム会社に王墓するくらいの勢いでいると当たることがあるかもしれません。